『ヒト』を最適化しよう。

生理不順や出産後(分娩後)と抜け毛は関係ある?ホルモンバランスが崩れる女性の宿命

生理不順や出産後(分娩後)と抜け毛は関係ある?

生理不順になるとホルモンバランスを崩します。

ホルモンバランスが崩れると、FAGA(女性男性型脱毛症)やびまん性脱毛症のような脱毛症になる可能性が高くなります。生理不順、更年期等になると、エストロゲンの分泌の調節がうまくいかないので、脱毛症が起きやすくなります。

 

また、出産後(分娩後)の抜け毛ですが、出産によって赤ちゃんにたくさんの栄養を取られることになりますので、頭皮と髪の毛の栄養が少なくなってしまって、しっかりとした髪の毛が新しく生える環境を作ることができません。また、出産によっても同様に、エストロゲンの分泌の調節がうまくいかなくなることも多く、発毛のサイクルが狂ってしまうこともあります。こうした原因が重なって、急激に分娩後に脱毛が進んでしまうことがあるのです。

先生

ホルモンバランスはなるべく崩したくないんだ!だけど女性はどうしても崩してしまうんだよ!それは仕方ないことなんだね!出産後(分娩後)、生理不順、生理、更年期など、女性には特有の問題がたくさんあるよね!そのすべてが女性ホルモンに影響するんだ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

女性ホルモンが崩れると薄毛になる?

下記の記事にも書きましたが、女性の場合は、女性ホルモンが崩れると薄毛になる可能性があります。

 

  • 生理
  • 妊娠
  • 出産
  • 閉経
  • 更年期
  • 老年

 

等、女性ホルモンが崩れる場面や時期はたくさんありますので、これは避けて通れません。

 

 

Inquiry.
出産後(分娩後)にホルモンバランスが崩れると抜け毛が増加するって本当?

 

ホルモンバランスが崩れる原因
  • 生理
  • 妊娠
  • 出産
  • 更年期
  • 閉経
  • etc.

 

基本的にこのような事実を受け、それを過度に避けようとしたり、受け入れないようにして目を逸らすということは賢明ではありません。人も含めたあらゆる生命は、生まれたときから老化が進んでいて、最後には必ず死にます。その真理から目を逸らす人間は虚無に陥ります。

 

一瞬だけ難しい話をします。

 

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

この上に張った記事はとてつもなく難しい内容なので、見る人は皆無に近いでしょう。見なくても構いません。しかし私は『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

 

ソクラテス

ソクラテス

 

ブッダ

ブッダ

 

キリスト

キリスト

 

そして500人の偉人たちと向き合い、

偉人

 

この記事を捻出しました。今のところの私の人生における、最高傑作です。

 

先生

ちょっと難しい話だったけど、人はいずれ死ぬんだ!その真理から目を逸らすことで、心は虚無に陥るよ!その虚無は『サイン』なんだ!
うーむ、深い!

ハニワくん

エストロゲンとプロゲステロンの働き

さて話を生理と女性ホルモンに戻しましょう。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

生理周期と肌

  • 好調期と不調期のある女性の肌

 

女性の肌は、女性特有の2種類のホルモンに影響されます。ひとつは『プロゲステロン(黄体ホルモン)』、もう一つは『エストロゲン(卵胞ホルモン)』です。プロゲステロンは生理前に分泌されるホルモンで、むくみやイライラの原因になっています。皮脂分泌を増やし、ニキビやシミをできやすくするため、肌に不調をもたらすホルモンといってもよいでしょう。

 

(中略)もう一つのエストロゲンは、生理後に分泌が高まるホルモンです。コラーゲンを増やす作用などもあり、体内で最強の抗酸化物質ともいわれる、いわゆる『若返り』のホルモンです。生理後はエストロゲンの分泌が高まり肌は安定するので、積極的なケアに適しています。

 

  • プロゲステロン=厄介な敵
  • エストロゲン=心強い味方

 

という図式がイメージできましたね。しかしこれは断片的な解釈で、実際にはプロゲステロンも心強い味方となります。

 

Wikipedia『プロゲステロン』にはこうあります。

プロゲステロンは血中から細胞に入ると、細胞内に存在するプロゲステロン受容体タンパク質に結合して複合体を形成する。この複合体は核内のDNAの特定の部分に結合することで、多くの遺伝子の発現を変化させる。この機構により、子宮内膜や子宮筋の働きを調整したり、乳腺の発達や体温上昇などに関る。血糖値を正常にして、体脂肪を減少したり、利尿作用もある他に、他のホルモンのバランスを調整する役目をもつ。

参考 プロゲステロンWikipedia

 

  • 子宮内膜や子宮筋の働きを調整する
  • 乳腺の発達や体温上昇などに関る
  • 血糖値を正常にする
  • 体脂肪を減少させる
  • 他のホルモンのバランスを調整する

 

等の作用をもたらします。特に子宮を妊娠の準備をするように変化させ、月経周期を決めて、もし妊娠が起こった場合には、出産までの間、妊娠を維持させる役目を果たしてくれるのです。プロゲステロンは生理前にも分泌するので、むくみやイライラの原因となり、ニキビやシミなどをできやすくするため、体内の動きとしては心強い味方だとしても、実際には敵視する人が多いでしょうね。

 

 

先生

女性ホルモンにはこのエストロゲンとプロゲステロンがあるんだね!このバランスが崩れちゃうと、薄毛になる可能性があるんだよ!
なるへそ!

ハニワくん

エストロゲンは『体内で最強の抗酸化物質』

それに比べてもう一つの女性ホルモンであるエストロゲンは、誰から見てもわかりやすく、心強い味方です。『体内で最強の抗酸化物質』ですからね。エストロゲンの役割は、

 

  • 髪の毛の産生を助ける
  • 活性酸素を取り除く
  • 肌の弾力を保つコラーゲンを維持する

 

ということで、女性に素晴らしい恩恵を与えてくれます。

 

 

『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

生理周期と肌の状態

生理周期に合わせたスキンケアを

 

女性の肌は、プロゲステロンとエストロゲンという2つの女性ホルモンの影響を受け、生理中、生理後、生理前と肌の調子が変化します。肌の調子に合わせて、スキンケアも変えていきましょう。

 

ことスキンケアという一面で考えても、この2つの女性ホルモンの影響をよく考えながら対応を変えていくことが問われます。女性にとってこの2つの女性ホルモンは、見て見ぬふりをすることができない、重要な要素ですね。

 

先生

エストロゲンはわかりやすく女性の味方だからね!とにかくこのエストロゲンを何とかして常に活性化することに躍起になるんだよね!
美のカギを握るっす!

ハニワくん

生理不順で女性ホルモンが崩れる

今回は『生理不順』というテーマですが、生理不順というのは、毎月訪れる月経の周期が乱れることを言います。これは、女性ホルモンが乱れることで起きる現象です。ですから下記の記事にも書きましたが、女性はあまりストレスを負ったり、ストレス(負荷)を心身にかけないほうがいいのです。

 

髪の毛は老化で薄毛が加速する?中年や高齢者の薄毛の主な原因は?加齢による脱毛と薄毛の違い

 

エストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れ、生理不順が起きます。すると、更にそれによって女性ホルモンのバランスが崩れます。そうなってしまうともう、

 

  • イライラ
  • 肌荒れ
  • むくみ
  • ほてり
  • 脱毛症

 

等、ありとあらゆる心身の不調が起きがちになりますので、常に心身を最適化しておくことが問われるのです。下記の記事にも書いたように、

 

 

等、自分の心身を傷めつけるようなあらゆる要素から自分をかけ離すことを念頭に置き、健全な生活を送りましょう。例えば美容のことを突き詰めた人間である『ミスユニバース』などのある種の美容のプロたちは、暑い夏でも暖かい飲み物を飲みます。

 

 

彼女らにとっては、『自分の欲望を満たす』ことよりも『自分の美貌を磨く』ことが重要ですから、そうしたことを徹底できるのです。そういう日々の心がけが、女性の美容の命運を決めると心得て、毎日を一生懸命生きましょう。

 

STEP.1
長期間ダイエットをする
 
STEP.2
体内に栄養が行き渡りにくくなる
頭髪まで栄養が運ばれにくくなる。 
STEP.3
ホルモンバランスが崩れる
 
STEP.4
薄毛になる
 

 

『キレイになる! フェロモンレシピ』にはこうあります。

では、どうして体やお肌の不調、それにイライラ、憂鬱といった心の不調が起きてしまうのでしょう?それは女性ホルモンの影響です。生理が始まる約2週間前から生理までの間に、体や心のコンディションを崩したり、お肌のトラブルが出たり、その不調に周期性があれば、それは女性ホルモンの乱れのせいです。

 

私たち女性の身体から出る一生涯分のホルモン量は、わずかティースプーン一杯ほどといわれます。その繊細な分泌量をコントロールするには、規則正しい食事や生活リズムが大切です。

 

『食事を含めた生活習慣が乱れる→女性ホルモンの分泌が乱れる→なんとなく不調を感じる』

 

体は無理がたたってホルモンの分泌が崩れていることを、なんらかの症状でああなたに伝えようとしているのです。

 

『食事を含めた生活習慣』がどれほど重要かがわかる文章ですね。この方の場合は、若いころは忙しくしていて、人間関係でもストレスを感じ、過食をしたり、欠食をしたりといった、乱れた生活を送っていました。そのころはいつもけだるく、肌艶が悪くて化粧ノリがしない、かぶれやすいなど肌の調子も悪く、体もむくみぎみで、ひどい生理不順でもあったといいます。

 

 

しかし、自分を大切にする食生活を重んじることでそのすべての問題が解決したのです。全ての女性はこういった事実から目を逸らすべきではありません。生理不順になると薄毛にも影響してきますからね。全ての要素は繋がっていると覚悟し、全ての要素を最適化することを心がけましょう。

 

先生

女性ホルモンが崩れ、生理不順になり、さらにそれで女性ホルモンが崩れっていう負の連鎖は怖いね!だから女性は男性よりも繊細になって当然だよね!
たしかに!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 女性の場合は、女性ホルモンが崩れると薄毛になる可能性がある。
  2. 真理から目を逸らす人間は虚無に陥る。
  3. エストロゲンは体内で最強の抗酸化物質ともいわれる、いわゆる『若返り』のホルモン。
  4. プロゲステロンは敵視されがちだが、本当は心強い味方。
  5. 女性にとってこの2つの女性ホルモンは、見て見ぬふりをすることができない、重要な要素。
  6. 女性ホルモンが乱れると生理不順となる。
  7. 更にそれによって女性ホルモンのバランスが崩れる。
  8. 美容は『自分の欲望を満たす』ことよりも『自分の美貌を磨く』ことが重要。
  9. 全ての要素は繋がっている。

 

出産後はエストロゲンの分泌の調節がうまくいかない

 

生理のとき同様、女性は出産後、ホルモンバランスが崩れて髪の毛が抜ける可能性があります。出産によって女性ホルモンのエストロゲンの分泌の調節がうまくいかなくなり、それによって脱毛症状が起きるということなんですね。それについては下記の記事にたっぷりと書きました。

 

女性の薄毛は『頭頂部、髪の分け目、おでこ』に注意?FAGAやびまん性脱毛症(休止期脱毛症)とは何か

 

ホルモンバランスが崩れる原因
  • 生理
  • 妊娠
  • 出産
  • 更年期
  • 閉経
  • etc.

 

女性ホルモンのエストロゲンと、男性ホルモンのテストステロン。この二つにはそれぞれの役割があります。エストロゲンは髪の毛の産生に関わっていますので、このホルモンが減少すると薄毛が進行しやすくなります。

 

『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

エストロゲンが多いと肌は若くて美しい

 

エストロゲンは、卵巣で作り出される女性ホルモンですが、このエストロゲンと肌にまつわる興味深い実験があります。まず、20人ほどの女性の年齢を男性にあててもらいます。そして、実際の年齢よりも若く見られた人の血液を調べたところ、エストロゲンの量が多いということがわかったのです。つまり、エストロゲンが多いほど、若々しく見えるということです。

 

エストロゲンは、肌老化を引き起こす活性酸素を取り除いたり、肌の弾力を保つコラーゲンを維持したりする作用があります。しかし、残念ながら、25歳ごろをピークに分泌量は低下していきます。また、無理なダイエットや過度なストレスもエストロゲンを減少させます。

 

エストロゲンは、

 

  • 髪の毛の産生を助ける
  • 活性酸素を取り除く
  • 肌の弾力を保つコラーゲンを維持する

 

等の作用があるんですね。

 

 

テストステロンは、

 

  • 男性特有の筋肉質な体のラインにする
  • 性欲を高める
  • 皮脂の分泌を促す
  • 体毛の発育を促す

 

等の役割を持っています。更に詳しくは下記の記事に書きました。

 

 

 

空間把握能力や話し方に関わってくるんですね。テストステロンとエストロゲンの割合を変えると、女性の空間記憶が向上するという事実も存在しています。

 

先生

女性にとってエストロゲンは最高のパートナーだね!女性らしくいるために、エストロゲンというパートナーは欠かせないから!だけど、それが25歳以降にいなくなる。考えさせられるテーマだね!
うーむ!

ハニワくん

テストステロンがハゲの原因?

また、薄毛の原因が『AGA(男性型脱毛症)』というならば、その原因は『DHT(ジヒドロテストステロン)』です。男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用がありますが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられるわけです。(ちなみに女性の場合は、アンドロステンジオンという物質からもDHTが生じます。)

 

薄毛

 

女性でもAGA(男性型脱毛症)にはなります。女性の場合はAGAの前に女性を意味する『Female』をつけて、『FAGA』ということがありますが、FAGAも同じように、テストステロンがジヒドロテストステロンになることが原因です。

 

つまり、女性は出産後、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が難しくなり、エストロゲンが劣位になり、テストステロンが優位になります。すると、髪の毛の産生を助けるエストロゲンがいなくなり、薄毛の原因になるテストステロンが残るわけですから、薄毛が起きやすくなってしまうわけなんですね。

 

ちなみに、テストステロンの『量』自体がAGAを決めるわけではなく、毛乳頭にあるテストステロンをジヒドロテストステロンに変える還元酵素と、レセプターの存在によって決まります。ですので、テストステロンの量を敵視してもあまり意味はありません。

 

薄毛

 

ですから例えば、下記の記事に書いたように、

 

 

筋肉増強剤とは、往々にしてこのテストステロンが使われるわけですが、テストステロンの量を増やした人が必ず薄毛になるということではないのです。しかし、テストステロンは皮脂の分泌を促しますからね。過剰に分泌された皮脂は髪の毛にとって天敵です。

 

『シャンプー剤、朝シャン、炭酸水、リンス、コンディショナー』は薄毛対策?抜け毛が増える原因?

 

先生

AGAとFAGAは同じだね!だけど男女自体に差異があるから、FAGAはAGAとはちょっと様子が違うんだね!酵素の量とか、分布の構図が違ったりするから、ハゲ方も違うんだね!
波平さん型ハゲは、女性にいないっす!

ハニワくん

育児ストレスや妊娠後のダイエットが招く体調不良

また出産後は、

 

  • 育児ストレス
  • 新家族ストレス
  • 妊娠後のダイエット

 

等の問題もここに加えられることが考えられます。まず、育児ストレスですが、赤ちゃんは本当に愛らしい存在ですが、ストレスがかからないということではありません。赤ちゃんは泣きわめくのが仕事ですが、大人には大人で今まで生きてきたリズムがあり、それがすべて赤ちゃんによって崩されるわけですから、そこには間違いなくストレスがかかります。

 

もちろん、それをストレスと思わないことが『愛』です。

 

『愛があれば全ては解決する。』

 

しかしそうは言っても、見えない部分にストレスがたまるのが事実。それが現実というものです。するとそのストレスは、また女性ホルモンを崩す原因となります。新家族ストレスも同じことですね。姑問題だとか、あるいは伴侶である人との生活あとか、育児ストレス同様、今まで生きた来た自分の生き方のモデルを再考する、あるいは矯正する必要が出てくると、そこにはストレスがかかります。

 

 

歯の『矯正』をイメージすればわかるように、あれはもちろんいい方向、望ましい方向に進んでいるのですが、矯正が終わるまでの間は、自分の口元にストレスがかかることは間違いありません。そうなると、そのストレスがホルモンバランスに作用して、脱毛症を促してしまう可能性があります。

 

 

また、今『うつ病』ページへのリンクを載せましたが、女性の場合、その女性ホルモンの影響でうつになることもあります。

 

 

上記の記事にも書きましたが、またあるいは、『うつとはこんな病気です―症状と治し方』にはこうあります。

女性ホルモンの影響でうつになることもある

 

女性がうつ状態になる要因の一つとして、女性ホルモンの影響があげられます。たとえば生理の数日前にあらわえる一時的な憂うつ感やイライラ感などは多くの女性が経験することでしょう。妊娠や出産、閉経などで女性ホルモンの急激な変化が起きるときには、心身のバランスが崩れやすく、鬱状態になりやすいと考えられています。

 

STEP.1
妊娠、出産、閉経、生理不順
 
STEP.2
ホルモンバランスを崩す
 
STEP.3
薄毛になりやすい
うつ病になりやすい。 

 

こうしてうつ病になると、心身にとっていい影響は与えません。例えば食が細くなりますし、髪の毛にとって必要な栄養分が行き届かなければ、それだけで薄毛の原因となります。下記の記事に書いたように、薄毛・抜け毛を解消する2大ポイントは毛母細胞の『血行促進』と『栄養補給』です。

 

 

ここでいう血行促進は、結局血流が悪くなるとこの『栄養補給』ができなくなる、ということを意味しているわけですから、栄養がなくなるとなると、これは髪の毛にとって大ダメージとなります。髪の毛の成分のほとんどはたんぱく質の一種であるケラチンですからね。食事を摂らなければ髪の毛は成長しません。

 

薄毛

 

先生

ストレスっていうのは意識とは関係なくのしかかっているものだからね!僕も前本を一気に何冊も読んだ時、面白くて読んだつもりだけど、ちょっとした自律神経失調症になったよ!
無意識に負担がかかってるっすね!

ハニワくん

女性は虫歯や便秘になりやすい?

また女性は虫歯や便秘になりやすいですが、下記の記事に書いたように、

 

 

これらのすべては結果的に髪の毛にとっていい影響は与えません。特に妊娠中となると、更に虫歯になりやすいですね。

 

STEP.1
便秘・頭痛・腰痛・虫歯になる
 
STEP.2
血液がドロドロになる

STEP.3
髪の毛に酸素や栄養素が回らなくなる
 
STEP.4
薄毛になる
 

 

記事から一部を抜粋してみましょう。

歯周病菌は女性ホルモンを栄養源とするため、ある時期には女性は歯周病が進行しやすい傾向がある。特に妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌され、唾液の中にも溶け込んでいるため、歯周病のリスクが一段と高まる。さらに注目するべきなのは歯周病にかかっている妊婦は、歯周病のない妊婦に比べて早産や低体重児出産のリスクが5~7倍に膨らむというデータである。

 

妊娠中となると今度は逆に女性ホルモンが大量に分泌され、歯周病になりやすいということなんですね。

 

STEP.1
妊娠
 
STEP.2
女性ホルモンが大量に分泌
 
STEP.3
歯周病になりやすい
 

 

先生

よく妊娠中はタバコを吸っちゃダメって言うけど、歯周病があるだけで早産や低体重児出産のリスクが7倍に跳ね上がるって、本当に繊細に扱わなきゃいけないんだね!
たしかにこれはすごい!

ハニワくん

イソフラボンとエストロゲンの関係性

更に栄養の話に戻れば、出産後に、太った体を元の身体に戻そうとして、無理なダイエットをすることがあります。そうなるとそれが更に髪の毛にとっていい影響を与えませんからね。

 

 

そんな女性にとって嬉しい栄養素は、大豆から得られる『イソフラボン』です。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれるので、ぜひとも積極的に摂取してきたいところですね。

 

STEP.1
エストロゲンに似た働きを持つイソフラボンを摂取する
 
STEP.2
女性ホルモンが優位になる
 
STEP.3
男性ホルモンが劣位になる
 
STEP.4
ホルモンバランスの崩れが原因の薄毛の予防
 

 

 

女性は妊娠すると、

 

  • 女性ホルモンが大量に分泌して歯周病になりやすくなる

 

出産すると、

 

  • 女性ホルモンのエストロゲンの分泌が難しくなる
  • 様々なストレスを抱えて女性ホルモンが崩れる
  • ダイエットをしようとして女性ホルモンが崩れる
  • 女性ホルモンが崩れてうつ病になりやすくなる

 

等、様々な問題を抱えることになります。女性はそれだけ繊細な生き物ですが、下記の記事に書いたように、女性というものはそのようにして敏感で、繊細だからこそ、神秘的な存在なのかもしれません。

 

『女が虚ろで神秘的なのは、この世が虚ろで神秘的だからだ。男は鈍感である。』

 

先生

脳科学者は、出産すると脳の作りが変わるって言うけど、本当に人が変わったようになる女性が多いね!それは、現実的にこういう風に、抱える問題が多く浮上するってことも理由の一つかもね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 出産後はエストロゲンの分泌の調節がうまくいかない。
  2. エストロゲンは25歳ごろをピークに分泌量は低下していく。
  3. 無理なダイエットや過度なストレスもエストロゲンを減少させる。
  4. テストステロンの『量』自体がAGAを決めるわけではない。
  5. 育児ストレスや妊娠後のダイエットが体調不良を招く。
  6. 妊娠や出産、閉経などで女性ホルモンの急激な変化が起きるときには、心身のバランスが崩れやすく、鬱状態になりやすい。
  7. 女性は虫歯や便秘になりやすい。
  8. 妊娠中となると今度は逆に女性ホルモンが大量に分泌され、歯周病になりやすい。
  9. 虫歯や便秘は髪の毛に悪影響を与える。無理なダイエットは髪の毛にとっていい影響を与えない。
  10. 女性が出産すると様々な問題に直面することになる。

 

女性が抱える脱毛症のリスク

女性が出産をすると、一時的に脱毛現象が起きる場合があります。その脱毛の名称は色々ありますが、同じ現象を指しています。

 

  • 出産後脱毛症
  • 産後脱毛症
  • 分娩後脱毛症

 

ですね。全て同じことを言っています。出産によって赤ちゃんにたくさんの栄養を取られることになりますので、頭皮と髪の毛の栄養が少なくなってしまって、しっかりとした髪の毛が新しく生える環境を作ることができません。

 

 

また、出産によってエストロゲンの分泌の調節がうまくいかなくなることも多く、発毛のサイクルが狂ってしまうこともあります。こうした原因が重なって、急激に分娩後に脱毛が進んでしまうことがあるのです。このエストロゲンというのは女性ホルモンのことですね。このエストロゲンに関しては下記の記事に書きましたので、ご確認ください。

 

女性の薄毛は『頭頂部、髪の分け目、おでこ』に注意?FAGAやびまん性脱毛症(休止期脱毛症)とは何か

 

一部を抜粋して簡単に説明すると、

女性ホルモンの1つであるエストロゲンが減ると、途端に髪の成長が遅くなります。そして髪自体もやせた髪になります。女性の場合は特にホルモンの乱れが薄毛の大きな原因のひとつ。だからホルモンバランスを整えることが重要なのです。

 

ということなんですね。男性のAGA(男性型脱毛症)は男性ホルモン(テストステロンやジヒドロテストステロン)が大きく関係してきますが、女性の場合はその他にもこうした女性ホルモン(テストステロン)が薄毛に強く関係してきます。

 

先生

赤ちゃんは命だからね!命は本当に尊いし、大きなエネルギーだから、それを生み出すっていうのは大変なことだね!
だね!

ハニワくん

分娩後脱毛症の予防はできる?

この分娩後脱毛症の『予防』というものは特にありません。女性ホルモンを自在に操れる人はいませんからね。ひょんなことでホルモンバランスが崩れ、鬱病になってしまうこともあります。

 

 

ただ、その記事にも書いたように、『産後うつ』に関する事前の対策はあります。また、産後うつをそのままにしておくと子供にも悪影響を及ぼすので、早めに病院に行くことが大切です。産後うつ病、あるいは産褥期うつ病のきっかけになりやすいものとして挙げられるのは、次の8つです。

 

産褥期うつ病のきっかけになりやすいもの
  • 1.精神障害(パニック障害、うつなど)の病歴がある
  • 2.妊娠や出産に対する不安を持ち続けている
  • 3.シングルマザーになる可能性がある
  • 4.妊娠中の気分不安定、うつ状態
  • 5.夫婦関係の悪化
  • 6.家族からのサポート不足
  • 7.妊娠中の大きな出来事(家族の死等)
  • 8.マタニティ・ブルーズが長引く

 

これらのいずれかに該当すると思ったら、早期の受診と治療を考えたいわけですね。

 

先生

ホルモンバランスを自由自在に操れたらいいんだけど、それは難しいからね!そう考えると、女性には常に丁寧な対応が求められるよ!
たしかに!

ハニワくん

『受け入れなければならない事実』とどう向き合うか

こうして見てみると、『人間関係』と『心の問題』が大きくこの問題に関わっているということがわかります。パートナーや家族との関係が良好でない状態で出産をするのは、産後うつを引き起こす原因となるので、注意が必要です。もし自分に『現実逃避』の癖があり、どうしても『楽』な選択肢を選んでしまう傾向があるならば、『楽しい』人生はあきらめる必要があります。楽と楽しい。同じように見えても意味がまるで違います。

 

例えば登山は決して楽ではありません。気を緩めると命を落とすこともあります。しかし、それら過酷な挑戦を無事乗り越えたときに感じる充実感はひとしおです。見るべきなのは以下の記事です。

 

『自分の命を最も躍動させる為には、『働く』必要がある。』

 

人間が楽をして気分がよくなるのは一時的にすぎません。まるで、お酒や麻薬や不倫をしたときに一時的に脳内に報酬系物質のドーパミンが大量に放出されますが、後になってそのことをただただ悔やむことがあるように、一時的かつ刹那的な人生を生きるということは、それ相応の代償を払う必要があります。

 

シングルマザーになった人の状況は人それぞれ違いますが、中には刹那的な衝動に身を任せそうなった人もいます。私もかつて刹那的な衝動に身を任せて大きな失敗をした人間ですから言う資格がありますが、そういう自分の軽薄さは、素直に認めることが最善。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

そして、これらの決定的な事実に直面したとき、それをすぐに受け入れられないのであれば、見るべきなのは以下の記事です。

 

IQ.
 
IQ.

 

受け入れたくない事実が『受け入れなければならない事実』である場合、 受け入れるしかありません。それを受け入れる速度が、人間の価値を決める試金石となります。

 

先生

受け入れなければならない老化や死。それを受け入れられる人が賢い人だということは、みんなもわかってるんだけどね!
執着っすね!

ハニワくん

足るを知る者は富む

また、何かが足りないと思っている人が見るべきなのは以下の記事です。

 

 

道教の創案者老子、儒教の始祖孔子。また、仏教の開祖ブッダ(釈迦)。道教、儒教、仏教、中国における三教のトップ、世界に誇る名指導者たちが口をそろえるこの真理は、ハッキリ言って理解したもの勝ちです。もっと万人向けにわかりやすく言えば、

 

 

ご存知、明石家さんまの名言ですね。実はこれもひも解けば根幹にあるのはブッダの教えなのです。

 

 

例えば、パートナーがいない、両親がいない、支えてくれる人がいない、お金がない、などの不安があるとしましょう。しかし、子供がいるではないですか。それ以上、何を求めると言うのでしょうか。足りると思えば足りる。足りないと思えば足りない。途上国で泥水をすすって栄養失調で死んでいく子供たちを目の前にして言うつもりでしょうか。

 

私は不幸だ。

 

と。

 

ナイジェリアには『赤ちゃん製造工場』と言われる闇の場所があります。そこでは理由があって女性たちから子供が『2、3万円』という金額で人身売買が行われています。この地域では、『子どものいない母親は呪われているとされていて迫害の対象になる場合がある』のです。ですから、こういった人身売買が暗黙の了解として、成立しているのです。

 

売る人も買う人も、馬鹿げています。しかし、それぞれが強いられている環境や条件は、各人にしかわからないものもあります。世の中には様々な人がいます。買われた子供が、必ずしも健全に育てられるとは限りません。

 

この話が本当かどうかはわかりませんが、被災地でさらわれた孤児は大金持ちの小児性愛者や、あるいはその家庭の子供の『性欲処理』の為に凌辱されると言います。もしこれが本当なら彼らはきっと、

 

男性

お前らは本当だったら、親と一緒にあそこで死んでたんだ。それを俺が助けてやったんだ。尽くして当たり前だろ。

 

とでも言いたいのでしょう。あまりにも劣悪で理不尽なこういう話は、全くの本当の話でなくても、似たような話は必ずあることでしょう。そんな事情と自分を比べてみて、自分は本当に『不幸』なのでしょうか。そして、子供を『不幸』にしてしまって、本当にいいのでしょうか。最後に見るべきなのは以下の記事です。

 

 

愛こそはこの世で最も崇高な存在。その理由は、記事を見ればわかることです。

 

先生

出産なんかでうつになることはあるけど、そういうときは考えたいね!自分は生きているだけで、本当に恵まれているんだってことをね!
うーむ、深い!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 出産によって赤ちゃんにたくさんの栄養を取られ、薄毛になりやすくなる。
  2. 分娩後脱毛症の『予防』というものは特にない。
  3. ひょんなことでホルモンバランスが崩れ、鬱病になってしまうこともある。
  4. 産後うつをそのままにしておくと子供にも悪影響を及ぼす。
  5. 楽と楽しいは違う。
  6. 人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。
  7. 生きてるだけで、丸儲け。