『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。

この黄金律の至言

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

簡潔に

他と違う意見を持っていることに気が付いた時。それは、『チャンス』だ。『幸運』だ。だが当然、それを言えば周囲の意見の同意は得られないだろう。何しろ自分は、周囲の意見と違う意見を持っているのだから。

 

おい、お前ちょっとさ、汚ねえよな!
うんうん、汚ない!それに何かちょっと、変な形してんな!

ははは!馬鹿みてえ!お前、汚くて、変な形してて、気持ち悪いよな!
どっか行けよお前!俺たちが正しくて、お前が間違ってるんだからさ!!

ははははははは!!

 

…と、アヒルたちは言うだろう。白鳥に向かって。

 

白鳥

 

出る杭は打たれるのが相場だ。だが、それは文字通り自分の存在が、他と比べて頭一つ抜きんでていることを意味する。抜群なのだ。それは文字通り、自分が群を抜く存在であることを意味する。その事実を受け、後はどうするかは自分で決めると良い。

 

彼らに有無を言わせない様な圧倒的な結果を出すことに心血を注いでもいいし、道を踏み外した彼らを、その類稀なる大きな器で包み込み、導いてあげてもいい。どちらにせよ、他と違う。それは恥ではない。誇りだ。

 

ニーチェソロー福沢諭吉宮沢賢治らに多大な影響を与えた、アメリカの哲学者、エマーソンは言った。

『だれでも教育を受けている過程で、嫉妬は無知であり、模倣は自殺行為にほかならないという確信に達する時期がある。』

 

黄金律の実力を知るための記事

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

わかりやすいイメージ・ヒント

ヒント1
この世に自分しか人間がいなかった場合、一切の劣等感も優越感も生まれていない。
ヒント2
この世の80%は『その他大勢の一人』に成り下がっているという事実がある。

 

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

同じ的を射た偉人(76)

革命家(1)

政治家・リーダー(2)

発明家・ビジネスパーソン(18)

哲学者・思想家(14)

作家・小説家・詩人(18)

クリエーター・アーティスト(7)

支配者・将軍・軍師・棋士(2)

アスリート・剣豪(4)

科学者・学者(4)

登山家・冒険家(1)

身元不明(2)

四聖(3)

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)