『ヒト』を最適化しよう。

遠藤周作『人間生活にはムダなものがかなりあるが、そのムダなもののために情緒が生まれ、うるおいができ、人の心がなごむようなものがある。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

作家、山本周五郎は言う。

 

これがピタリ、遠藤周作の今回の言葉と同じ意味である。よく、『成功する人は過去に苦労している』というのを聞いたことがあるだろうあれは一体なぜなのだろうか。

 

例えばココ・シャネルは、

 

と言った。その言葉の背景にあるのは、かつて幼少の時に暮らした、孤児院生活における不遇な時代である。シャネルの経験の場合は遠藤周作の言う様な『潤い』や『なごみ』ではないが、しかし、その時の生活がなければ、後のココ・シャネルはあり得なかっただろう。見るべきなのは以下の記事だ。

 

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

人間にはこうした深化の時期が必要だ。かくのごとく深化の時期とは、バネにかかる圧力である。この視点からの見解の最後はホイットマンのこの言葉で締めくくりたい。

 

関連リンク:ナミ『確かにアーロン一味にはひどい目にあわされたけど…そんなひどい渦の中で会った仲間もいるのよね!全部繋がって私ができてんの!!』

 

生命

 

 

では、次の視点からの見解だ。『深化の時期』という角度ではなく、この言葉をストレートに解釈してみよう。

 

『人間生活にはムダなものがかなりあるが、そのムダなもののために情緒が生まれ、うるおいができ、人の心がなごむようなものがある。』

 

例えば私が大好きなキャラクターに、『どせいさん』がいる。スタジオジブリの映画のキャッチコピーでおなじみ、糸井重里が作ったゲームキャラクターである。彼の存在は決して人間が生活していくにあたって、必要不可欠ではない。だが、私は彼のことを見て、ずいぶん癒されたものである。どうやら人生にはこういう『無駄なもの』が、時に『必要』なのである。

 

画像

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧