『ヒト』を最適化しよう。

宮本武蔵『心は空なり。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

心は空なり。つまり無策で挑むことこそ、無欲の勝利につながる、という境地。巌流島での佐々木小次郎との戦いは、武蔵がわざと遅刻して相手の冷静さを奪ったというが、あれは吉川栄治の小説の中の、作り話である。だが、思わずそういう作り話が思い浮かぶほど、宮本武蔵の生涯はカリスマ性があったのだ。

 

この世とは、無私に生きても、利己に生きても、どちらで生きてもいい、選択肢が与えられている。しかし、無私に生きたほうが人として達観しているように見えるのは、一体なぜなのだろうか。それは、それが”答え”だからなのだろうか。

 

無私

 

目の前の私利私欲に踊らされて生きるのは、確かに無様だ。この言葉からは、どんな力にも屈しない高潔な人間の魂が、垣間見える。飽食の時代と飢餓に苦しんだ時代。そのどちらにも人間はいた。当然、考え方も生きる価値観も大きく違っただろう。一体どちらが人間として正しい心の在り方なのだろうか。

 

マザー・テレサは言った。

 

以下の記事を見てこの話の根幹を理解したい。

 

『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』 『偶然に期待する人間は、支配される。』 『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

同じ人物の名言一覧