名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

トルストイ『逆境が人格を作る。』

トルストイ


ロシア作家 トルストイ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ココ・シャネルはこう言い、

『人生がわかるのは、逆境のときよ。』

 

徳川家康はこう言った。

『重荷が人をつくるのじゃぞ。身軽足軽では人は出来ぬ。』

 

何しろ、『筋肉をつける』為には、まずトレーニング筋肉を『破壊』し、『たんぱく質』という補修材料を摂取し、『休養』中に補修工事を行い、それではじめて、トレーニング前より強い筋肉が出来上がる。

 

 

これは、『仕組み』なのだ。自分に負荷をかけずに、一回り大きくなるということはないのである。

 

つまり、その『負荷』を『逆境』と表現してもいいが、別に『修行』とか、『トレーニング』と表現してもいいわけで、それは自分が決めているということを知るべきである。

 

新渡戸稲造もこう言っているが、

『逆境にある人は常に「もう少しだ」と思って進むとよい。いずれの日か、前途に光明を望むことを疑わない。』

 

(よし!このトレーニングが終われば、一回りも二回りも成長してるはずだ!)

 

という考え方にシフト(転換)すれば、終わりだ。

 

ここで出たココ・シャネルも徳川家康もそうだが、偉人と呼ばれる人たちの共通点は、往々にしてこの『逆境』に堕ち、そしてそれを、『転んでもただは起きぬ』事を念頭に置き、命を燃やした、ということである。

 

例えば、以下の記事を見てみる。

 

黄金律

『偉人たちのとある『共通点』

 

 

ここに挙げた偉人たちはほんの一例だ。彼らは皆、一度は逆境に陥っている。むしろ、『強いられた』からこそ、彼らは偉人になっているのだ。この決定的な事実から目を逸らしてはならない。

 

病気、貧困、失敗、差別。その逆境の形は人それぞれである。だが、屈しなかった。生きるために燃やすべきエネルギーの炎を、絶やすことはなかった。むしろ、火が消えてしまいそうな最悪の環境を強いられたおかげで、ますますそのエネルギーの炎は、メラメラと燃え上がったのだ。そして、その燃え上がった炎は見る者を圧倒させるほどの大きなエネルギーとなった。

 

炎

 

これだ。

 

これが、逆境が人格を作るという言葉の意味だ。

 

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

トルストイ『逆境が人格を作る。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『汝の心に教えよ、心に学ぶな。』

 

『学問のある人とは、本を読んで多くのことを知っている人である。教養のある人とは、その時代に最も広がっている知識やマナーをすっかり心得ている人である。そして有徳の人とは、自分の人生の意義を理解している人である。』

 

『幸福は、己れ自ら作るものであって、それ以外の幸福はない。』

 

『慈善は、それが犠牲である場合のみ慈善である。』

 

『人間にとって最高の幸福は、一年の終わりにおける自己を、その一年の始めにおける自己よりも、遥かに良くなったと感ずることである。』

 

『悔恨がないのは、前進がないからである。』

 

『謙虚な人は誰からも好かれる。それなのにどうして謙虚な人になろうとしないのだろうか。』

 

『わたしたちは踏みなれた生活の軌道から放りだされると、もうだめだ、と思います。が、実際はそこに、ようやく新しいものが始まるのです。生命のある間は幸福があります。』

 

『強い人々は、いつも気取らない。』

 

『孤独なとき、人間はまことの自分自身を感じる。』

 

『愛とは、大勢の中からたった一人の男なり女なりを選んで、ほかの者を決して顧みないことです。』

 



↑ PAGE TOP