『ヒト』を最適化しよう。

『納豆、玄米、梅干し』がニキビに効く?ナットウキナーゼや整腸作用等の豊富な栄養素に注目!

梅干しとワキガ・薄毛

下記の記事に梅干しと薄毛、ワキガの関係性について書きましたが、ニキビとの関係性も調べてみましょう。

 

『本わさび、にんにく、梅干し』が薄毛改善に役立つ?育毛に関する噂と真相 『納豆、玄米、梅干し』がニキビに効く?ナットウキナーゼや整腸作用等の豊富な栄養素に注目!

 

『あたらしい栄養事典』にはこうあります。

梅 有機酸が豊富で疲労回復や整腸作用に有効

 

生の梅の実には有害な青酸化合物が含まれていますが、梅干しなどに加工するとこの成分は失われます。梅干しのすっぱさはクエン酸やコハク酸などの有機酸で、疲労回復効果があります。ただし、塩分が多いので食べすぎには注意しましょう。

 

体内のおもな働き

  • 消化酵素と唾液の分泌を高めて胃腸の調子を整え、食欲を増進します
  • カルシウムや鉄の吸収を促し、骨を丈夫にしたり、貧血予防にも
  • 二日酔いや便秘、神経痛の緩和など

 

このうち、注目すべき栄養素は、

 

  • クエン酸やコハク酸
  • 便秘改善

 

ですね。また、『図解 むし歯 歯周病の最新知識と予防法』にはこうあります。

唾液パワーで若々しさを保つ『アンチエイジング歯科』

若々しさを保つ秘訣は、唾液パワーにあります。唾液は虫歯や歯周病予防にも力を発揮しますが、その成分には、皮膚や骨、脳など全身の細胞の新陳代謝を促したり、気力や活力を生み出したりと、心身のさまざまな機能を若返らせる『パロチン』という唾液ホルモンが含まれることがわかってきました。『ペルオキシダーゼ』という成分には、発がん物質によって産生される活性酸素を抑える働きもあります。

 

梅干しを食べると唾液が出ますが、その唾液にあるパワーには注目する必要があります。パロチンが心身のさまざまな機能を若返らせ、ペルオキシダーゼが活性酸素を抑える。ここはニキビケアにとっても重要なポイントとなります。

 

先生

皮膚若返り成分も、抗酸化成分も、両方ともニキビケアに役立つからね!唾液を出すっていうだけでいいんだからすごいよね!出して飲み込めばいいんだから!
なるへそ!

ハニワくん

パロチンが皮膚を若返らせ、ペルオキシダーゼが活性酸素を抑える

まず、そのパロチンが若返らせてくれる皮膚ですが、それには薄毛問題で考えたとき『頭皮』も含まれます。頭皮には毛細血管毛母細胞がありますから、髪の毛の土壌であるそれが若返れば、髪の毛は元気でいられることができます。しかしそれだけじゃなく、当然『ニキビができる顔の皮膚』も若返りますね。それは非常に心強いことです。

 

またペルオキシダーゼが活性酸素を抑えてくれれば、コラーゲンが老化しないで済みます。コラーゲンが老化すると、同じように毛細血管や毛母細胞が老化することになりますから、薄毛問題で考えた場合、髪の毛の土壌であるそれが老化することを防げるということは、元気な髪の毛を維持できることに繋がるわけです。そしてそれだけじゃなく、ニキビの問題にも有効です。

 

例えばビタミンCはコラーゲンの体内合成を促す役割を果たしますから、ニキビにとてもいい影響を与えます。

 

ユーグレナの『緑汁』や青汁が薄毛に効く?ミドリムシの驚異的な育毛効果!

 

このコラーゲンに関しては下記の記事に詳細を書きましたが、口から摂取しても、肌に直接塗っても、効果を得ることができません。

 

コラーゲンとビタミンは薄毛に効果的?ビタミンCは塗布しなければ効果がないの?

 

つまりこういうことです。

 

STEP.1
コラーゲンを摂取する
  及び塗布する。
STEP.2
胃腸でアミノ酸に分解され、その時点でコラーゲンではなくなる
 肌の奥には届かない。
STEP.3
そのアミノ酸は新しい皮膚や筋肉などにつくり替えられる
 
STEP.4
コラーゲンの分子量を小さくして肌の表面から奥へと浸透させたとしても、それが肌のコラーゲンとして使われるかどうかわからない
 
STEP.5
コラーゲンの摂取と塗布によって得られる美容効果は不明
 

 

つまりコラーゲンは直接摂取及び塗布しても、効果は得られるかどうかがわからないのです。しかし、コラーゲンを増やすためのアプローチはちゃんとあります。それがキウイの記事に書いたことですね。『コラーゲンの口からの直接の摂取』はできなくても、ビタミンCや鉄分と一緒に摂取し、『体内でのコラーゲン合成能力を強化させる』ことはできるわけです。

 

そして梅干しで唾液を出し、ペルオキシダーゼが活性酸素を抑えてくれれば、コラーゲンが老化しないで済みます。つまり、

 

  • ビタミンC+鉄=体内でのコラーゲン合成能力を強化
  • ペルオキシダーゼ=コラーゲンの老化を抑制

 

ということで、コラーゲンを維持・強化するためには様々な方法があるわけですね。

 

先生

コラーゲンとかセラミドっていう肌のうるおい成分がないと、バリア機能がなくなったり、皮膚の老化現象が起きるよ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

コラーゲンを維持・強化するためには様々な方法がある

例えば、タバコを吸うとコラーゲンの生産量は低下します。コラーゲンというのは肌の潤いの根源のようなものですから、これが減少すると肌の弾力は失われ、乾燥しやすくなり、しわやたるみの原因となります。そして今挙げたように、十分な角質細胞間脂質や天然保湿因子がつくられず、バリア機能の弱い肌になるわけです。すると、ニキビができやすくなります。

 

もちろんそのように結果的にもそうですが、活性酸素そのものがニキビの原因となります。ペルオキシダーゼは活性酸素を退治してくれる抗酸化物質ですが、梅干しで唾液を出し、このペルオキシダーゼを産生させることは美容と健康にとてもいいのです。

 

先生

タバコを吸わない、ペルオキシダーゼを出す、抗酸化物質を摂る等、コラーゲンのためにできることはたくさんあるわけだね!
なるへそ!

ハニワくん

 

1 2 3 4 5 6 7 8