名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

宮本武蔵 名言/格言

宮本武蔵

 

宮本武蔵とは(画像

日本剣豪。ライバルだった佐々木小次郎と決闘したことは、映画やテレビなどで良く知られていますが、彼は1584年に生まれた剣術家であり、刀を二つ使う二天一流兵法を作りだした人物でもあります。こうした面からは、彼が一流の剣術の技術を身に着けていたことが分かりますが、実際の宮本武蔵は、芸術家としても活躍していたと言われています。ちなみに、武蔵が巌流島で小次郎を待たせ、冷静さを奪ってアドバンテージ(有利性)を取ったあの有名な話は、小説家吉川栄治の創作です。

 

宮本武蔵は、水墨画を描いたり、木刀や馬に乗せる鞍などの工芸品も数多く手掛けていて、「鶏図」や「紅梅鳩図」「枯木鳴鵙図」などは国の重要文化財にも指定されているほどです。彼が現実の世界に実在していたことは紛れもない事実ですが、佐々木小次郎との決闘や、武術の面では謎に包まれている部分も多く、これまでたくさんの脚本家や研究家たちによって、映画やドラマ、小説などの作品が作られています。

 

宮本武蔵が後世に残した名言はたくさんあります。彼の名言はとてもシンプルなものが多く、彼の筋が通った生きざまを表したようなものは、その言葉を聞く私たちにとっては行間を読みながら意味を理解する「余白」がたくさん残されているものが多くなっています。例えば「空を道とし、道を空とみる」と言う名言は、欲や迷いのない真っすぐな心こそが人生では最も大切なことで、そうした心構えによって道は切り開かれるものだ、と解釈することができます。その他にも、「神仏を敬い、神仏に頼らず」や「千日の稽古をもって鍛とし、万日の稽古を持って錬とする」などがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

宮本武蔵の言葉

 

 

『心は空なり。』

 

カテゴリー:自己/精神

巌流島での佐々木小次郎との戦いは、武蔵がわざと遅刻して相手の冷静さを奪ったというが、あれは吉川栄治の小説の中の、作り話である。だが、思わずそういう作り話が思い浮かぶほど、宮本武蔵の生涯はカリスマ性があったのだ。

>>続きを見る

 

『われ事において後悔せず。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

そうだ。人生において悔いなど残すべきではない。だが、どうしたら悔いが残って、どうしたら悔いが残らないか、考えたことがあるだろうか。

>>続きを見る

 

『だいたい武士の考えていることを推測すると、武士はただ死を覚悟すること、という程度に考えているようだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

しかし、義理を知り、恥を思い、死を覚悟するということにおいては、武士に限らず、出家した僧でも女でも、百姓以下にいたるまで、その差別はない。』

>>続きを見る

 

『武器の用法を習得せず、それぞれの武器の利点をも知らないというのは、武士としては少々嗜みの浅いことではないか。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

武器の利点。それはそっくりそのまま、まずは『武器』の話だ。

>>続きを見る

 

『いつでも役に立つように稽古し、いかなる事態にも役に立つように教えること、これが兵法の実の道なのである。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『世の中には、兵法の道を習っても、実際のときの役には立たないだろうという考えもあろう。そのことについては、いつでも役に立つように稽古し、いかなる事態にも役に立つように教えること、これが兵法の実の道なのである。』

>>続きを見る

 

『大工の棟梁は堂塔伽藍の寸法を覚え、宮殿や楼閣の設計図を理解し、職人たちをつかって家々を建てる。これは大工の棟梁も武家の棟梁も同じことである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『大将は大工の棟梁として、天下の法や規範をわきまえ、その国の利非・曲直を正し、その家の秩序を保つこと、まさに棟梁の道である。大工の棟梁は堂塔伽藍の寸法を覚え、宮殿や楼閣の設計図を理解し、職人たちをつかって家々を建てる。これは大工の棟梁も武家の棟梁も同じことである。』

>>続きを見る

 

『日々にその道に励んでも、心が本道に背けば、自分ではよい道と思っていても、正しい道から見れば実の道ではない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『日々にその道に励んでも、心が本道に背けば、自分ではよい道と思っていても、正しい道から見れば実の道ではない。実の道を究めなければ、少しの心のゆがみにつれて、後には大きくゆがむものである。』

>>続きを見る

 

『これらは武士の道ではない。武士の道ではないけれども、これらの道を広く知れば、それぞれに納得するものがある。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『道というものには、学者・僧侶・茶人などの風流者・礼法家・能役者などの道があるが、これらは武士の道ではない。武士の道ではないけれども、これらの道を広く知れば、それぞれに納得するものがある。いずれも人間は、それぞれの道々によく研鑽を積むことが肝要である。』

>>続きを見る

 

『戦場では、万事あわただしいときであっても、兵法の道理を極め平静な心が保てるよう、よくよく吟味しなければならない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『兵法の智恵は、とりわけ稽古と実戦では違う。戦場では、万事あわただしいときであっても、法の道理を極め平静な心が保てるよう、よくよく吟味しなければならない。』

>>続きを見る

 

『観・見ふたつの目の付け方があり、観の目(大局を見る目)を強く、見の目(細部を見る目)を弱くして、遠い所をしっかり見極め、近い所を大局的にとらえることが、兵法では最も大切なことである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば、プロの詐欺師がいる。しかも詐欺軍団の中の、凄腕のリーダー格だ。彼らには『彼らなりの壮大な計画』がある。金を騙し取り、100億円集めようというのだ。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP