名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

フランクリン・ルーズベルト『我々の恐れなければならないのは、恐れることそのものである。』

フランクリン・ルーズベルト


アメリカ政治家 フランクリン・ルーズベルト画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『退却から前進に転じるのに必要な努力をマヒさせる、漠然として理屈に合わぬ筋の通らない恐怖感こそ、恐れなければならないのだ。』

この言葉、親族であるセオドア・ルーズベルトも同じことを言っている。ある本にはこう書いてあった。

---------▼

人生のたそがれどきを迎えて、死の床につくとき、あなたが後悔するのは、負ってきたあらゆるリスクではない。あなたの心を満たす最大の後悔と悲しみは、

「避けてきた全てのリスク」、「つかまなかった全ての機会」、「立ち向かわなかった全ての恐怖」です。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    フランクリン・ルーズベルトの言葉を自分のものにする



    いいですか、恐怖の向こうには自由があるのです。時代を超えた成功の原則に焦点を合わせてください。人生は数字のゲームにすぎません。リスクを負えば負うほど、報酬は高くなります。

     

    あるいは、古代ギリシャの悲劇詩人、ソフォクレスの言葉を借りれば、

    「運は勇気の無い者にはめぐってこない。」

     

    ということになります。

     

    人生を全うするためには、もっとリスクを負い、恐れている事をしてください。やっかいな状況に強くなり、いちばん抵抗の無い道を進むのをやめるのです。もちろん、人があまり通ってない道を歩けば、いろいろなものに爪先をぶつける確率は高くなるでしょうが、どこかに行くにはその方法でしかないのです。

     

    わたしの母はいつも言っています。

    「片足を二塁につけたまま、三塁にすすむことはできない。」

     

    あるいは、フランスの小説家でノーベル賞をとったアンドレ・ジード

    「長い間岸を見失う勇気がなければ、新しい大陸を発見する事はできない。」

     

    岸

     

    と言っています。充実した人生をおくる秘訣は、安全を探す事に日々を費やすのではなく、機会を追い求めることに時間をさくことです。

     

    たしかに、より計画的で情熱的な人生を始めれば、それなりに失敗もするでしょう。でも、失敗は、勝つ方法を学ぶことにすぎません。

     

    あるいは、父がかつて言っていたように、

    「ロビン、枝の先はたしかに危ない。だが、すべての実はそこになるのだ。」

     

    ということなのです。

     

    人生はすべてが選択です。おおいに満ち足りていて、潜在能力を十分に発揮している人々は、ほかの人より賢い選択をしているにすぎません。残る人生の日々、まったく安全な岸に腰をおろしてすごしてもいいし、深い水に飛び込み、真の勇者を待っている真珠を手にしてもいいのです。

     

    わが身を駆り立て、日々、自分の限界を広げ続ける事に集中するために、わたしは、セオドア・ルーズベルト元大統領のことばを書斎に掲げています。

     

    『大切なのは評論家ではない。実力者がどのようにつまづいたか、善行家がどこでもっとうまくやれたかを指摘する人物はいらない。

     

    顔を泥と汗と血でよごしながら、実際に現場で闘っている男。勇ましく立ち向かっている男。何度も判断を誤って、期待に添えない男。おおいなる熱意と献身についてわかっていて、りっぱな大儀に身をささげている男。

     

    最善の場合は、最終的に大成功をおさめた喜びを知っている男。最悪の場合は、たとえ失敗したとしても、勝利も敗北も知らない、冷たくて臆病な連中とは違う、あえて勇敢に立ち向かった結果として失敗した男。

     

    そういった男たちをこそ、称賛すべきなのだ。』

     

    我々の恐れなければならないのは、恐れることそのものである。

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

    『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


    >>続きを見る

     

    37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

    金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


    >>続きを見る

     

    38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

    一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    フランクリン・ルーズベルト『我々の恐れなければならないのは、恐れることそのものである。』


    スポンサードリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『3時間、真剣に考えて、結論を出したら、3年間、真剣に考えても、結論は変らない。』

     

    『今日という一日は、明日という日の2倍分の値打ちがある。』

     

    『我々は独りで平和に生きることなどできず、我々自身の福利ははるか遠くの国々の福利に左右されるのだ。』

     

    『保守主義者は、完全な二本の立派な足を持ちながら、歩くことを学ぼうと断じてしない人である。』

     

    『票は銃弾より強し。』

     

    『明日を妨げるものは、今日の疑いだけである。』

     

    『退却から前進に転じるのに必要な努力を麻痺させる、漠然として理屈に合わぬ筋の通らない恐怖感こそ、恐れなければならない。』

     

    『運命に人は縛られるのではない。ただ自分の心に縛られているだけなのだ。』

     

    『あなたは生命を愛しているか?ならば時間を浪費してはいけない。時間こそが生命を作りあげている材料なのだから。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP