『ヒト』を最適化しよう。

自律神経、ストレスが原因で薄毛になる?ストレスで薄毛になったり、一夜にして白髪になるって本当?

自律神経が乱れたりストレスが溜まると薄毛になる?ストレスで薄毛になったり、一夜にして白髪になるって本当?

自律神経失調症となり、ストレスを負えば、ホルモンバランスが崩れて女性の場合特に脱毛症を引き起こす可能性が高くなります。

ストレスを感じると脳にダメージを与え、ホルモンを調節したり分泌したりする指令を出す部分に影響します。結果として正しいバランスで男性ホルモンと女性ホルモンが作られなくなってしまいますので、脱毛を進める原因となってしまうのです。ストレスで薄毛や白髪になる話についてですが、そういった確固たる事実はないようです。しかし、一概に完全否定はできないといいます。

先生

心と身体は繋がっているからね!自律神経失調症によってホルモンバランスが崩れることがあるし、暴飲暴食なんかの乱れにもつながるよ!食事、運動、睡眠を見直して、ストレスフリーな生活を送るべきなんだ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

自律神経失調症によって薄毛になる?

自律神経が乱れることが原因で『髪の毛に直接的で多大な影響を与える』ということはありません。何しろ、私は薄毛に関する専門書を10冊以上持っていますが、『自律神経失調症によって薄毛になる』と書いてある本は一冊もありません。

 

しかし、『結果的に髪の毛に悪影響を与える』ということにはなるでしょう。自律神経失調症は、ストレスが原因で引き起こされる症状です。ストレス自体が薄毛の原因ですからね。そう考えると、自律神経失調症は結果的に髪の毛に悪い影響を与えることになります。

 

 

『SEのためのうつ回避マニュアル~壊れていくSE』にはこうあります。

ストレスが引き起こす病気のあれこれ

 

自律神経失調症

夜布団に入っても、目が爛々としていたり、胃腸の調子が悪くなったり、汗が止まらなくなったり。めまいやふらつき、動悸、手足のしびれ、息苦しさ、倦怠感。『コントロールが効かないところで身体が暴走または停滞する。なのに、病院で検査しても異常なしと言われる』これが、自律神経失調症の特徴です。

 

鬱病でもない。何らかの病気でもない。しかし確かに体の様子がおかしい。そんなときは、自律神経失調症を疑った方がいいかもしれません。

 

先生

ストレスで髪の毛が抜けるということはあまりないけど、結果的に抜けることはあるんだ!円形脱毛症もストレスが多少は関係しているしね!
ふむ!

ハニワくん

自律神経失調症は病気?

『SEのためのうつ回避マニュアル~壊れていくSE』にはこうあります。

ところで、自律神経失調症は病名ではありません。慢性的な緊急反応のため、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて起こる体調不良の症状のことを言います。緊急反応が長期化して交感神経系が働き続けると、副交感神経と交替するタイミングが狂ってしまいます。副交感神経は出番がわからなくなり、緊張とリラックスのバランスが崩れてしまうのです。

 

自律神経は身体の様々な機能を司るため、症状の出方も全身にわたり多様です。症状によっては深刻な病気の兆候と酷似しているのがあるため、自己判断は禁物です。まずは病院で検査を受けて原因を確かめましょう。

 

自律神経失調症は病気ではありません。ですから病院にいっても病名をつけられることがなく、つい軽んじてしまいがちですが、

 

  • 病気ではない
  • 薄毛と直接関係がない

 

からといってこれを軽んじると、痛い目に遭うと考えましょう。ストレスというものは、

 

  • 心身症
  • パニック障害
  • 全般性不安障害
  • 鬱病

 

 

など、様々な病気を引き起こす可能性がありますし、そういう心の問題だけではなく、

 

  • 胃潰瘍
  • 高血圧
  • 心臓病
  • 胃痛
  • 下痢・便秘
  • 腰痛
  • 更年期障害

 

 

といった問題にも発展する可能性があります。事実、自律神経失調症だけが引き起こす症状として、

 

  • 疲れ目
  • 頭痛
  • 不眠
  • めまい
  • 乾き
  • のぼせ
  • 発汗
  • 凝り
  • 詰まり
  • だるさ
  • 痛み
  • 食欲不振
  • 動悸
  • 不整脈
  • ED
  • 生理不順
  • むくみ
  • 冷え
  • しびれ
  • ふらつき

 

 

等、実に多くの不調が考えられますので、決してないがしろにはできません。また、薄毛に関係のある問題としても、

 

  • ホルモンバランスが崩れる
  • 毛細血管が収縮して血行不良を招く
  • 発汗作用で皮脂と汗が毛穴が詰まる

 

等の問題を引き起こしますので、決してないがしろにはできません。

 

 

先生

素人判断で決めつけないようにするところがポイントだね!似たような症状の病気がたくさんあるから、病院で診てもらうのが一番だよ!
だよ!

ハニワくん

女性の場合はホルモンバランスの崩れからうつ病になることも

また女性の場合であれば、そのホルモンバランスの問題によってうつ病になる可能性も高まりますからね。

 

 

『うつとはこんな病気です―症状と治し方』にはこうあります。

女性ホルモンの影響でうつになることもある

 

女性がうつ状態になる要因の一つとして、女性ホルモンの影響があげられます。たとえば整理の数日前にあらわれる一時的な憂うつ感やイライラ感などは多くの女性が経験することでしょう。妊娠や出産、閉経などで女性ホルモンの急激な変化が起こるときには、心身のバランスが崩れやすく、鬱状態になりやすいと考えられています。

 

薄毛以上の様々な問題につながる自律神経失調症ですから、決してないがしろにしてはいけません。

 

ホルモンバランスが崩れる原因
  • 生理
  • 妊娠
  • 出産
  • 更年期
  • 閉経
  • etc.

 

先生

自律神経失調症がうつ病を招き、うつ病が食欲不振を招き、栄養不足になって髪の毛が衰退するって流れもあるしね!
ホルモンバランスが崩れる時点で、びまん性脱毛症もあるっす!

ハニワくん

無理をし過ぎると自律神経が乱れる

私も以前、自律神経失調症のような状態になりました。いつもなら、

 

  • 仮眠
  • あくび
  • 入浴

 

等のリフレッシュタイムを用意することによって、自分の状態がある程度スッキリするのが確認できたのですが、その時に限っては、その不調状態がそれらのリフレッシュによっても『解除されない』のです。これは少し焦りましたね。パニック障害とか、そういう類かとも思いました。なにせ、今まで一度もなかった状態なので、多少パニックになったからです。

 

 

数日経つと何事もなかったかのように元に戻りましたが、あの『サイン』を無視して放っておいたら大変なことになったでしょうね。猪突猛進型のさすがの私も、あれ以上無理をするのは危険だと思い、休息を優先することにしました。あの時は、本を数十冊毎日のように読みまくっていました。おそらくそれが原因で、交感神経と副交感神経のバランスがおかしくなったのでしょう。先ほどの本にもこうあったように、

 

『緊急反応が長期化して交感神経系が働き続けると、副交感神経と交替するタイミングが狂ってしまいます。副交感神経は出番がわからなくなり、緊張とリラックスのバランスが崩れてしまう』

 

無理をし過ぎたことが原因で、自律神経が乱れてしまった可能性が高いですね。そうすると、睡眠の質にも影響が出てきます。先ほども言ったように、『寝ても体調不良が治らない』という状態が起きますので、睡眠の質が落ちるのです。すると睡眠不足になって免疫力にも影響が起きます。薄毛というのは、免疫異常によっても引き起こされるので、薄毛とも無関係ではありません。

 

『ササっとわかる薄毛の悩み解決最前線』(講談社)にはこうあります。

『円形脱毛症』と男性型脱毛症は原因が異なる

 

円形脱毛症は、自己免疫機能と関係が深い症状です。成長期にある毛根を、免疫機能が異物と勘違いして攻撃してしまい、脱毛するというのがそのメカニズムです。ストレスとの関係がよくいわれますが、たしかにそれによって免疫異常を起こしやすくなることはあるようです。数個以内の円形脱毛は、1年以内に自然治癒することが多く、皮膚科で治療する場合は外用薬のステロイド剤、局所免疫療法などで直します。円形脱毛症の皮下では毛を作る細胞は生きているので、ほとんどの場合はまたもとどおりに髪が生えてきます。

 

  • ストレス
  • 睡眠不足

 

その両方で免疫異常が起こる可能性がありますので、薄毛と無関係ではないのです。また、その睡眠不足が更に交感神経を優位にさせがちです。

 

『ササッとわかる「SAD 社会不安障害」 あがり症の治し方 (図解 大安心シリーズ)』にはこうあります。

睡眠不足は『緊張状態』を作り出しやすい

 

SADの人は激しい動悸や赤面・震えといった体の反応を感じると、それを意識して、さらに緊張感が増すという悪循環の中にいます。こういった体の緊張状態は、睡眠不足によって引き起こされやすくなります。

 

セロトニン量が低下しているSADの人は、交感神経が緊張しやすいため、夜間の睡眠の質も低下しがちです。質のよい睡眠がとれないと、副腎皮質ホルモンやアドレナリン、ノルアドレナリンといった脳内物質が放出されますが、このホルモンは危険を感じて逃げるときや戦うときに分泌されるホルモンと一緒です。

 

つまり睡眠不足になると、戦ったり逃げたりする時にドキドキしたり震えたりさせるホルモンが多量に分泌されることになるわけで、そうなると身体がおのずと緊張状態に入ってしまうのです。

 

  • 睡眠の質
  • 交感神経

 

といったキーワードが出てきましたね。SAD(あがり症)やうつ病は、脳内のセロトニンが大きく影響していますが、こういった病気にも影響するので、自律神経失調症を放っておくことはとても危険なことなのです。

 

無理をせず、『休息の時間』を半ば義務的に確保しましょう。私なども完璧主義な性格で、一度決めたら途中でやめずに最後までやり遂げなければ気が済まないのですが、その私が言っているのです。

 

私は今、一日にホットアイマスクなどを使って仮眠の時間を3回は確保していますが、激しい運動、仕事、勉強、ゲームなどの忙しい毎日をストレスなく過ごすことができています。スペインでは昼寝の為にわざわざ家に帰る『シエスタ』という制度があるくらいですからね。休息の重要性を覚えましょう。

 

 

先生

真面目で完ぺき主義な人ほど、休憩の時間を怠りがちだけど、本当に真面目で完ぺき主義なら、そうはならないはずなんだ!
休憩するのが真理っすからね!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 『自律神経失調症によって薄毛になる』と書いてある本は一冊もない。
  2. しかし、結果的に髪の毛に悪影響を与える。
  3. 自律神経失調症は病名ではない。
  4. 自律神経失調症は症状によっては深刻な病気の兆候と酷似しているのがあるため、自己判断は禁物。
  5. 自律神経失調症は以下の点で薄毛にも関係がある。
  6. ※ホルモンバランスが崩れ、毛細血管が収縮して血行不良を招き、発汗作用で皮脂と汗が毛穴が詰まる。
  7. 女性の場合はホルモンバランスの崩れからうつ病になることもある。無理をし過ぎると自律神経が乱れる。
  8. ストレスと睡眠不足で免疫異常が起こり、脱毛が促進される可能性がある。
  9. 『休息の時間』を半ば義務的に確保する。

 

ストレスと髪の毛

では、ストレスと髪の毛についてはどのような関係性があるでしょうか。

 

男性ホルモン、女性ホルモンのバランスによって薄毛が進行する

年齢を重ねると抜け毛が増えてくるという原因には、男性ホルモン女性ホルモンのバランスが大きく影響しています。女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、髪の毛の産生に関わっていますので、このホルモンが減少すると薄毛が進行しやすくなります。

 

一方で、男性ホルモンの一種であるテストステロンが変化してジヒドロテストステロンという物質になると、毛根に脱毛信号を出すようになりますので、より脱毛が起こりやすくなります。

 

そのため、40代くらいのホルモンバランスが変わってくる頃になると、この髪の毛を作る女性ホルモンが減少して、脱毛を促す男性ホルモンの活動が活発になることが多いため、急速に薄毛が進行してしまうのです。こうしたホルモンバランスの変化は、本人の自覚なしに進んでいきますし、何とか止めようと思っても止められるものではなく、薄毛を止めるのがなかなか難しいことがあります。

 

 

こうしたことから、薄毛に関係する男性ホルモン、女性ホルモンのバランスとその働きについて知っておくことは、薄毛改善、増毛ケアに役立ちます。薄毛を止めて増毛を図るためには、女性ホルモンの活発化と、脱毛信号を出す男性ホルモンの働きを阻害することがとても大事ですので、そのための対策をいろいろな面で取ることができるようになるからです。

 

また、薄毛治療を専門に行っているAGA専門外来などでは、これらのホルモンに関係する治療薬を用いて脱毛改善を行うという治療をしていますので、正しい知識を持っていることで、より効果的に治療に臨めるでしょう。また、自分に合った増毛ケアの方法を見つける助けとなりますので、より効果的な増毛ケアを行うことができるでしょう。

 

先生

薄毛対策を考えるときには、男性ホルモンを抑え、女性ホルモンを活発化させることを考えたいわけだね!男女によってそのホルモンのバランスは違うから、男性は主に男性ホルモンを、女性は女性ホルモンを注意して管理することが大事だね!
男性がテストステロン、女性がエストロゲンっすね!

ハニワくん

ストレスが男性ホルモンと女性ホルモンに強く影響することも

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスは年齢や遺伝などによって大きく影響しますが、同時にストレスも大きな影響をもたらします。そのため、たとえ若い人であっても強いストレスに慢性的にさらされていると、ホルモンバランスが崩れてしまって脱毛が進行してしまうことがあるのです。ストレスはホルモンを分泌する器官の働きを弱めてしまいますので、分泌バランスが大きく崩れることになります。

 

 

また、ストレスを感じると脳にダメージを与え、ホルモンを調節したり分泌したりする指令を出す部分に影響します。結果として正しいバランスで男性ホルモンと女性ホルモンが作られなくなってしまいますので、やはり脱毛を進める原因となってしまうのです。ストレスをためる原因には、人それぞれいろいろなものがあることでしょう。下記などがその代表例です。

 

ストレスの原因
  • 職場での人間関係
  • 家庭でのトラブル
  • 健康上の問題
  • 経済的な心配事

 

時にはそうしたストレスの元となる原因をなくすことができないケースもありますので、上手にストレスと向き合っていく方法を見つける必要があります。ストレスを感じるとしてもストレスを溜めない、上手にストレスを発散するという方法を自分なりに見つけることができます。

 

 

先生

ストレスを溜めるとホルモンバランスに乱れが生じるから注意が必要だよ!日ごろからストレスが溜まらないように心掛けて生活することが大切なんだ!ストレスっていうのは薄毛だけじゃなくて、ありとあらゆる問題も引き起こすからね!
免疫力なんかも低下するっす!

ハニワくん

ストレスを発散させる方法を見つける

特にストレス発散に効果的なのが、運動を定期的にすることです。現代社会では座りっぱなしや立ちっぱなしの仕事が多く、体をしっかりと動かさないためにストレスが溜まりがちです。それで、毎日ちょっとでも近所を散歩したりジョギングする、定期的にジムに通うようにするなどの習慣を付けることで、運動をしっかりと行いストレスを発散させることができます。

 

日頃運動をしていない人は、運動を始めるのは大変なことかもしれませんが、頑張って続けていくうちにさわやかな気分になれることに気づきますし、いろいろな面で良い影響が出てくることに気づくでしょう。こうした発見ができると、その後も運動を続けていくためのモチベーションとなります。

 

 

こうした運動は精神的な負担を和らげるだけでなく、身体的な観点からも増毛に役立ちます。というのも、薄毛の原因の一つに、頭皮の血流が悪くなってしまって毛根と髪の毛に必要な酸素と栄養素が行き渡らないというものがあるからです。運動をすることで、全身の血行が良くなって、頭皮にも十分な血液の循環がなされるようになります。こうすることで、健康的な毛根と髪の毛が作られていきますので、増毛ケアの効果を高めることになります。

 

先生

適度な運動をすることは、ストレス対策に有効だよ!それに、ジョギングなんかをするとね、どんな悩み事をしてても、意外と頭がスッキリするものなんだ!単調なリズムをとることはうつ病の改善にも繋がるんだけど、料理や縄跳びなんかも有効なんだね!
単調なリズムをとると、脳内でセロトニンが出るっす!

ハニワくん

 

さらに、睡眠を毎日しっかりと取ることもとても重要です。うつ傾向になる人の特徴の一つとして、睡眠の時間と質が極端に落ちるということが挙げられます。ストレスと睡眠には密接な関係があるのです。そのため、ストレスを抱えるような状況が続いているのであれば、意識して睡眠をしっかりと取るように心がけましょう。

 

早めにベッドに行くということに加えて、リラックスできる音楽やアロマを用いたり、質の良い寝具を使ったりして深い眠りにつけるようにする努力を払いましょう。こうした睡眠習慣はストレスを発散させる大きな助けになります。

 

また、睡眠中の時間に毛根細胞の再生や成長がなされることもありますので、しっかりとした睡眠をとることで、直接的に増毛効果のアップに貢献することができます。このように、運動を定期的にすることと、質の良い睡眠を毎日しっかりと取ることは、脱毛を引き起こすストレスを軽減するとともに、増毛効果を高めるものとなりますので、意識して努力するようにしましょう。

 

 

先生

『睡眠、食事、運動』の最適化をして、『ストレスフリー』な生活を送ることがいいんだね!これによってホルモンバランスの乱れも抑えられるし、薄毛以外の様々な問題も同時に解決するよ!薄毛が治っても他の病気になったら何の意味もないからね!!
たしかに!

ハニワくん

正直にセルフチェックすることによって増毛ケアに役立てる

自分がどれほどストレスにさらされているかというのは、意外と本人は分からないことが多いものです。そして、ストレスが限界値に達した時に、何らかの体調不良や急激な脱毛などの形になって発現することがあります。そうなってしまうと、その症状を改善するのは難しいですし、ストレスの影響を取り除くのには時間がかかってしまいます。そのため、ストレスの影響が体にはっきりと出る前に、自分で正直にセルフチェックをしてみることが大事だと言えるでしょう。

 

 

こうしたチェックはいろいろなものがありますので、自分で実際に行ってみると良いでしょう。多くのセルフチェックには、以下などの項目があります。

 

セルフチェックの項目
  • 最近寝つきが悪くなった
  • 会社に行きたくないと思う朝が多くなった
  • 人としゃべるのが億劫に思えることが多くなってきた

 

どれも小さな変化ですが、小さなことが積み重なることでストレスの影響が大きく表れてくることもありますので、正直にチェックしてみて自分の精神的な負担の度合いを測るようにしましょう。

 

そして、家族や友人たちに自分のことについて正直に話すという習慣を付けることも大事です。一人でストレスを抱えていると、発散する機会を失ってしまいますし、ストレスの原因となる問題に対処するのが難しくなってしまいます。

 

自分が強いストレスにさらされているということを感じているのであれば、恥ずかしがったり周りに申し訳なく思ったりするのではなく、すぐに家族や友人に話して解決策を探るようにしましょう。

 

 

何らかの解決策がすぐに見つからないとしても、話すことで心に抱えているストレスを軽減することができます。特に、こうしたストレスが男性ホルモン、女性ホルモンの働きに影響を及ぼすようになって、脱毛が進行しているという目に見える症状が現れるようになっているのであれば、できるだけ早く行動に移した方が良いでしょう。

 

先生

自分にも他人にも正直になるっていうことは、心身にとてもいい効果を与えるよ!塞ぎ込んで、ひねくれて、斜に構えて、ネガティブな状態より、ずっと心身に良い影響を与えるんだ!心と体は繋がってるからね!大事にしていこう!
深いっす先生、深すぎるっす!

ハニワくん

 

 まとめ✔
  1. 性ホルモンと薄毛の関係性を理解する。
  2. 薄毛治療を専門に行っているAGA専門外来などでは、これらのホルモンに関係する治療薬を用いて脱毛改善を行うという治療をしている。
  3. 男性ホルモンと女性ホルモンのバランスは年齢や遺伝などによって大きく影響するが、同時にストレスも大きな影響をもたらす。
  4. 若い人であっても強いストレスに慢性的にさらされていると、ホルモンバランスが崩れてしまって脱毛が進行してしまう。
  5. 上手にストレスを発散するという方法を見つける。
  6. 特にストレス発散に効果的なのが、運動を定期的にすること。
  7. 運動は精神的な負担を和らげるだけでなく、身体的な観点からも増毛に役立つ。
  8. 睡眠を毎日しっかりと取ることもとても重要。
  9. ストレスの影響が体にはっきりと出る前に、自分で正直にセルフチェックをしてみることが大事。
  10. 家族や友人たちに自分のことについて正直に話すという習慣を付ける。

 

ストレスで薄毛や白髪になる?

最後によく聞くうわさ話について考えてみましょう。まず、『ストレスで薄毛になる』という話ですが、どうやらそういった確固たる事実はないようです。しかし、一概に完全否定はできないといいます。

 

 

ストレスは万病の元。交感神経も刺激され血管が収縮し、血行が悪くなると毛髪の成長だけではなく、ED、動脈硬化等、様々な問題が起きます。人間の身体にはNK細胞(ナチュラルキラー)という『警備隊』がいるのですが、それらがやっつけている様々な悪性のものも野放しになる為、悪い影響は与えます。

 

頭皮の毛細血管も、ストレスの影響で収縮してしまい、髪を作り出す毛母細胞への栄養補給が滞りがちになり、脱毛という結果を生み出す可能性はあります。また、ストレスを負うことにより、以下のようなの乱れも引き起こすわけです。

 

ストレスによって引き起こされること
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 胃腸の不調
  • 睡眠不足
  • 暴飲暴食
  • アルコールの過剰飲酒
  • 喫煙

 

ただし、円形脱毛症の場合は、精神的なストレスとの関係が深いと言われています。円形脱毛症を起こす自己免疫疾患の引き金として、症例の2割程度がストレスであるようですね。

 

先生

円形脱毛症はストレスと深い関係があるから注意が必要なんだね!また、m字型の薄毛なんかは、ちょっと前までは『遺伝』だと思われてきたけど、どうやらう薄毛自体が『ホルモンバランスの乱れ』が原因である可能性も浮上してきたんだ!ってなると、ストレスも悪影響だよね!
ストレスが良いってことにはならないっすね!

ハニワくん

一夜にして白髪になる

そういう話を聞いたことがある人は多いはずです。筆者も以前、残忍な事件の被害者がそうなったと聞いて、すっかり信じていました。実際は、髪の色はメラニン色素に影響されるが、頭皮から出ている髪の毛はすでに活動をやめた細胞であって、体内の要因で色が変わるということはないようです。たとえ精神的なショックを受け、メラノサイトのはたらきが止まるとしても、白くなるのはその後に作られる髪の毛だけということですね。

 

 

つまり、筆者の知っている事件の被害者は、半分該当していたわけです。その被害が、長期間にわたっていたからですね。

 

先生

この事件の場合、長期間にわたって甚大なストレスを負っていたんだ。だから当然、『その後に作られた髪の毛』は、白髪だったと想定できることになる。全く、聞いた時は耳を疑ったけどね。どの道ストレスが人間に与える影響は、甚大だね。
うーむ!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. ストレスは万病の元。
  2. 人間の身体にはNK細胞(ナチュラルキラー)という『警備隊』がいる。
  3. ストレスは脱毛を生み出す可能性がある。
  4. ストレスによって引き起こされることをチェックする。
  5. 円形脱毛症の場合は、精神的なストレスとの関係が深い。
  6. 体内の要因で色が変わるということはない。
  7. 精神的なショックを受け、メラノサイトのはたらきが止まるとしても、白くなるのはその後に作られる髪の毛だけ。