『ヒト』を最適化しよう。

睡眠薬の効果と副作用。大量に飲むと本当に死ぬのか?

睡眠薬の副作用はある?大量に飲むと本当に死ぬの?

どんな薬にも副作用はあります。また、現在の睡眠薬は大量に飲んでも死にません。

現在の睡眠薬は副作用も非常に少なく、長期間使用しても問題ありません。昔の睡眠薬は呼吸機能や循環機能を抑制する作用があったため、大量にのむと死亡したり、依存性が高かったりして問題がありました。しかし最近は呼吸機能や循環機能に影響を与えない睡眠薬の開発が進み、現在処方されている脳の中のベンソジアゼピンという受容体に作用する睡眠薬は、こうした副作用はほとんどありません。

 

ただ、どんな薬でも用法用量を間違えて服用したり、体に合わない、体調に合わないということはありますので、油断することはできません。また睡眠薬には『超短時間型』、『短時間型』、『中時間型』、『長時間型』の4つがありますので、それを使い分けることが求められます。

先生

睡眠薬の大量服用で死ぬっていうイメージが強いけど、もうできないみたいだね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

記事の詳細を見ずに他の関連記事を探す

夜中にトイレで起きる原因は?睡眠前に『飲んではいけないもの』『アルコール・カフェイン・お茶・寝酒(ナイトキャップ)』睡眠不足で『糖尿病・高血圧・動脈硬化』になるリスクが上がる?女性の生理前後は睡眠不足になる?睡眠中のいびきや無呼吸は危険?原因と対策は睡眠前に読書をすると寝られる?寝られない?

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する

その他のカラダ系記事を見る

  1. 食事・ダイエット
  2. 薄毛・育毛
  3. ワキガ・体臭
  4. ニキビ・肌荒れ
  5. 口臭・歯周病
  6. 便秘・デトックス
  7. ストレス・血流
  8. 入浴・冷え
  9. 細菌・ホルモン
  10. その他

今回の詳細記事の目次

  • 不眠症と睡眠薬
    • 睡眠薬はそもそも使用していいの?
    • 大量に飲むと死ぬ?
    • 睡眠薬Q&A
    • 安全な睡眠薬がある
    • 種類を使い分けて利用する
    • 依存性
    • 効果の低下(耐性)
    • 併用してはいけないもの
1 2 3 4