『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

チェ・ゲバラ『これからは良い事をされたら100倍にして返せ!その代わり嫌な事をされたら100分の1にして返せ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

良いことをされたら100倍にして返し、嫌なことをされても100倍にして返す。当時の私は、こういう考え方だった。いや、違った。5倍くらいだ。そう考えると、『100倍』というところに意味があるのである。

 

ブッダの言葉の超訳記事、

ブッダ

 

にも書いたが、さしずめ私は、三島由紀夫く、

 

ということで、『自分本位』だったのだ。『自分さえ頑強な鎧帷子を着けて身を守れればそれでいい。』そういう風に、自分の事しか考えていなかったから、結果として人を傷つけ、その反作用の力を受け、それによってグッと押し返され、それで傷ついていたのである。

 

しかも5倍程度の範囲内だ。どうってことはない。死ぬわけでもないし。100倍の作用をすれば、100倍の反作用があるはずだ。私が受けたのはせいぜい5倍程度。それがただ鎧帷子と相まって20倍ほどに感じていただけで、実際は大したことが無い悩みだったのだ。『100倍』の動きというのは、とてつもない動きである。1万円分の食事をおごってくれた人に、100万円分の時計か高級バッグをプレゼントするのだから。

 

しかし、それぐらい『支点』がハッキリしていれば、そこに『入力』することで、やがて大きな『出力』を生む。良いことをしてくれた人は、してくれなかった人に比べて、まず間違いなく、『支点』である可能性が高い。レバレッジ効果を考えても、入力することに力を抜いていたら、それに比例して、返ってくる反作用の力も矮小になるだろう。

 

また、山本五十六がこう言うように、

 

人には寛大であるべきだが、自分には厳格であるべきである。傷ついたら傷ついた分だけ人は強くなる。つまり、自分がその人に仕返しをしないことで、相手には、こちらに渡したはずの鬱憤がどっさりと残り、自滅することになるし、こっちはこっちで、その『負の力』を逆に利用し、『トレーニングの負荷』と同じように考えることで、負の連鎖はそこで断ち切れるし、それどころか、その敵が、自分の精神を鍛えてくれた師匠たる存在となるのだ。

 

それに関しては、トルストイはこう言い、

 

ココ・シャネルはこう言い、

 

徳川家康はこう言った。

 

一目瞭然である。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧