『ヒト』を最適化しよう。

『『生きる』ということの本当の意味とは。』

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。

この黄金律の至言

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

簡潔に

例えば、『剣』で考えてみよう。もちろん剣は、人を斬るために存在しているということになるが、今、その倫理については置いて考える必要がある。刀が武士の誇りであり、自分の腹をそれで割き、自決した時代があった。その様な時代の人間の気持ちになって考える必要がある。

 

では、その剣が、雨ざらしになって、鞘からも放り出され、物置の外に乱雑に置かれていたとしよう。その剣は、『思う存分能力を発揮できている』ことになるだろうか。剣が嫌なら、『包丁』でもいい。包丁は、調理用具だ。食材を調理をする為に作られた道具であり、 雨ざらしにして、錆びさせる為に作られた道具ではない。

 

 

この辺りの問題にふと頭をよぎらせたとき、自分の命は、それらと同じように『思う存分能力を発揮できている』だろうか。それとも『雨ざらしにあって錆びている』だろうか。もし錆びているなら、それは本当に『生きている』ことになるだろうか。『使命』。それは、『命を使う』と書く。人間の使命は、その命を使い切ることだ。

 

黄金律の実力を知るための記事

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

わかりやすいイメージ・ヒント

ヒント1
自分の命が躍動するときと、しないときがハッキリしていることが何を意味するのか。
ヒント2
唯一無二の命を本当に理解したとき、自分の生活に妙な違和感を覚える。

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

同じ的を射た偉人(45)

革命家(2)

 

政治家・リーダー(4)

 

発明家・ビジネスパーソン(4)

 

哲学者・思想家(8)

 

作家・小説家・詩人(16)

 

クリエーター・アーティスト(2)

 

支配者・将軍・軍師・棋士(1)

 

アスリート・剣豪(3)

 

科学者・学者(2)

 

 

身元不明(2)

 

四聖(1)

 

 

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)