名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

明石家さんま 名言/格言

明石家さんま

 

明石家さんまとは(画像

日本芸人ビートたけしタモリと並んでお笑い界のビッグ3と言われている明石家さんまは、1955年7月1日に和歌山県で生まれたお笑いタレントです。彼はお笑いタレントとしても抜群の才能で毎日お茶の間を楽しませてくれますが、持っている才能の幅はとても広く、歌手やラジオパーソナリティ、俳優などとしても活躍しています。デビュー当時は物まねや漫談などをメインに活動していましたが、天才的な話術と、どんな話題でも面白くお茶の間を笑わせてくれる才能が高く評価され、1980年代からはテレビ番組の司会を中心に活躍しています。

 

芸名である「さんま」とは一体何のことなのか疑問に感じている人も多いのですが、実は彼の実家の方で水産加工業をしていたため、魚のサンマが起源になっているようです。幼少期には家庭が貧しく、親の気を引くために何か楽しい事を言おうと無意識のうちに考えながら生活していたことが、現在の底なしの明るさのもとになっているのではと考えられています。どんな苦境でもネガティブになってしまうことがなく、常に前向きに生きる彼の姿は、「人生、生きてるだけで丸儲け」という名言からも垣間見ることができますね。

 

歴史的な偉人が残す名言は、大人にとっては奥深く納得できるものが多いのですが、現在でもテレビで毎日見ることができる明石家さんまが発する名言は、子供達や若者にとってはずしんと心に響くものが多いようです。例えば「20代の借金は貯金だ」「人生は修行なんだ」「不安からは何も生まれない。続けていれば必ず良くなるはず」などは、親が子供に教えたい事もたくさん含んだ名言といえます。

 

 

BIG3と松本人志の実力がよくわかる記事

黄金律

BIG3やダウンタウンやとんねるずの実力がよくわかる記事があります。

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

 

 

スポンサーリンク

 

明石家さんまの言葉

 

 

『他人の力を利用したら芸能人として未来はない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

私は彼を物心がついたときからテレビで観ている。もちろん、後輩であるダウンタウンやナインティナイン、とんねるず、彼の戦友だった島田紳助、先輩のビートたけしもタモリも全て観てきている。

>>続きを見る

 

『生きてるだけで、丸儲け。』

 

カテゴリー:人生/生死

ネット上の情報をどこまで信用するべきかは問題だが、それは紙でもテレビでもどんな媒体でも同じことだ。

>>続きを見る

 

『追い詰められなきゃダメなんですよ、なんでも仕事は。 ゆっくりやるとロクなことないですね。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

私の部下が5年前に言った発言は、時空が歪むものだった。『僕は一生現実逃避をして生きていきます。』これを言われた上司、指導者は一体どうすればいいだろうか。一緒に考えて頂きたい。

>>続きを見る

 

『彼女の過去は彼女の歴史なんやからそれを否定すな!』

 

カテゴリー:人生/生死

男は、女の最初の男になりたがり、女は、男の最後の女になりたがると言う。 これを考えただけでも、『俺の前に男がいることは許さん』という男の願望が、浮き彫りになっている。

>>続きを見る

 

『結婚はゴールではない!スタート!しかも途中から障害物競争に変わる。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

モンテーニュは言った。『結婚は鳥カゴのようなものだ。カゴの外の鳥は餌箱をついばみたくて中へ入りたがり。カゴの中の鳥は空を飛びたくて外へ出たがる。』

>>続きを見る

 

『女は毎日、生まれ変わんねん。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

確かに男よりも、女の方にそういう印象を抱く。それは一体なぜだろうか。PRESIDENT2014.9.29号にはこうある。

>>続きを見る

 

『満点は星空だけでいい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

どちらにせよ人間は『満点』になどなれないのだ。宮沢賢治は言った。『永久の未完成、これ完成である。』満点には一生なれない。だが、だからといって満点を追い求めることをやめない。こんな姿は、人間が出来る最高の姿なのである。

>>続きを見る

 

『20代の借金は貯金や。』

 

カテゴリー:お金/資産

『バネ』である。あれにかかる、『圧力』である。それがなければ、『エネルギー源』が捻出されない。かくのごとく、若いうちの借金とは、エネルギー源の捻出に他ならない。『投資』だ。

>>続きを見る

 

『何とも思われないよりは嫌われるほうがマシ、 好きに変わる可能性が残っているから。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

最も可能性が低いのは、『箸にも棒にも掛からぬ』状態である。微妙というか、凡庸というか、普通すぎるというか、そういう退屈な印象は、そのまま空虚な世の中の気の流れに打ち消され、次第に記憶から消えていく。

>>続きを見る

 

『人間生まれてきた時は裸。死ぬ時にパンツ一つはいてたら勝ちやないか。』

 

カテゴリー:人生/生死

明石家さんまの番組は大体見てしまう私からすれば、思わず笑ってしまう、一休さんのようなとんちの効いた、かつ心に残る名言である。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP