名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

老子 名言/格言

老子

 

老子とは(画像

中国哲学者。生誕紀元前6年頃。通称『道教創案の中心人物』。老子は中国道教を起こしたといわれる哲学者です。詳しい生没年は不明で、紀元前6世紀頃に活躍したといわれる説もありますが、伝説上の人物として扱われることもあったり、複数の人物を統合させたという説があったりします。老子の思想の中心になっているのは無為自然の思想です。宇宙の現象は、人の生死も含めて必然の法則が支配していて、何事にも私意は入り込む余地がないという、一種の運命論のようなものです。

 

ここから派生して、無から始まって無に帰るはずの人がさまざまな我執に振り回されてあくせくしているのは無駄なことなので、無駄な見栄や欲を捨てればもっと人生は楽しくなるはずだ、という考えを展開しています。中国ではとても幅広く信奉された思想ではあるものの、日本では孔子の儒教の方が受け入れられていたのはとても特徴的です。儒教の何かを禁ずる考え方とは対照的な老子の教えが厳しい戒律に縛られていた日本の封建文化には馴染まなかったということでもあります。

 

今日に伝わる名言としては、天は万物を生み出すが所有はしない。また育てもするが、支配しようとはしない、という言葉があります。老子が説いて回った戦争のない世の中、兵器が使用されない世の中など、平和を理想とした思想を象徴する、すべてのものは平等であるという真理を象徴した言葉です。近代の人権に対する考え方にも近く、改めて世界的に老子の教えが見直されている理由が理解できる言葉でもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

老子の言葉

 

 

『他者を知ることは知恵。自分を知ることは悟り。』

 

カテゴリー:知性/知恵

老子が実在していたかは定かではないらしいが、それはキリストが神の生まれ変わりかそうじゃないか、ということのように決着はつかないだろう。多くの人間に『居た』と認識されているのであれば、

>>続きを見る

 

『禍福は糾える縄の如し。』

 

カテゴリー:知性/知恵

災いと幸福は、縄が編まれる様に交互になって、訪れる。だから今、幸福だからと言って自惚れている暇はないし、不幸だからと言って落ち込んでいる暇はないのだ。アリストテレスは言う。

>>続きを見る

 

『禍は、足るを知らざるより、大なるはなし。』

 

カテゴリー:知性/知恵

何を手に入れても欲が出る。そんなにも悲惨な禍(災い)はない、という戒めだ。仏教の開祖釈迦(ブッダ)も、『足るを知る者は富む。例えば、水を飲むだけで人は、涙を流せる。』(超訳)

>>続きを見る

 

『その光を和らげ、その塵に同ず。』

 

カテゴリー:知性/知恵

いくら自分に『光り輝く才能』があったとしても、それを理由に傲慢不遜になることは許されない。日本航空(JAL)が破綻した理由もそれだ。

>>続きを見る

 

『大怨を和すれば、必ず余怨あり。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『遺恨(いこん)が残る』とは、『相手への恨みが残る』という意味である。ここでいう『余怨』という意味も、同じである。一度大きな恨みを買ってしまうと、遺恨が残るものだ。解決しても無駄だ。相手の心の根に根付いているから、消えない。

>>続きを見る

 

『泥水も、そのままにしておくと綺麗な水になる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

だが、『テロリズムが蔓延している国』はどうだろうか。本当に綺麗になるだろうか。もうずいぶん長い間、ろ過されていない現実がある。従って、『制裁』や『鎮圧』をしないままだと、

>>続きを見る

 

『器いっぱいに盛ってこぼすまいと心配しながら持っているくらいなら、程よいところで盛るのをやめた方が良い。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『器いっぱいに盛ってこぼすまいと心配しながら持っているくらいなら、程よいところで盛るのをやめた方が良い。刃物もあまり鋭利にすれば刃こぼれしたりして長く使うことはできない。』

>>続きを見る

 

『金持ちだからといって奢り高ぶれば、他人からとがめられる。成功し有名になった後、その地位から身を引くということは天の道にかなった行為だ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『黄金や宝玉を蔵にあふれるほど詰め込んだら、どうやってそれを守りぬくことができるだろう。金持ちだからといって奢り高ぶれば、他人からとがめられる。成功し有名になった後、その地位から身を引くということは天の道にかなった行為だ。』

>>続きを見る

 

『自ら自慢する者は業績を認められない。自ら才能を誇る者は、人の長になれない。このような行いはみんなが嫌う。よくわきまえた者は決してそういった行動はしない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

自分から見せびらかそうとする者は人々に知られない。自分は正しいのだと主張する者もその良さをまわりに認められない。自ら自慢する者は業績を認められない。自ら才能を誇る者は、人の長になれない。

>>続きを見る

 

『軽諾は必ず信をすくなくす。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『軽諾寡信(けいだくかしん)』とは、物事を軽々しく請け負うような人間は、信用できないということ。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP