名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

デカルト 名言/格言

デカルト

 

  • 1.デカルトとは
  • 2.名言
  •  

    ルネ・デカルトとは(画像

    フランス哲学者。生誕1596年通称『合理主義哲学の祖/近世哲学の祖』。デカルトは1596年生まれで、17世紀に活躍した哲学者・数学者です。特に合理主義哲学・近世哲学の分野においては祖とされ、『我思う、ゆえに我あり。』という名言が知られています。フランスで生まれ、10歳の時にイエズス会のラ・フレーシュ学院に入学しました。この学院はフランスの王のアンリ4世が邸宅を提供したことで有名です。

     

    優秀な生徒であったデカルトは18歳で卒業し、その後ポワティ大学で法学と医学の勉強をしました。そして、数学者のフランシス・ヴィエアを始め数々の人物と会い、交流を広げていきます。その後はドイツやローマなどを転々とした後オランダへと移住し、「方法序説」や「哲学原理」などの著作を発表しました。

     

     

    デカルトは数学者らしく、真理探究のための規則(ルール)を作りました。それが『方法的懐疑』です。

     

  • 1.『明証』
  • 少しでも疑いのあるものは受け入れない。明確に正しいとわからない限り、真理と認めてはならない。

     

  • 2.『分析』
  • 問題はできる限り細分化する。問題をできるだけ小さな要素に分ける。

     

  • 3.『総合』
  • 単純なものから複雑なものへと順序だてて分析する。

     

  • 4.『枚挙』
  • 見落としがなかったか確信が持てるまで再確認する。すべての個所に見落としがないと確認できるまで検討を繰り返す。

     

    検討

     

    そうやって疑い続け、捨て続ければ、正しく確実なものだけが残り、真理に到達すると考えました。しかしデカルトは、そうして考え続けていくうちに、一時的に『確かなもの』が何であるかがわからなくなりました。

     

    ですが、『今こうやって考えていること、これだけは疑いようのない事実だ』という結論に至り、『我思う、ゆえに我あり。』いう言葉が捻出されたのです。

     

     

    スポンサーリンク

     

    デカルトの言葉

     

     

    『我思う、ゆえに我あり。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    考える主体としての自己(精神)とその存在を定式化したこの、「我思う、ゆえに我あり」は、哲学史上でもっとも有名な命題の1つであるとされている。『方法序説』にはこうある。

    >>続きを見る

     

    『精神を思う存分働かせたいと願うなら、体の健康に留意することだ。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    何しろ私は今少し寝不足だが、先日の快眠出来た日と比べて、頭の回転が重い。この時点で、もうデカルトの言葉の意味が理解できるのである。 人間は賢い。

    >>続きを見る

     

    『難問は分割せよ。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    やるべきことがたくさんあるとする。メールの返事、緊急の仕事、冠婚葬祭、ファイル整理、部下の教育、家庭のイベント、その他の人間関係、接待交際、

    >>続きを見る

     

    『欠陥はいつも、それを取り除くために必要な変化よりはずっと耐えやすいものとなっている。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    と、いう事実が、私の部下の成長の足を引っ張っている。バーナード・ショーは言った。『人は習慣を好む、なぜならばそれを作ったのは自分だから。』

    >>続きを見る

     

    『賛成の数が多いからと言って、何一つ価値のある証拠にはならない。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    『方法序説』にはこうある。『ただ一人の人がそういう真理を見つけ出したという方が、国中の人が見つけ出したと言うより、はるかに誠らしいから、

    >>続きを見る

     

    『もしあなたがほんとうに真理を探究するなら、いちどは自分の人生におけるすべてのものを可能な限り疑わなければならない。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    『方法序説』にある一文だ。そこにはこうもある。『賛成の数が多いからと言って、何一つ価値のある証拠にはならない。』自分の身の回りに蔓延している常識や

    >>続きを見る

     

    『疑いは知のはじまりである。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    ガンジーは言った。『あらゆる改革は、不満を抱くことから始まった。いままで当たり前のように受け入れられていたものを、嫌悪するようになったとき、人は初めてそれを捨てることができる。』かの『四聖』に数えられる

    >>続きを見る

     

    『良き書物を読むことは、過去の最も優れた人達と会話をかわすようなものである。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    吉田松陰はこう言い、『読書というものは、最もよく人の心を変えるものである。書というものは、何と恐るべきものだろうか。』ソクラテスは、

    >>続きを見る

     

    『最高の学問とは、世間という厖大な書物から学ぶことである。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    『厖大(膨大)』と読む。つまり、デカルトは、『良き書物を読むことは、過去の最も優れた人達と会話をかわすようなものである。』

    >>続きを見る

     

    『良識はこの世でもっとも公平に配分されているものである。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    『良識』というのは、物事の健全な考え方、という意味である。その良識が、この世でもっとも公平に配分されているということは、まず『法律』や『しきたり』が世界中の各地に蔓延していて、そこに一定の『常識』が広がっている。

    >>続きを見る

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ


    ↑ PAGE TOP