『ヒト』を最適化しよう。

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。

この黄金律の至言

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

簡潔に

どれだけ長く生きるかについて頭を支配されている人間を傍から見たとき、その目にどう映るだろうか。かつて、私よりも二回りも三回りも年上の、とある人間がいた。彼女は、敬虔ななんたらという信仰を持ち、事業も『成立』させて、息子たちも『稼げる』人間に育て、順風満帆な人生を送っているシナリオに満足しているのはいいが、聞いてもいないのに自身の人生をやけに誇示し、正当化するあたりに違和感を覚え、

 

やっぱり死ぬのは嫌よね。

とある女性

 

と言った瞬間に、やはりそのメッキは剥がれた。

 

作家、武者小路実篤は言った。

 

漫画家、赤塚不二夫は言った。

 

その人物は『後、行ってないのはどこそこの国だけ』とか言って、海外旅行も十分に楽しんできたという。そして自分でも演じきっている様に、たくさんの『成功』を収めて来た『はず』だった。にもかかわらず武者小路実篤とは意見が一致しないらしい。さて、武者小路実篤や赤塚不二夫は、『血迷った』のだろうか。それとも、この彼女が人生に迷ったのだろうか。その答えを知っているのは、この世でたった一人だ。

 

黄金律の実力を知るための記事

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

わかりやすいイメージ・ヒント

ヒント1
一時的にそれで自分が『楽』な思いをしても、一生の単位で見ると決して『楽しい』ということにはならない。
ヒント2
人間が自分の生に執着することにより、どこかに『歪み』が起きる。

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

同じ的を射た偉人(37)

革命家(2)

政治家・リーダー(4)

発明家・ビジネスパーソン(4)

哲学者・思想家(7)

作家・小説家・詩人(13)

クリエーター・アーティスト(3)

科学者・学者(1)

身元不明(1)

四聖(2)

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)