名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

平賀源内『良薬は口に苦く、出る杭は打たれる習ひ。』

平賀源内


日本発明家 平賀源内画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


自分にとって『善い』ものに直面すると、自分の中にいる『魔性(ませい)』の一面が、しかめっ面をする。

 

自分が『群』に違和感を覚え、『群』より一歩前に出て主張すると、まるで、作用と反作用の力の原理と同じく、『群』に引き戻される。しかしそれは『群を抜いた存在』になる予兆である。

 

聖書における『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

 

つまり人間には『聖性と魔性』の両面がある。

 

 

 

その内、父が子を叱った場所には『愛(聖性)』が宿り、『魔が刺した』人間には『罪(魔性)』が宿っていることになる。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    平賀源内の言葉を自分のものにする



    アインシュタインが言うように、

    『人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変える方がやさしい。』

     

    『魔性』は決してなくならない。だが、『劣位』にすることは出来る。そして、聖性を優位にすることは出来る。

     

    私はかつて、薬が嫌いだった時期がある。それは子どもだったら往々にしてそうかもしれないが、一言、『苦い』からだった。

     

    だが、その『効果』を知り、薬に助けられ、あるいは、小林多喜二が言うように、

     

    『困難な情勢になってはじめて誰が敵か、誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるものだ。』

     

    『味方面』をしている『善さそうな人』が、実は表裏的であり、むしろ、表層上は厳しい人間が、本当の自分の味方だったことを知り、そういう経験を積み重ねていくと、『薬が嫌い』。そう言う自分は、間違っていることに気づいていったのだ。

     

    つまり、私が薬や、自分の目で見て判断した全ての表層的な『苦手』なものを、『苦手』として片づけていたのは、『魔性』だった。

     

    自分にとって『善い』はずのものを、『苦手』として片づけることなど、未熟の一言。そう言える私の心は、『聖性が優位』になってきている証拠である。

     

    相手が間違いなく『周囲(群)』から浮いていて、その人のことを責めた方が、話の解決は早い。そう、短絡的に解釈したあの頃は、私は『群(その他大勢の一人)』にいて、そしてその存在はとても虚しく、力は矮小だった。

     

    実は『漢方薬』とは、『毒』なのである。

     

     

    だが、その『毒』を飲むことによって、その毒を排泄しようと体からの排出が促進されて、健康になるのである。老廃物と毒素がしっかり排出されて、免疫力も上がる。従って体調が回復するのだ。

     

    真の良薬とは、『魔性の増幅の助長』を助けることではない。『聖性にカツを入れて目覚めさせる』、真理に則った働きかけである。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

    人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


    >>続きを見る

     

    15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

    確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    平賀源内『良薬は口に苦く、出る杭は打たれる習ひ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

    同じ人物の名言


    『わがままに、自分のやりたいことに専念するために、脱藩したい』

     



    ↑ PAGE TOP