名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ゲーテ 名言/格言

ゲーテ

 

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテとは(画像

ドイツ詩人1749年8月28日に誕生したゲーテは、本名はヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテといい、ドイツの小説家・詩人・劇作家として執筆活動を行いながら、政治家や法律家としても活躍した人物です。デビュー作の「若きウェルテルの悩み」はヨーロッパ中に広く知られるほどの大ヒット作となりますが、晩年になっても彼の創作意欲は衰えることなく、生涯に発表した作品の数はとてもたくさんあります。その中でも代表的な作品には、「ファウスト」「ヘルマンとドロテーア」などがあります。

 

彼の名言には、「涙とともにパンを食べたことがある人でなければ、人生の本当の味はわからないものだ」「自分を信頼すること。そうすれば自分がどう生きたら良いのかが見えてくる」などがあります。とかく毎日の生活に没頭して人生や人間として生きる本質が見えなくなりがちな昨今においては、彼のこうした名言によってはっと我に返らされることもありますし、自分自身がどうしたら良いのか迷った時にも、一筋の光を与えてくれそうな名言がたくさんあります。

 

ゲーテは日本の文学界にも大きな影響を与えています。明治時代に入って諸外国の書物が本格的に国内に入ってきたことにより、彼の作品が翻訳されて日本で発売され、そうした作品を読んだ島崎藤村森鴎外など日本を代表する作家たちにも多大な影響を与えています。島崎藤村は晩年までずっとゲーテの作品を愛読していたほどで、彼への気持ちを表した「桃の雫」と言う作品も発表しているほどです。

 

 

スポンサーリンク

 

ゲーテの言葉

 

 

『救済法をあれこれ持ちだして、一体どういうつもりだ。最上の救済法は、この現在の瞬間を精一杯生きる事だ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

人間の目は前についている。それは、『ドラえもん』ののび太の教師曰く、『前を向くためについている』のである。だが、いささか人間の人生を見ていると、往々にして『前』よりも『下』や『後ろ』、

>>続きを見る

 

『人間の運命よ。お前はなんと風に似ていることか。』

 

カテゴリー:時間/運命

風は時に暖かく、この身を包み込む。だが、時に冷たく荒々しく、この身を芯から凍えさせる。ホイットマンは言う。『寒さに凍えた者ほど、太陽の暖かさを知る。人生の悩みをくぐった者ほど、命の尊さを知る。』

>>続きを見る

 

『喜んで行ない、そして行ったことを喜べる人は幸福である。』

 

カテゴリー:成功/幸福

『喜んで行う』のなら、わかる。自らやっているわけだから、そこには主体性があり、結果にも満足できるだろう。だが、『行ったことを喜ぶ』ということは、今の例以外の人の場合も当てはまるわけだが、主体的ではないのにどうしたら喜べるだろうか。

>>続きを見る

 

『時を短くするものはなにか―活動。時を絶え難くするものはなにか―怠惰。』

 

カテゴリー:時間/運命

日本でよく言われるのは、『小学生の6年間が異様に長かった』という感覚。往々にしてこの時代の日本人は、そう思うことが多いだろう。その理由の一つは、ゲーテの言う通り『活動』と『怠惰』が重要なポイントになっている。

>>続きを見る

 

『自分自身の道を迷って歩いている子供や青年の方が、他人の道を間違いなく歩いている人々よりも好ましく思う。』

 

カテゴリー:自己/精神

イギリスの小説家エドワード.F.ベンソンは言う。『自分自身に正直であることはなんと困難なことだろう。他人に正直である方がはるかにやさしい。』プエルトリコの詩人ロザリオ・モラレスは言う。『私は私。そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて。』

>>続きを見る

 

『10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私がこの言葉と出会ったとき、年齢は18歳だった。ここでいうなら、『お菓子と恋人』のちょうど中間にいて、もし本気を出して努力するなら、まだゲーテの言う言葉通りの人生を生きなくて済む可能性が私にはあった。

>>続きを見る

 

『涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

ホイットマンは言う。『寒さに凍えた者ほど、太陽の暖かさを知る。人生の悩みをくぐった者ほど、命の尊さを知る。』それがすべてを物語っている。私は中学生の頃、エアコンをガンガンに効かせ、

>>続きを見る

 

『僕はどうやらこの世における一個の旅人に過ぎないようだ。 君たちとてそれ以上のものだろうか?』

 

カテゴリー:人生/生死

この質問に、反論できるかどうかというところが、ポイントだ。反論できるとしたら、どういう反論があるだろうか。見当たらないのだ。我々は、どこへ向かうのだろうか。向かう先が見つかったとして、それは正解なのだろうか。

>>続きを見る

 

『青年は教えられることより刺激されることを欲するものである。』

 

カテゴリー:教育/愛情

正直このテーマはくだらないと思ってしまったことと、自分自身がまさにその通りだった為、それに戻らないように(くだらない)とくぎを刺すように思ったことが原因で、この言葉はスルーしようと一瞬思った。

>>続きを見る

 

『想像と理念、法則と仮説、この区別を理解することのできない人間は惨めである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

想像と仮説は『確定していない』。理念と法則は『確定している』。 断固としていて確固としている。それがあるか無いかという事である。

>>続きを見る

 

『私は人間だった。それは戦う者だということを意味している。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

しかし人間以外にも、あらゆる生命は外敵や天敵と闘い、身を守り、命を繋ぐ。それでは、ゲーテのいう『人間は戦う』というのはどういういことだろうか。いや、『人間も』ということだっただろう。その他の生命のその戦いを軽んじていたわけではない。

>>続きを見る

 

『財布が軽ければ心は重い。』

 

カテゴリー:知性/知恵

お金が無くて、劣悪な生活を強いられた人間がいる。一時は人を妬み、お金を怨み、世の中を憎んだが、彼の心に(何としても金持ちになってやる)という強い生きる炎の灯が燃え上がった。『ハングリー精神』である。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP