『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『大したことない。そう思ってないがしろにした全てのことが「大したこと」だったから、あなたの人生は大したことないのでは?』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

人間なんて、オギャアと生まれた最初は皆、純粋無垢で、清廉潔白な天使なのだ。だが、ちょっとしたこと、ほんのちょっとしたことや、その積み重ねで、人は『善』にも『悪』にもなってしまうのである。つまり別に人に差異などあまりない。悪に生きる人間も、ちょっとしたことで『善良な人』になり得るし、善に生きる人間も、ちょっとしたことで『悪人』になり得るのだ。

 

例えばマフィアが敵対する組織をマシンガンで乱射し、相手を皆殺しにした。その一週間後、ふと別の町で買い物をしているとき、体の不自由な老人の帽子が風で飛ばされて落ちた。男は拾い、老人に帽子を取ってあげた。

 

老人

ありがとうございます。

 

老人からそう言われた男は、老人から見たら明らかに『善人』。その周りの人も同じように彼のことを見ただろう。だがその男は、一週間前に人をたくさん殺したのだ。こんな風に、何が善で、何が悪か。その殺した相手が、男の娘や妻を理不尽に強姦して殺していたかどうかでも、また見る目が変わってきてしまうように、人間の『善悪の基準・判断』は、ちょっとしたことで大きく揺れ動いてしまうのである。

 

そう考えると、

 

大したことないよ、あんなこと。やらなくても(やっても)別に大きな影響はない。

 

そう考えてないがしろにしてきた、あるいは軽薄に考えてきた全てのことは、もしかしたら『大したこと』だったのかもしれない。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
コヘレットの書 第10章。

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧