『ヒト』を最適化しよう。

ドストエフスキー『利口な女と嫉妬深い女とは、おのおの異なった、まったく別個なものである。したがって、どんなに利口な女でも、同時に嫉妬深い女になることができる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

マリリン・モンローは言った。

 

私はその記事に、『別にそういう女性が賢い女だとは思わない』と書き、また、『百歩譲って賢くても、決して格好良くはない』とも書いた。どちらかというと、ドストエフスキーの言うように、『利口な女と嫉妬深い女は違う』のであり、彼女が言う『賢い女性像』は、器が小さく、我が儘で、かつ繊細で、必死な、自己中心的な『嫉妬深い女』の様な印象を受ける。

 

しかしその後に『どんなに利口な女でも同時に嫉妬深い女になることが出来る』と言っていることから、別にどちらでもいいということだ。賢くもあり、嫉妬深くもあるのが、女性なのである。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧