『ヒト』を最適化しよう。

ドストエフスキー『真の紳士は、持てる物をすべて失ったとしても感情を表してはならない。お金はまったく紳士の関心の外にあることであり、気にかける価値もない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ここで言う『紳士』は、『武士道』にも『騎士道』にも似ている。全国共通の粋でお洒落な、格好いい心構えというものがあるのだ。お洒落というと、浅薄な人間が寄ってきてしまいそうだが、例えば食事をしているとき、同じレストランに知り合いがいて挨拶をして、帰りの支払い時に、『お知り合いがもうお支払いくださいました』と言われれば、それはお洒落だろう。そういう表現となる。そして粋だし、格好いいのである。

 

また、ゲーテはこう言い、

 

安岡正篤は言った。

 

また、新渡戸稲造の著書、『武士道』は、実にそうそうたる人物と照らし合わせ、その道について追及していて、奥深い。キリストアリストテレスソクラテスプラトン孔子孟子ニーチェエマーソンデカルト織田信長徳川家康豊臣秀吉、 枚挙に暇がない。本にはこうある。

『武士道においては不平不満を並べ立てない不屈の勇気を訓練することが行われていた。そして他方では、礼の教訓があった。それは自己の悲しみ、苦しみを外面に表して他人の湯快や平穏をかき乱すことがないように求めていた。』

 

つまるところ、自分の精神を支配できる人間こそが、紳士であり、武士であり、騎士であり、そして男というものだ。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』

同じ人物の名言一覧