『ヒト』を最適化しよう。

育毛シャンプーや育毛サプリの育毛効果は?~髪の毛に必要な栄養素~

育毛シャンプーや育毛サプリの育毛効果は?

もちろん物にもよりますが、数ある育毛アイテムの中では、育毛シャンプーは最下位の位置づけにあります。

育毛サプリの方が育毛効果があると言えます。しかし、かといってこれが全く髪の毛に効果がないということはありません。髪の毛に有効な成分を厳選している以上、そうでないものと比べれば当然効果があります。育毛サプリですが、様々な育毛アイテムがある中、順番を付けると育毛サプリは実は育毛シャンプーよりは効果があると言われています。

先生

育毛シャンプーで髪の毛が生えるということはないよ!今のところはね!育毛サプリなんか全然効かない印象があるけど、実は育毛シャンプーと比べたらこっちの方が効果があるんだね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

育毛シャンプーはどれだけ髪の毛に有効なのか

育毛シャンプーを使えば髪の毛が生えるというわけではありません。しかし、育毛シャンプーを使えば、より育毛剤の効果を引き立てることができ、その育毛剤が効果的なものであれば、最初に行う育毛シャンプーも、無駄なものではなくなります。

 

  • 育毛サプリ
  • 育毛シャンプー
  • 育毛剤

 

と、それぞれ育毛グッズはありますが、それらの概要を簡潔にまとめてみるとこうなります。

 

育毛アイテムの効果

育毛サプリ 安全性は高いが、効果は低い
育毛シャンプー 頭皮を清潔にし、育毛剤の土台を整える
育毛剤 効果があるものなら、発毛を期待できる

 

また、下記の記事にも書いたように、

 

 

それらを育毛に有効な順番で並べるとこうなります。

 

育毛アイテムで効果がある順番
  • 1:飲む育毛剤(医薬品扱い)
  • 2:塗る育毛剤
  • 3:育毛サプリ
  • 4:育毛シャンプー

 

育毛シャンプーは、サプリメントよりも効果が薄いといえるわけですね。しかし、育毛剤を使用したからといって髪の毛が生えるとは決まったわけではありません。それで髪の毛が生えるなら、この世にハゲで悩む人はとっくにいませんからね。

 

先生

育毛シャンプーは、育毛という名前がついているから紛らわしいね!だけど、育毛の土台は作るからね!そう割り切ればいい商品だと考えることができるね!
たしかに!

ハニワくん

何もしないよりは薄毛対策補助アイテムは有効である

ただ、何もしないよりは有効になるでしょう。例えばそれは、食事の最適化で考えたときでも同じことです。下記の記事に書いたように、髪の毛にとって有効な食事や栄養素はたくさんあります。

 

育毛に有効な食事や栄養素

 

 

それらを全て摂取すればハゲが治るということではありません。しかし、やらないよりはやった方がはるかにマシということにも違いはありません。食事だけじゃなく、下記の記事に書いたように、

 

薄毛の原因

 

薄毛の原因には、このような問題が挙げられるわけです。それらを全て最適化しても薄毛が治るという保証はないのです。しかし、やらないよりはやった方がはるかにいいですね。むしろ、これらを最適化せずに、

 

俺は育毛剤と育毛シャンプーを使ってるから、たばこも吸うし酒も飲むし、徹夜もするし、シャンプーも毎日3回はするし、好きな食い物だけ食うぜ!

 

と言っている人がいるならば、それはもう本末転倒です。育毛剤や育毛シャンプーはあくまでも『薄毛対策補助アイテム』として、これらの最適化の一環として取り入れるのが正しい考え方ですね。

 

先生

やっぱり商品を作っている人もきちんとした知識を持った大人だから、子供がでたらめに作ったものではないので、ある程度の効果はあるよ!過信しなければいいだけ!
正当な評価っすね!

ハニワくん

とはいえ使用方法を間違えると逆効果になる

例えば、『発毛・育毛の新常識―これだけ知っていればハゲになりません!』にはこうあります。

すすぎを簡単に済ませてはいけない

 

(省略)あらためて記すまでもないが、シャンプー剤は、洗浄を目的として製造されているものである。配合成分がいかに肌によいもので構成されたものであっても、完全にすすぎ落さなければならないし、ましてや食品ではないのだから、飲用されるなど、とんでもないことである。

 

これほど極端ではないが、『洗髪とは、シャンプー剤で泡立てることであり、すすぎは泡が無くなればよい』と考えている方も多い。実際は、シャンプー剤の作用によって髪と頭皮から浮き上がった汚れを完全に取り除く行為が洗髪である。つまり、シャンプー剤の泡で汚れを包み込み、その泡を完全にすすぎ落して、初めてシャンプーといえるのである。

 

STEP.1
シャンプー
 
STEP.2
コンディショナー
 
STEP.3
徹底的なすすぎ
 
STEP.4
洗髪の完結
 

 

その肝心の育毛シャンプーが、しっかりとすすぎ落されていなければ、それが『薬害性脱毛症』の原因となる可能性もあります。頭皮や体内に、あまり不必要なものを取り入れてはいけないんですね。ニキビも脱毛も、そうした『排毒(デトックス)』の原理で発症する症状なのです。

 

薄毛

大気汚染がニキビに与える影響は?有害物質をデトックス(解毒)しよう!

 

また、『最後に読む育毛の本』にはこうあります。

多くの人が誤解する育毛シャンプー

 

現在のシャンプー市場は拡大する一方ですが、育毛シャンプーで髪が生えたという人に会ったことがありません。スカルプシャンプーという言葉が世の中で流行りだしてから、このシャンプーで髪が生えると錯覚していないでしょうか?つい最近もスカルプシャンプーやノンシリコンシャンプーといった広告で賑わせていた某シャンプーメーカーが、巨額の脱税で摘発されました。それだけ市場競争は増加しています。どの広告もシャンプーで髪が生えるとは一言も言っていません。

 

(中略)人気タレントさんの髪量が増えたように事例で見せたりはしていますが、シャンプーで生えたと断言した場合は薬事法違反ですし、誇大広告となります。実際はシャンプーで生えたのではなく、医薬品による治療を並行して施行されている可能性は高いと思えます。

 

そもそも先ほどから言っているように、育毛シャンプーの効果というものはこの程度のものですからね。『やらないよりはいい』というぐらいだと考えるのが正しい判断です。

 

先生

育毛シャンプーとはいっても、体にとって悪い物も含まれているからね!微量ならまだしも、積み重なっていくと大きな問題を引き起こすことになるよ!
うーむ!

ハニワくん

医薬品による治療が最も有効である

また、今出てきた『医薬品による治療』というのは、下記の記事にも書いたように、

 

長時間スマホを使用すると血流不全になって薄毛になる?頭皮マッサージでカチカチ頭を血行促進すれば若ハゲ対策はできるか

 

  • 1.細胞の増殖の活性化
  • 2.細胞活性のためのスイッチをONに
  • 3.コラーゲンやエラスチン生成

 

などの成長因子を用いた発毛対策、あるいは、

 

  • フィナステリド
  • ミノキシジル
  • デュタステリド

 

という成分が含まれた薬ですね。日本でそれが含まれた製品は、

 

  • プロペシア
  • ロゲイン・リアップ
  • ザガーロ

 

ということになります。

 

 

 

男性型脱毛症の治療薬(育毛剤)として米国皮膚科学会や国際毛髪外科学会が効果を認め、薄毛治療の診察ガイドラインで強く勧めている塗る育毛剤はこの『ミノキシジル』だけです。日本の製品名は『ロゲイン』と『リアップ』ですね。

 

また、フィナステリドが含まれた『プロペシア』は、米国皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインや国際毛髪外科学会の指針では『ミノキシジル』と共に強く推奨されており、アメリカ食品医薬品局(FDA)も内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めている薬です。

 

また、デュタステリドが含まれた『ザガーロ』は、2015年9月に厚生労働省に認可されたばかりの新薬です。しかし、その効果は抜群で、Ⅰ型の5α還元酵素にはフィナステリドの100倍の抑制効果、Ⅱ型には3倍の抑制効果があり、副作用も少なく、安全性が高いと考えられています。

 

薄毛

 

ただ、『最後に読む育毛の本』にはこうもありますが、

たとえば、世界で唯一、発毛することが証明されているとされる成分『ミノキシジル』。そのミノキシジルでさえ、そこまでの高い発毛率はなく、グーンと低い発毛率なのです。

 

それらの『最強育毛剤』であっても、発毛率は高くありません。何度も言うように、そんなものがあったら、この世にハゲで悩む人はとっくにいませんからね。育毛剤や育毛シャンプーとの向き合い方を最適化しましょう。正しく使えば、有効です。ワカメや、牡蠣や、大豆や、たんぱく質を摂取するのも同じ考え方です。

 

 

『最後に読む育毛の本』にはもこうありますが、

内部からの働きかけ

 

先ほど述べたDHTの影響力は非常に大きく、これをブロックするためには育毛剤の他、育毛用の専用サプリメントを服用し体内への働きかけをして、身体全体から攻める必要があります。単体で何かに依存するよりも、全体から攻めた方が、ずっと好ましい結果が出やすいことがこれまでの実例からわかっています。

 

  • 育毛サプリ
  • 育毛シャンプー
  • 育毛剤

 

と、そのすべてを駆使するとより効果的であるという事実がしっかりと存在しているようです。そう考えると、これらの要素も決してないがしろにはできませんね。最適化すべき、重要な要素です。

 

先生

でも、このデュタステリドは追記したものなんだけど、つい最近出たばかりの新薬なんだ!Ⅰ型の5α還元酵素にはフィナステリドの100倍の抑制効果、Ⅱ型には3倍の抑制効果って、すごいよね!
今後が楽しみっす!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 育毛シャンプーは、頭皮を清潔にし、育毛剤の土台を整える。
  2. 育毛シャンプーは、サプリメントよりも効果が薄い。
  3. 育毛剤や育毛シャンプーはあくまでも『薄毛対策補助アイテム』。
  4. 育毛シャンプーが、しっかりとすすぎ落されていなければ、それが『薬害性脱毛症』の原因となる可能性もある。
  5. シャンプーで髪が生えたと断言した場合は薬事法違反だし、誇大広告。
  6. ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドという公式に認められた育毛剤がある。
  7. それらであっても発毛率は高くはない。

 

育毛サプリはどれだけ髪の毛に有効なのか

下記の記事にも書いたように、育毛サプリや育毛シャンプーでは、大した育毛効果を得ることはできません。

 

 

育毛シャンプー同様、育毛サプリを使用すれば髪の毛が生えるというわけではありません。しかし、育毛サプリを使用すれば、『それを使用しないよりは』髪の毛にいい影響を与えるでしょう。前述したようにサプリメントは、育毛シャンプーと比べれば少しは効果があるといえるわけですね。

 

 

先生

でも『少しは』だからね!育毛サプリは安全性は高いけど効果は低いって書いてあると思うけど、結局その程度の効果しかないんだ!
ふむ!

ハニワくん

育毛サプリに含まれている成分

先ほどの記事に、育毛サプリに含まれている成分の相場として、

 

  • ノコギリヤシ
  • 亜鉛
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • クエン酸
  • シトルリン

 

を挙げましたが、往々にして確かにこのような成分で構成されているでしょう。それぞれ、

 

ノコギリヤシ 脱毛を引き起こす酵素を抑制
亜鉛 たんぱく質をケラチンに変える
ビタミンC 吸収率をアップさせる
クエン酸 吸収率をアップさせる
ビタミンE 血液の流れを良くする
シトルリン 血液の流れを良くする

 

という効果が期待できます。特に重要なのが『ノコギリヤシ』と『亜鉛』で、この2つは大体の育毛サプリに含まれていると言っていいでしょう。確かに、育毛、脱毛抑制のことを考えたらこれは外せませんからね。血行が改善されればそれだけで髪の毛にいい影響を与えますし、

 

 

ビタミンEに含まれる抗酸化作用は、活性酸素を除去し、これまた薄毛対策になります。また、育毛サプリだけではなく、通常のサプリメントにも育毛に効果があるものもあります。しかし、効果があるといっても『抜群に』というわけではないので、過度に期待することはやめましょう。しかし、大事な要素の一つであることは確かです。

 

先生

サプリメントで治療できるなら、治療薬は一体何なんだってことになるからね!まあ、安全性が高いから、気軽に毎日少しずつ治療できるっていうストレス解消には役立つね!
プラシーボっすね!

ハニワくん

有効なサプリメントの見極め方

『最後に読む育毛の本』にはこうあります。

栄養素のタイプ

 

サプリメントに含まれる栄養素には、『合成タイプ』、『天然タイプ』があります。『天然タイプ』は体内に吸収される力が格段に高いのです。『合成タイプ』はたいてい白っぽく、天然タイプは複雑な色合いをしています。合成タイプは天然タイプの半分程度の吸収力しかありません。

 

サプリメントにはこのようにして、

 

  • 天然タイプ
  • 合成タイプ

 

の2種類がありますが、なるべく天然タイプを求めるようにしましょう。また、それをうたっていても実際にはナチュラルではないということもありますので、過信することのないようにすることが大切です。

 

薄毛

 

また本には『育毛に良いサプリメント』として、

 

  • ビタミンB2
  • ビオチン
  • パルトテン酸
  • ミネラル

 

の4つを挙げています。それぞれ、

 

ビタミンB2

髪の毛や皮膚の再生、動脈硬化、白内障の予防

 

ビオチン

白髪、ハゲ予防、疲労回復、脂肪の代謝不全

 

パルトテン酸

細胞の成長、神経中枢の発達、血液・皮膚障害、白髪の予防

 

ミネラル

髪・皮膚の色を保つ、鉄分のはたらきを助ける

 

という効果があります。しかし、これらの栄養素を吸収させるためには、他の栄養素も必要になるので、これ単体を摂取しても思うように効果は得られません。ですから例えば、『カルシウム+ビタミンD』というサプリメントが売っていると思いますが、あれは、カルシウムとビタミンDを両方摂取すると、吸収率が上がる、という事実に裏打ちされた商品なのです。

 

※カルシウム『With ビタミンD』と記載されている。

 

薄毛

 

そう考えると、先ほど挙げた『育毛サプリ』というのは『吸収率を上げるため』に、ビタミンCやクエン酸を含んでいましたね。したがって、なまじ素人の浅い知識でこれらのサプリメントでカスタマイズするよりは、育毛サプリを選んでそれを利用したほうが、効率的かもしれません。

 

先生

また、ビタミンCを単体で摂っても、届けたい場所に直接届けられるかどうかはわからないんだ!体中が欲しがっている栄養素だからね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

プロテインと亜鉛が有効って本当?

また、プロテインドリンクは効果的ですね。髪の毛にとって最も重要なのはたんぱく質です。下手に獣肉でたんぱく質を摂るよりも、バナナやプロテインドリンクによって摂取する方が良質なたんぱく質を得られると専門家は言います。

 

『プロテイン・たんぱく質・アミノ酸・生卵』の摂取はハゲる原因?それとも育毛対策?

 

また、そのたんぱく質をケラチンに変える、亜鉛も有効です。たんぱく質の一種であるケラチンは、髪を育毛させるのに必要となる栄養素の99%を占めています。だからといってたんぱく質だけを摂っていても、体内で自動的にケラチンに変換されるわけではなく、変換するには亜鉛の力が必要不可欠になってきます。亜鉛は、体内に入ってきたたんぱく質をケラチンに変換する効果があり、これにより質の良いたんぱく質を生み出すことができます。

 

しかし、牡蠣などを毎日食べることも現実的ではありませんからね。その他、

 

亜鉛を豊富に含む食材
  • 豚レバー
  • ウナギ
  • ゴマ
  • たけのこ
  • ショウガ

 

例えば豚レバーやウナギで考えても、摂取は難しいのが現実です。そういうときは、サプリメントを利用するのがいいでしょう。サプリメントは、自分にとって一番必要なものを選択して、カスタマイズして利用するのがベストですね。

 

薄毛

 

先生

サプリメントはうつ病とか、精神病なんかの専門家も推奨するからね!足りない部分を補うために、結構役立つんだ!
なるへそ!

ハニワくん

サプリメントにはどこまで頼ればいいの?

私もかつて、大量のサプリメントを使用していました。

 

  • コエンザイムQ10
  • アスタキサンチン
  • カルシウム
  • コンドロイチン&グルコサミン
  • プロテイン
  • ビタミンC
  • ベータカロチン(ビタミンA)
  • マルチビタミン&ミネラル
  • クエン酸
  • DHA&EPA

 

など、運動をしている私は、その酷使した体を補強かつ強化する為に、これらの栄養素は取って当たり前だと考えていました。

 

 

確かに、疲労して活性酸素が溜まった身体を、コエンザイムQ10やアスタキサンチンといった抗酸化作用のある栄養で浄化し、激しい運動で痛めた腱や骨を、コンドロイチン&グルコサミン、あるいはカルシウムで補強し、

 

駆使した筋肉をプロテインで補強し、溜まった乳酸をクエン酸で回復、そして全体的にビタミンやミネラルを補強するのは、理にかなっています。DHAとEPAといった不飽和脂肪酸も、脳に有効な成分で、頭もよくなります。

 

 

しかし、今はもう、

 

  • マルチビタミン&ミネラル
  • DHA&EPA
  • ビタミンC
  • プロテイン
  • クエン酸

 

だけに絞りましたね。確かに当時は、アスリートと同レベルくらい体を動かしていましたし、それだけ栄養に気を使っても仕方なかったかもしれません。しかし、私は肝心の運動と休養の方法を、間違えていたのです。

 

例えば筋トレなら、本来は毎日違う部位を鍛えるのが効果的です。しかし私は、一日に全部の部位を鍛えてしまっていました。だからトレーニングの日はとても疲労感が多く、免疫力が下がって口唇ヘルペスにかかることも多くありました。

 

 

医者からは、『なるべく無理をせず』とか、『疲れたと思ったら栄養剤を』などということを言われましたが、運動の最適化の知識までない医者のそれらの言葉はあまり頼りにならず、私はその疲労感を補うために多くの栄養素が必要だと思っていて、多くのサプリメントを利用していました。

 

しかし実際には、運動方法を変え、適切な休養を取り、毎日の生活の中に『仮眠』を取り入れるだけで、疲労は順調に回復し、筋肉も復活し、そして免疫力も回復したので、口唇ヘルペスを発症することも激減したのです。

 

先生

ある摂食障害の女性は、フランスパンと大量のサプリメントだけで生活していたよ!結局病院に行くことになったね!極端すぎるのはダメさ!
うーむ!

ハニワくん

抗酸化物質をサプリメントで摂取すると癌になる?

また、抗酸化物質をサプリメントで摂取することは、下記の記事にも書いたように、

 

髪のパサつきがあるなら薄毛に注意?皮脂、コラーゲン、抗酸化物質で薄毛の対策を!

 

正常な細胞よりも癌細胞のほうが、抗酸化物質のおかげで元気になっている』という事実について理解していなければならないことを知りました。したがって、日経PRESIDENTのある号の特集では、『医者が選ぶサプリメント』に、

 

  • ビタミンE
  • コエンザイムQ10
  • アスタキサンチン

 

 

等の抗酸化物質は含まれておらず、

 

  • マルチビタミン&ミネラル
  • DHA&EPA

 

の2種類だけがピックアップされていました。これだけ摂れれば十分だと医者たちは声を揃えます。

 

STEP.1
抗酸化作用のあるサプリメントを摂取する
 
STEP.2
ガン細胞が活性化する可能性がある
 
STEP.3
医師の間では抗酸化サプリは危険視されている
 

 

サプリメントは、効率的に賢く使えば有効ですが、間違った摂取をしてしまうと違う問題を引き起こす危険性があります。簡単にまとめると、『サプリメントに依存するな』ということですね。それらはあくまでも、要素のうちの一つ。

 

例えば、『薄毛改善100チェック』というチェック項目があり、それらを全てチェックできて、初めて薄毛問題が多少改善される、という事実があったとき、そのうちの『1チェック』という位置づけです。

 

このたったの『1チェック』をクリアしただけで薄毛は当然改善されません。もちろん、かといってないがしろにはできません。1は1でも、大事な100のうちの1つですからね。その他のすべての要素も同じように考えます。

 

『最後に読む育毛の本』にはもこうありますが、

内部からの働きかけ

 

先ほど述べたDHTの影響力は非常に大きく、これをブロックするためには育毛剤の他、育毛用の専用サプリメントを服用し体内への働きかけをして、身体全体から攻める必要があります。単体で何かに依存するよりも、全体から攻めた方が、ずっと好ましい結果が出やすいことがこれまでの実例からわかっています。

 

  • 育毛サプリ
  • 育毛シャンプー
  • 育毛剤

 

と、そのすべてを駆使するとより効果的であるという事実がしっかりと存在しているようです。そう考えると、これらの要素も決してないがしろにはできませんね。最適化すべき、重要な要素です。重んじすぎず、軽んじ過ぎず、要素のうちの一つとして利用するのが賢明ですね。

 

薄毛

先生

まさにこの専門家はこのサイトで訴えていることと同じことを言っているね!一つを最適化しても、違う部分が最適化できていなければ意味ないからね!
たしかに!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. サプリメントは、育毛シャンプーと比べれば少しは効果がある。
  2. 育毛サプリに含まれている成分を確認する。
  3. サプリメントの『天然タイプ』は体内に吸収される力が格段に高い。
  4. 栄養素を吸収させるためには、他の栄養素も必要になるので、単体を摂取しても思うように効果は得られない。
  5. 下手に獣肉でたんぱく質を摂るよりも、バナナやプロテインドリンクによって摂取する方が良質なたんぱく質を得られる。
  6. 亜鉛はサプリメントで摂ることも効果的。
  7. サプリメント依存はやめよう。抗酸化物質をサプリメントで摂取すると癌になるかもしれない。
  8. 単体で何かに依存するよりも、全体から攻めた方がずっと好ましい結果が出やすい。