名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

織田信長 名言/格言

織田信長

 

織田信長とは(画像

日本武将通称『三英傑』。尾張の戦国大名、織田信長は1534年5月12日に生まれました。生まれた城は勝幡城と那古野城のどちらかと言われており、現在は前者の勝幡城説が有力です。幼名は吉法師。父は織田信秀、母は土田御前。2歳という若さで那古野城主となります。徳川家康豊臣秀吉と並んで三英傑と呼ばれる。

 

幼少期の織田信長は奇怪な言動を繰り返しており、周りの大人達から尾張の大うつけと呼ばれます。そんな信長の教育係だった平手政秀は、織田信秀が没して信長が家督を継いだ2年後に自害してしまいます。自害の理由は諸説あり、奇行をやめない信長を諫めるためであったとも、確執があったためとも言われていますが、いずれにせよ信長の奇行は収まることはありませんでした。ただし平手政秀の死は信長にとってショックな出来事だったようで、政秀のために政秀寺を建立し彼を弔いました。

 

家督を継いだ織田信長は、叔父の織田信光の協力のもと当時尾張の実権を掌握していた織田信友を殺害し、尾張国統一を果たします。更に勢力を拡大した信長は本格的に天下統一を目指し、室町幕府の滅亡とともに上洛。権大納言および右近衛大将に任じられた信長は、朝廷より天下人としてのお墨付きを手に入れます。

 

しかし1582年、中国遠征の準備のために立ち寄った本能寺で、明智光秀率いる明智軍が突然謀反を起こし本能寺を襲撃。本能寺の変が起こります。明智軍の兵相手に信長は自ら槍を手にして奮闘するも、多勢に無勢、最期は自ら居間に火を放ち自害したと言われています。享年49歳。

 

 

スポンサーリンク

 

織田信長の言葉

 

『臆病者の目には、敵は常に大軍に見える。』

 

カテゴリー:知性/知恵

明智光秀の謀反によって全国統一こそ成し遂げられなかったが、枠にとらわれない革新者として、日本一人気がある戦国武将こそ、織田信長その人である。この言葉にある通り、信長は『桶狭間の戦い』で、25,000もの大軍を率いる今川義元を、奇襲によって相手の10分の1の軍勢で打ち破った。

>>続きを見る

 

『生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。 心構えがまるで違う。これが大事だ。』これが織田信長の言葉である。

>>続きを見る

 

『攻撃目標一点に行動を集約せよ。むだな事はするな。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『カテゴリーの法則』というものがある。そして、『ボーリングピン戦略』というものがある。あるいは、『橋頭堡』という概念がある。これらの概念を知っている人は、もう何が言いたいかがわかった人である。

>>続きを見る

 

『人間の50年の生涯は儚いものだ。死なない者は存在しない。』

 

カテゴリー:人生/生死

それを考えると、『平均寿命が上がった』というのは間違いで、2500年前から、平均寿命は80歳と決まっているようである。

>>続きを見る

 

『その点、お前は塵に気付いて拾った。なかなか感心である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『人は心と気を働かすことをもって良しとするものだ。用を言いつけられなかったからといって、そのまま退出するようでは役に立たない。その点、お前は塵に気付いて拾った。なかなか感心である。』

>>続きを見る

 

『理想を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『理想を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。そのような者は廃人と同じだ。』

>>続きを見る

 

『必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

人生、世の中が『無限』だとしたら、人々はどれだけ『本気』になれるだろうか。極めて思慮浅く考えればこうなる。『不老不死を手に入れた』と。『死ななくて済む』と。

>>続きを見る

 

『器用というのは他人の思惑の逆をする者だ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

エッセイストE・M・グレイは言う。『成功した人々は、失敗した人々がやりたがらないことをやる。』あるいは、セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長兼CEOの、鈴木敏文はこう言っている。

>>続きを見る

 

『いつの時代も変わり者が世の中を変える。異端者を受け入れる器量が武将には必要である。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

坂本龍馬、岩崎彌太郎、スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグ、そして、かの『四聖』に数えられる、

>>続きを見る

 

『組織に貢献してくれるのは「優秀な者」よりも「能力は並の上だが、忠実な者」の方だ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

そもそも『組織』というもの、『チーム』というものは、『足並みを揃える』ことが、最も重要なテーマとなる。

>>続きを見る

 

『絶対は絶対にない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

だが、相対なら、絶対にありそうだ。絶対的に固定されているものはないが、相対的に物事を評価するということはある。

>>続きを見る

 

『戦に勝るかどうかと兵力は必ずしも比例しない。比例するかそうでないかは戦術、つまり自身にかかっているのだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『イノベーションは、研究開発費の額とは関係がない。アップル社がマックを開発したとき、米IBM社は少なくとも私たちの100倍の金額を研究開発に投じていた。大事なのは金ではない。抱えている人材、いかに導いていくか、どれだけ目標を理解しているかが重要だ。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP