名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

三島由紀夫 名言/格言

三島由紀夫

 

三島由紀夫(平岡 公威)とは(画像

日本作家。三島由紀夫は1925年1月14日に生まれ、1970年11月25日に割腹自殺を遂げた日本の作家、そして思想家です。作家としては日本の戦後文学を代表する作家のひとりとして挙げられるほどで、代表作としては仮面の告白、潮騒、金閣寺、鏡子の家、憂国、豊饒の海などがあります。作家として下積み時代に川端康成を訪ねたという記録が残っています。その際に小説中世と、煙草の原稿を渡しています。作家としは川端康成の庇護を受け、着々と力をつけていきました。

 

鎌倉文庫の幹部でもあった川端康成の力で作家として作品を発表した経緯もあり、生涯に渡って師弟関係になっています。この時期は太平洋戦争前後でもあり、敗戦後に川端康成が発した私はこれからもう、日本の悲しみ、日本の美しさしか歌ふまい、という言葉に深く感銘を受けたと言われていて、その後の思想家としての活動の根幹も川端康成が大きく関わっています。

 

三島由紀夫の晩年は政治的な思想家であり、その活動の一端として自衛隊に体験入隊もしています。その後民兵組織の楯の会を結成するなど、一作家の活動の範疇を超えていきました。その活動が一気に人目に晒されたのが自衛隊市ヶ谷駐屯地の襲撃です。楯の会の構成員4名と共に東部方面総監を監禁し、部屋の前のバルコニーで自衛隊員に向かってクーデターを促す演説を行い、割腹自殺を遂げました。この事件をきっかけにして新右翼が誕生するなど、日本国内の政治運動に色濃く影響を残した人物です。名言に、「右翼とは、思想ではなくて、純粋に心情の問題である」というものがあります。真の憂国者としての生き様を貫いた人物でもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

三島由紀夫の言葉

 

 

『まことに人生はままならないもので、生きている人間は多かれ少なかれ喜劇的である。』

 

カテゴリー:成功/幸福

三島由紀夫は、1925年~1970年の間を生きた。つまり、戦争を体験している。もうこれだけで、この言葉を考えるには十分の要素だ。

>>続きを見る

 

『青春の特権といえば、一言をもってすれば無知の特権であろう。』

 

カテゴリー:成功/幸福

作家、吉行淳之介は言った。『青春の時期は、いつの時代でも恥多く悩ましいものだ。もう一度やれと言われてもお断りしたい。』

>>続きを見る

 

『傷つきやすい人間ほど、複雑な鎧帷子(よろいかたびら)を身につけるものだ。そして往々この鎧帷子が、自分の肌を傷つけてしまう。』

 

カテゴリー:自己/精神

そこにも書いたように私は、複雑な思考回路、繊細な心、高いプライド、そういうポテンシャルを持って人生を生きている為、正直、この世は敵だらけだ。だから簡単に傷つかないようにするために、自己防衛としてやるのは当然、『鎧を着こむ』ことだ。

>>続きを見る

 

『法律とは、本来ごく少数者のためのものなのだ。ごく少数の異常な純粋、この世の規矩を外れた熱誠、……それを泥棒や痴情の犯罪と全く同じ同等の『悪』へおとしめようとする機構なのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

『規矩(きく)』とは、物差し、考えや行動の手本等という意味。『熱誠(ねっせい)』とは、熱情、まごころ等という意味。つまりこういうことだ。

>>続きを見る

 

『女が一等惚れる羽目になるのは、自分に一等苦手な男相手でございますね。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

確実性はないが、ある一説によると、娘が父親の臭いに敏感であり、異臭と認知することは、健全である。

>>続きを見る

 

『何のために生きてゐるかわからないから生きてゐられるんだわ。』

 

カテゴリー:人生/生死

例えば太宰治のこの言葉だ。『とにかくね、生きているのだからインチキをやっているのに違いないのさ。』それを考えた時、我々はまず、自分が生きるためにどんなインチキをしているか、ということに目を向けることになる。

>>続きを見る

 

『自殺しようとする人間は往々死を不真面目に考へてゐるやうにみられる。』

 

カテゴリー:人生/生死

否、彼は死を自分の理解しうる幅で割切つてしまふことに熟練するのだ。かかる浅墓さは不真面目とは紙一重の差であらう。しかし紙一重であれ、混同してはならない差別だ。』

>>続きを見る

 

『嫉妬こそ生きる力だ。』

 

カテゴリー:人生/生死

シェイクスピアは、『嫉妬する人はわけがあるから疑うんじゃないんです。疑い深いから疑うんです。』と言っているが、私も基本、この『嫉妬』に関しては、非常に、トラウマと言っていいほど、拒絶反応がある。

>>続きを見る

 

『男性は本質を愛し、女性は習慣を愛する。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

ドイツの劇作家、グラッペは、『女は深く見、男は遠くを見る。』と言ったが、この言葉とリンクするだろうか。そこにも書いている様に、このテーマについて言う時、

>>続きを見る

 

『若さが幸福を求めるなどといふのは衰退である。』

 

カテゴリー:成功/幸福

若い人間が幸福を追い求めるのと、年老いた人間が幸福を追い求めるのとでは違う。 そういうことを考えた時思い浮かぶのは何だろうか。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP