名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

アリストテレス 名言/格言

アリストテレス

 

アリストテレスとは(画像

古代ギリシャ哲学者。生誕紀元前384年通称『西洋最大の哲学者の一人』。アリストテレス(BC384~BC322年)は古代における最大の哲学者で、古代ギリシアの叡智を代表する存在として有名です。かのアレクサンドロス三世の教師でもありました。

 

また、プラトンの弟子であり、ソクラテスからプラトンへと受け継がれたギリシア哲学を集大成し、さらには現在で言うところの生物学者の面も持ち合わせており、後世に与えた影響は絶大で「万学の祖」という評価も得ています。とくに中世ヨーロッパにおいては学問を象徴する存在となり、またイスラム社会にも深い影響を及ぼしました。

 

「自然学」「天体論」「霊魂論」「形而上学」など、著作が多数あります。これらのタイトルを見ただけでも、いかに幅広い分野で活躍したかが窺えます。もちろん現在から見ると誤りも多いのですが、その学問に対する姿勢や客観性を重んじた研究は高く評価されています。

 

 

スポンサーリンク

 

アリストテレスの言葉

 

 

『人生はチャンスと変化に富んでいる。そして最も栄えているときに、人は大きな不幸に見舞われる。』

 

カテゴリー:成功/幸福

ソクラテスの弟子であるプラトンの弟子。アリストテレスは、アレクサンドロス大王の家庭教師を務めていたことでも知られる。ソクラテス、プラトンと共に、『西洋最大の哲学者』であると言われている。

>>続きを見る

 

『失敗にはいろいろな道が考えられるが…成功にはひとつの道しかない。』

 

カテゴリー:成功/幸福

マクドナルド兄弟と手を組み、マクドナルドをここまで大きく飛躍させたレイ・クロックの自伝、『成功はゴミ箱の中に』の巻末付録で、柳井正と孫正義が対談でこう言っている。

>>続きを見る

 

『宴会と同じように、人生からも飲みすぎもせず、喉が乾きもしないうちに立ち去ることが一番良い。』

 

カテゴリー:知性/知恵

これは『美学』の話ではない。『そうなっている』のだ。宴会を一番楽しめるのは、そのタイミングで宴会を終わらせることなのである。あるいは聖書の『伝道者の書 5章』にこうある。

>>続きを見る

 

『友情とは二つの肉体に宿れる一つの魂である。』

 

カテゴリー:友情/仲間

ここにも書いたが、『いつかまた会えたら!!!もう一度仲間と呼んでくれますか!!!?』同じ目標に向かって、自分達の命をシンクロ(一つに)させる。私が確信する『仲間の定義』とはそれが出来るか、出来ないかということである。

>>続きを見る

 

『多数の友を持つ者は、ひとりの友も持たない。野獣は野獣を知る。同じ羽毛の鳥はおのずから一緒に集まる。』

 

カテゴリー:友情/仲間

『類は友を呼ぶ』ということだ。つまり、『多数の友をコレクションの様に集め、求めるような浅薄な人間』には、同じような類の人間が集まる。

>>続きを見る

 

『何かをすることを学ぶとき、我々は実際にそれをすることで学ぶ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

人を決めるのは運命ではない。自らの意志と、行動である。アリストテレスは言う。『何かをすることを学ぶとき、我々は実際にそれをすることで学ぶ。例えば、人は建てることで建設者になり、ハーブを奏でることでハーブ奏者となる。

>>続きを見る

 

『誰でも怒ることは出来る─それはたやすい。だが、適切な相手に、適切な度合いで、適切なときに、適切な目的の為に、適切な怒り方をすることは、たやすいことではない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

モンテーニュは言う。『我々の偉大で栄光ある傑作とは、ふさわしく生きることである。』あるいは、こうも言う。『賢者は、生きられるだけ生きるのではなく、生きなければいけないだけ生きる。』ある高名な脳科学者は、『天才の定義』を、

>>続きを見る

 

『実際に奴隷である人、あるいは自由民である人のすべてが、生まれながらに奴隷または自由民であるとは限らない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

アリストテレスが息をした時代には、奴隷制度があった。そして、キリストやブッダが息をした時代も同じだ。何しろ彼らを祖とするキリスト教や仏教という宗教が出来た背景には、この『奴隷制度』を直視した当時の人間の感情が深く関係しているのである。

>>続きを見る

 

『“垣根”は相手がつくっているのではなく、自分がつくっている。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えば人間一人一人を『異なった形の歯車』と考えた場合、(どうしても噛み合いそうにない)と思う、ある歯車に出会うことがある。しかし、

>>続きを見る

 

『革命は些細なことではない。しかし、些細なことから起こる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

芥川龍之介は言った。『人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。しかし重大に扱わなければ危険である。』燃えてしまったマッチ箱。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP