『ヒト』を最適化しよう。

宮本武蔵『われ事において後悔せず。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

そうだ。人生において悔いなど残すべきではない。だが、どうしたら悔いが残って、どうしたら悔いが残らないか、考えたことがあるだろうか。この問題を熟慮するにあたって、二つのページを用意した。

 

  1. 『力に屈したら男に生まれた意味がねえだろう。おれは決して人生に”くい”は残さない…!!!』
  2. 『我々の恐れなければならないのは、恐れることそのものである。』

 

後悔をして何かが生まれるなら後悔してもいいだろう。だが、後悔しても何も始まらないなら、後悔する時間など無意味である。私の部下は、何回言っても何百回言っても、永遠に遅刻等の凡ミスをやめることができない。彼はその度に後悔しているようだが、その割には一週間も経てばすぐにそれを忘れ、同じレベルの凡ミスを繰り返し、制裁を受けている。

 

彼は後悔するべきだろうか。当然するべきだ。そして、後悔(反省)のレベルが弱すぎるからこそ、何度も同じ過ちを繰り返す。

 

後悔

 

例えば、人を殺してしまった人が、本当にそのことについて心底から悔いるなら、毎日毎日、自分のことを戒める時間を設けるだろう。祈りの時間を作ってもいい。内省の時間を作ってもいい。どんなことでもいいが、必ず毎日欠かさず、自分を戒めるために時間を割くはずだ。

 

だが、少しでも反省のレベルが低いならそこまではしない。つまりは、彼が何度も同じ過ちをしてしまうということは、彼が心底でこのことについて

 

(大したことない)

 

と軽んじているからに他ならない。

 

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧