『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

【女性と育毛】スーパー育毛フード『大豆』のイソフラボンの力で薄毛改善!

イソフラボンは育毛に有効なの?

イソフラボンは特に女性にとって重要な栄養素です。

女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするので、ホルモンバランスを整えるためにイソフラボンは有効です。それが崩れれば薄毛になることもあります。また、イソフラボンがAGAの原因であるジヒドロテストステロンの発症を抑制するとも言われています。とにかく過剰摂取さえしなければ女性にいいことずくめの成分だと言えるでしょう。

先生

イソフラボンってよく聞くけど、思っている以上に女性にとって嬉しい栄養素なんだよね!髪の毛にも影響があるよ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

女性と大豆の相性は抜群!

大豆を食べることで様々な恩恵を得られます。そして、薄毛の問題にも影響してきます。とくに女性が大豆を食べることはとてもいい効果を得られます。それは、女性ホルモンが関係しているからです。男性には女性ホルモンはそう多くないので、その面で『女性は大豆を食べるといい』ということになるわけですね。

 

 

しかし、大豆の持つパワーはとても大きいのです。思っている以上に大きいですよ。それでは、ちょっとだけ大豆のパワーについて考えてみましょう。大豆食のキーワードは、

 

  • たんぱく質
  • エストロゲン(女性ホルモン)
  • イソフラボン
  • ビタミンE
  • 亜鉛
  • カリウム
  • ポリフェノール
  • グルテンフリー
  • IGF-1

 

です。このすべての要素が、女性と髪の毛にとって、とても有効なのです。まずたんぱく質です。これは下記の記事にその有効性を書きました。それを見るだけで充分ですね。

 

 

簡潔にまとめると、たんぱく質の一種であるケラチンは、髪を育毛させるのに必要となる栄養素の99%を占めています。だからたんぱく質を摂取するということは、まるで『髪の毛の素材』を用意するのと同じ。素材を使って大工さんが家を建てるようなイメージを思い浮かべると、『まずは素材がなくては』ということですね。

 

 

また、下記の記事にも書いたように、

 

 

たんぱく質を『獣肉から摂取する』ということは実は美容にとってNGです。

 

  • レオナルド・ディカプリオ
  • ブラッド・ピット
  • トム・クルーズ
  • マドンナ
  • カルロス・サンタナ

 

などの世界のトップをひた走る人らは、加齢を抑える為に肉食をしていないというんですね。

 

STEP.1
肉を食べる
 
STEP.2
動物が生前溜めていた老廃物を摂取する
 
STEP.3
老化が促進される
動物性たんぱく質につき腸内に悪玉菌が増える。 

 

また、先ほどの『たんぱく質』の記事にも書きましたが、『最後に読む育毛の本』にはこうあります。

たんぱく質は納豆、豆腐、ブロッコリー、プロテインなどから摂取するほうが、獣肉から食べるよりも吸収率は高く、効率的に摂れます。ブロッコリーにもたんぱく質がある、というのは意外かもしれませんが、100g中、約3gのたんぱく質があり、体への吸収性は動物性たんぱく質よりも高いのです。

 

もちろん大豆は納豆や豆腐らと同じ植物性のたんぱく質ですので、良質なたんぱく質となります。したがって、『大豆からたんぱく質を摂る』ということは、『肉からたんぱく質を摂る』よりも、はるかに得られる恩恵が高いんですね。

 

バキバキに鍛えるアスリートならまた肉食の重要性もあるのですが、美容重視の女性となると、この話を見て見ぬふりはできませんね。肉を食べた後の興奮が『錯覚』なのだという事実を真正面から受け止める勇気と、知性が必要です。たまにはその錯覚にわざと浸ってもいいかもしれませんけどね。(私もそうします。。)

 

 

STEP.1
肉を食べる
 
STEP.2
残留アドレナリンを吸収する
 
STEP.3
一時的に高揚した状態になる
 
STEP.4
元気が出たと思うのは錯覚
 

 

先生

肉のたんぱく質より大豆のたんぱく質の方が体に良いっていう事実は、受け入れない人が多いだろうね!肉食はテンション上がるしね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『大豆からたんぱく質を摂る』ということは、『肉からたんぱく質を摂る』よりも、はるかに得られる恩恵が高い。
  • 肉を食べた後の興奮は『錯覚』。

エストロゲン(女性ホルモン)とイソフラボンの関係性

それから、エストロゲン(女性ホルモン)です。これは次の『イソフラボン』というキーワードを考えたときに見えてくるポイントです。

 

『2週間でおっぱいがグングン育つ! うっとり美乳塾』にはこうあります。

大豆

 

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれる。イソフラボンは血流をよくして、冷えをやわらげる効果も!特に発酵食品がおすすめ!

 

イソフラボンはこのようにして、エストロゲンと似た動きをしてくれますから、女性ホルモンが体の中で優位な状態を作りやすくします。下記の記事にも書いたように、

 

 

女性の場合、女性ホルモンが崩れると薄毛になりやすくなります。また、女性でもAGA(男性型脱毛症)になりますが、AGAの原因は『DHT(ジヒドロテストステロン)』です。

 

男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用がありますが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられるわけです。(ちなみに女性の場合は、アンドロステンジオンという物質からもDHTが生じます。)

 

薄毛

 

女性の男性型脱毛症は、血中のテストステロン濃度は男性の20分の1から10分の1と言われていますが、やはりテストステロンが代謝物のジヒドロテストステロン(DHT)となって毛の成長を妨げ、ヘアサイクルが短くなって発症します。

 

 

ですから、イソフラボンによって女性ホルモンが活性化すれば、男性ホルモンであるテストステロンの働きが劣位になるのです。

 

  • 女性ホルモン=優位
  • 男性ホルモン=劣位

 

にしたいということですね。優劣をつけたいのです。そう考えたとき、エストロゲンと似た動きをするイソフラボンは、とても有効なのです。

 

STEP.1
エストロゲンに似た働きを持つイソフラボンを摂取する
 
STEP.2
女性ホルモンが優位になる
 
STEP.3
男性ホルモンが劣位になる
 
STEP.4
ホルモンバランスの崩れが原因の薄毛の予防
 

 

先生

女性ホルモンのエストロゲンは、女性にとっての強い味方なんだ!最強の抗酸化物質ともいわれているからね!まさに若くあるためのホルモン!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれる。

AGAの原因であるジヒドロテストステロンの発症を抑制する?

また、

 

  • 亜鉛
  • イソフラボン

 

は、前述した『AGAの原因であるジヒドロテストステロンの発症』を、抑制する動きを期待できます。亜鉛とイソフラボンは、5α-リダクターゼを阻害する働きを期待できるからです。テストステロンと5α-リダクターゼが結合してジヒドロテストステロンになるわけですからね。

 

これは大変注目に値する動きですね。直接AGAの原因を阻止することができる食事は、そうないわけです。そういう意味で、大注目の成分ですよね。

 

先生

どこまで阻害する力があるかはわからないけどね!それで阻害出来たらこの世にAGAで悩む人はいないんだから!でも、阻害しない食品もあるわけだからね!
エリートには違いないっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 亜鉛とイソフラボンはAGAの原因であるジヒドロテストステロンの発症を抑制する。

抗酸化作用が髪の毛に良い影響を与える

また、大豆の中にはビタミンEも豊富に含まれています。ビタミンEは抗酸化作用を持つ栄養素です。抗酸化作用のある栄養素を摂れば、老化の原因である『酸化』を防ぐことができます。酸化の原因は『活性酸素』です。活性酸素対策になるということですね。

 

 

活性酸素というのは、

 

  • ニキビ
  • ED
  • 体臭
  • 薄毛
  • 老化(シミ、シワ等)

 

の他にも、実に様々な問題を引き起こす原因物質です。それを防ぐ効果があるビタミンEを摂れるのは嬉しいことですね。

 

STEP.1
活性酸素によって頭皮が酸化(老化)する
 
STEP.2
毛母細胞も老化する
 
STEP.3
髪の毛の土壌が老化することで髪の毛が弱弱しくなる

 

STEP.2
薄毛の原因となる
 

 

先生

コラーゲンが活性酸素の攻撃によって酸化することを老化と呼ぶけど、老化したコラーゲンは、肌の力を弱めていくことになるから、薄毛に影響してくるんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ビタミンEの抗酸化作用で酸化を防ぎ、脱毛を予防できる。

バストアップ、冷え性、便秘の改善にも有効?

それだけではありません。『2週間でおっぱいがグングン育つ! うっとり美乳塾』にはこうあります。

大豆・ナッツ類・かぼちゃ・オリーブオイルなど

 

ビタミンEは血流をよくして、おっぱいにいい酸素や栄養素を届けることを助けます。冷え性の改善、アンチエイジングにも!

 

  • バストアップ
  • 冷え性

 

にも効果的です。

 

 

また、亜鉛と銅も豊富に含まれています。亜鉛というのは下記の記事にも書いたように、たんぱく質をケラチンに変えるために、必要不可欠な栄養素です。

 

 

また、前述したように、5α-リダクターゼを抑制する働きを期待できます。なんと大豆は、亜鉛とイソフラボンという、5α-リダクターゼを抑制する働きを持つ二つの栄養素を兼ね備えているのです。

 

それからですが、実は亜鉛を摂りすぎると、身体から銅が出てしまいます。銅は、体内の活性酸素を除去する働きをしてくれますので、先ほどの活性酸素の害悪を考えたとき、とても貴重な栄養素です。ですから、亜鉛を摂りすぎてしまったときに起きる『銅が出ていく』というデメリットを考えたとき、大豆のこの成分のバランスは、とてもありがたいのです。

 

薄毛

 

そして、カリウムです。下記の記事にも書いたように、玉ねぎにもカリウムが含まれていますが、ミネラルの一種であるカリウムは蠕動運動の活性化に欠かせません。

 

 

腸の蠕動運動が活性化されると『便秘』が改善されます。それはつまり、デトックスです。下記の記事にも書いたように、

 

 

  • ニキビ
  • 便秘
  • 薄毛

 

等々、カリウムの効果を考えただけで、これだけの美容効果を得ることができます。

STEP.1
便秘・頭痛・腰痛・虫歯になる
 
STEP.2
血液がドロドロになる

STEP.3
髪の毛に酸素や栄養素が回らなくなる
 
STEP.4
薄毛になる
 

 

先生

すごい栄養素だね!しかも全部髪の毛に有効な栄養素ばかり!便秘も間接的に薄毛予防になるからね!
たしかにこれはすごいっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ビタミンEは血流をよくし、バストアップ、冷え性の改善にも有効。
  • 大豆には亜鉛と銅も豊富に含まれている。
  • 亜鉛と銅はそれだけで髪の毛にとって必要不可欠。
  • 亜鉛にも5α-リダクターゼを抑制する働きを期待できる。
  • カリウムが腸の蠕動運動を活性化させて便秘を改善する。

ポリフェノールで更に抗酸化作用を促す!

また、大豆にはポリフェノールも含まれています。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール』にはこうあります。

抗酸化作用のある代表的なものはビタミン類やポリフェノール

 

抗酸化作用をもつ食品はいろいろとありますが、代表的なものはビタミン類とを含む食品です。なかでもビタミンA、C、Eは抗酸化作用が高いとされ、『ビタミンACE(エース)』と呼ばれています。ほかに、ポリフェノールやカロテノイドにも抗酸化作用があります。

 

実は大豆は『ビタミンA』だけは含有量が少ないのですが、この抗酸化作用だけを見てもそれ以外の栄養素で十二分にカバーしてますからね。つまりダイスは、

 

  • ビタミンE
  • ポリフェノール

 

といった豊富な抗酸化作用を含んでいるわけです。

 

先生

抗酸化作用ということだけに着目してもすごいね!女性は喉から手が出るほど欲しい栄養素だよ!酸化は=老化だからね!
うーむ、すごい!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 大豆はビタミンE、銅、ポリフェノールといった豊富な抗酸化作用を含んでいる。

しかも大豆はグルテンフリーだ!

また、グルテンフリーという問題で考えてみましょう。グルテンフリーについては下記の記事に書きましたが、

 

 

大豆はそのグルテンフリーの食品の一つです。その記事で血糖値に影響する『GI値』について書いていますね。『GI』とは、食後血糖値の上昇を示す指標のことです。これが高い食事は、血糖値が上がりやすいんですね。

 

 

そして記事ではこう書いています。

 

大豆、ゆで 15
白いパン 77

 

グルテンフリーの代表食である大豆と、グルテン食品の代表食である白いパンのGI値ですね。55以下の食品を低GI食品、70以上の食品を高GI食品とするわけですから、大豆がどれだけ『低GI食品』かどうかがわかりますね。こういう低GI食品を食べることの恩恵は記事に書きました。

 

  • スイーツの間食
  • ジャンクフードやスナック菓子のドカ食い
  • 鬱病
  • ヒステリック
  • 情緒不安定

 

 

などの予防にも繋がり、ストレス対策にもなります。つまりこの問題の背景にあるのは、

 

  • ストレス
  • 高脂肪・高カロリー食品
  • 化学調味料・添加物食品

 

等への対策。それはつまり、さまざまな脱毛症の予防にもつながっているんですね。

 

 

STEP.1
高GI食品を食べる
 
STEP.2
血糖値がグンと上がる
 
STEP.3
血糖値がグンと下がる
 
STEP.4
鬱的になる
 
STEP.5
ドカ食いをする
 

先生

目を凝らせばわかるけど、本当に高GI食品を食べている人って、せっかちで落ち着きがなく、起伏が激しい人が多いんだ!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 大豆はグルテンフリーかつ『低GI食品』であり、その恩恵は大きい。

とどめはIGF-1という成長因子

さらに、『IGF-1』という成長因子にも効果を発揮します。下記の記事でIGF-1については知っていただくとして、

 

 

『髪の悩みがみるみる解決する100のコツ』にはこうあります。

カプサイシンとイソフラボンのW効果で薄毛や抜け毛を改善する『大豆+トウガラシ』

 

大豆に含まれるイソフラボンには、知覚神経に存在する『カルシトニン遺伝子(CGRP)』という物質を増やす働きがあります。

 

IGF-1の実力を主張する岡嶋教授からすれば、大豆にはIGF-1を増加させる働きがあり、それだけでも薄毛の改善になるのです。

 

先生

これらの成長因子がどれだけ髪の毛に有効かはまだまだこれから検証されていくけど、成長因子に期待されていることは間違いないんだ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 大豆にはIGF-1を増加させる働きがあり、それだけでも薄毛の改善になる。

ただし、過剰摂取は女性乳房化の原因

こうして考えると、大豆はまさに『対薄毛スーパーフード』ですね。ただし、いつも食事系の記事では書いていますが、『食べすぎ』には注意しましょう。下記の記事に書いたように、

 

  • シナモン
  • 亜鉛
  • たんぱく質

 

 

という髪の毛に有効な栄養素も、食べすぎると問題が発生ます。大豆を食べすぎると、それが男性だった場合、摂りすぎると女性乳房化といって胸が女性のように膨らんでしまう危険性もあります。

 

また、『カロリーSlism』にはこうあります。

しかし、大豆はタンパク質や脂質に富んでいることからカロリーが高いため、食べ過ぎないよう注意が必要。

 

いくら美容や髪の毛にいいからといって食べすぎると違う問題が出てしまいますので、何事も『やりすぎ』はNGですね。

 

先生

胸が女性のように膨らむってことは、女性にとっては結局バストアップを期待できるってことだしね!過剰摂取はなんでも体に毒だけど、結果的に大豆はまさに『対薄毛スーパーフード』だね!
うーむ、これはすごい!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 大豆はまさに『対薄毛スーパーフード』。
  • ただし、過剰摂取は女性乳房化の原因。