『ヒト』を最適化しよう。

『自分の命を最も躍動させる為には、『働く』必要がある。』

疑うなら、試しに好きな食べ物を一年間三食連続で食べてみるといい。なぜ『飽きてしまう』のか。そこにカギがある。

この黄金律の至言

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

簡潔に

本当にまずは黙って、真夏の太陽がジリジリと辺りを焼き焦がす中、一日中、ぬるい水道水一つペットボトルに入れ、山道を歩き回るといい。熱中症にならない程度に、最低限の水分補給はする。そうして6時間ほどしてから、冷たい飲み物を自動販売機か何かで買って、飲むのだ。

 

では一体なぜ、この飲み物はこんなにも心身に染み渡るのだろうか。6時間前、何不自由なく、いつでも飲もうと思えば飲めるその時、この味を味わうことは出来ただろうか。これは、人間にとって極めて重要な『仕組み』の話である。

 

黄金律の実力を知るための記事

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

わかりやすいイメージ・ヒント

ヒント1
土日が楽しく、月曜が憂鬱だというサラリーマン。その背景にある心理はどういうものなのか。
ヒント2
なぜ土日(休み)が楽しいものなのであれば、毎日が土日のプー太郎たちは、心にある種の闇を抱えているのだろうか。

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

同じ的を射た偉人(6)

政治家・リーダー(1)

 

哲学者・思想家(2)

 

作家・小説家・詩人(3)

 

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)