名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

徳川家康 名言/格言

徳川家康

 

徳川家康とは(画像

日本武将。生誕1543年通称『三英傑』。織田信長豊臣秀吉と並んで三英傑と呼ばれる。長く続いた下剋上の戦国時代に終止符を打ち、265年続く徳川幕府の基盤を築き上げた徳川家康は、現在の愛知県にある三河で生まれた戦国大名です。

 

幼少期には今川家の人質として過ごしますが、桶狭間の戦いによって今川軍が敗れると、チャンスを逃さずに岡崎城を乗っ取り、織田信長と手を組んだことでめきめきと手腕を発揮しました。日本の戦国大名にはいろいろなタイプがいましたが、その中でもチャンスが巡ってくるまでじっと待つことを知っていた彼の性格は、「鳴かぬなら なくまで待とう ほととぎす」にもたとえられています。ちなみに織田信長は「鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす」とカッとなりやすい性格だったようですし、豊臣秀吉は「鳴かぬなら 鳴かせてみよう ほととぎす」と発想の転換が上手だった人物と言われています。

 

そんな徳川家康が後世に残した名言はたくさんあります。その中でも良く知られているのは「決断することはそれほど難しいことではない。本当に難しいのは、その前に熟考することである」と言うものがあります。人生の大半を天下を取るための方法を熟考しながら過ごし、わずかなチャンスを確実にものにしてきた彼の言葉だと考えると、まさにその通りだと納得できます。

 

「真面目で主君思いの良臣は、家臣の中でもトップクラスの優等生。しかし、心根はそれほど優秀でなくても、秀でた特技があるのなら雇ったほうが良い」と言うのも彼が残した名言です。私たちの生活の中でも生かせる場面がありそうな言葉です。

 

 

スポンサーリンク

 

徳川家康の言葉

 

 

『人の一生は、重き荷を負うて遠き道をゆくがごとし。いそぐべからず。不自由を常と思えば、不足なし。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

3歳にして母と別れ、6歳にして人質に出され、自分の実の娘と妻を殺害せざるを得ない苦難を強いられた家康。この前置きを聞いた上で、改めてこの言葉を聞くと違うだろう。

>>続きを見る

 

『戦いでは強い者が勝つ。辛抱の強い者が。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

さすがは、『ウグイスが鳴くまで待つタイプ』だ。この辛抱強さが長い目で見て、甚大な強さを発揮する。『勝機』とは、自分の思ったタイミングにあるわけではない。

>>続きを見る

 

『勝つことばかり知りて、負くることを知らねば、害その身に至る。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

徳川家康はこうも言う。『人の一生は、重き荷を負うて遠き道をゆくがごとし。いそぐべからず。不自由を常と思えば、不足なし』

>>続きを見る

 

『大事を成し遂げようとするには本筋以外のことはすべて荒立てず、なるべく穏便にすますようにせよ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『キャズム理論がわかる本』にはこうある。ホールプロダクトを一社ですべてまかなうことも考えられます。しかし、企業はコアに集中し、コンテクストをアウトソーシングすることが、 企業価値を高める上でも重要です。

>>続きを見る

 

『いさめてくれる部下は、一番槍をする勇士より値打ちがある。』

 

カテゴリー:知性/知恵

土壇場で人は、平常心を保てない。今、平常心を保てているのは、土壇場ではないからだ。土壇場とは、平常心を失ってしまう、窮地のことである。例えば自分の最愛の妻や子供が、死んでしまうという場面。

>>続きを見る

 

『得意絶頂のときこそ隙ができることを知れ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『勝って兜の緒を締めよ』と言うが、せっかく勝負に勝ったのに、それに喜んで油断して、兜を付けているのを忘れ、その紐で首が閉まって死んでしまっては情けない。

>>続きを見る

 

『私はケチだから麦飯を食べているわけではない。いま天下は乱れに乱れ、領民も安らかな日は一日もない。そんななか私一人が暖衣飽食などできるものか。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『私はケチだから麦飯を食べているわけではない。いま天下は乱れに乱れ、領民も安らかな日は一日もない。そんななか私一人が暖衣飽食などできるものか。私が麦飯を食っているのも、少しでも節約して軍資金に回すためなのだ。』

>>続きを見る

 

『明日はきっと一戦あるなというようなときは、首をよく洗っておけ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『明日はきっと一戦あるなというようなときは、首をよく洗っておけ。武士たるもの、生きているときは鬼神のように戦い、死しては誉を永遠に残せるよう心掛けよ。』

>>続きを見る

 

『心ばえはそこまで良くなくても、何か優れた能力を持った者ならば採用すべきだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『真面目で、主君思いで、協調性もあり、勤勉な上に仕事もできる。そんな心と能力を持った人間はトップクラスの良臣だ。

>>続きを見る

 

『放っておけ。それより書いてある内容が見たい。予のためになるものもあるだろう。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『クレームは宝だ。』そう言う事が出来る企業は強いと言われている。確かにズバリと言われるその指摘は的を射ていて、受け止める為には受け取り側に、ある程度の器が無ければならない。

>>続きを見る

 

『人質は長くとっておくと、親子であっても親しみが薄れて効果がなくなる。恩愛に溺れて人質を捨てかねるものである。』

 

カテゴリー:教育/愛情

関ヶ原の戦いで徳川家康が勝利して覇権を確立すると、諸大名は徳川氏の歓心を買うため江戸に参勤するようになった。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP