『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。

この黄金律の至言

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

簡潔に

ピンチや逆境に陥った時、

 

どうすることもできない!

もうダメだ!

 

と思ってしまいがちだ。だが、

 

何か手があるはずだ!

さあここからが腕の見せ所だ!

 

と思うことも出来るはずだ。それなのに前者のように思ってしまう。一体なぜそうなってしまうのだろうか。遥か昔、人が他人の気持ちを理解できるようになったのは、自分と同じように足の指か何かをぶつけて痛がっている人を見て、

 

痛そう!

 

と思って、それに共感したところから始まったと言われている。人間が人の気持ちを理解する為には、まず第一に、自分がそれと同じような思いをしなければならなかった。つまり、痛みを覚えたことが無い人は、人の気持ちがわからないのだ。例えば、手が冷たい人は、心が温かい。末端冷え性の人は、寒さで震えている人にそっと温かいコーヒーを手渡してあげることができる。それは、手が冷える辛さを知っている末端冷え性の人だからこそ出来る行為なのだ。

 

もう、それだけで答えだ。 自分が負った全ての痛みや思い悩みは、そっくりそのまま他人への愛情という形に生まれ変わる。傷つき、背負った分だけ、人は可能性を手にするのだ。

 

それがわかっても尚(どうすることもできない!)、(もうダメだ!)と思ってしまうのであれば、そこにいるのは『他人のことなどどうだっていい』と考える、どうすることもできない人間である。立ち止まり、頑なに向けているその目線の先を、一度変えてみるのがいいだろう。

 

黄金律の実力を知るための記事

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

わかりやすいイメージ・ヒント

ヒント1
足を骨折をして松葉杖や車椅子を使うことになったが、足の筋肉に頼らなくなったおかげで、腕やその他の筋肉が発達した。
ヒント2
貧しい環境を強いられた子供が、その環境の中でたくましく生きていくために免疫力が強くなった。

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

同じ的を射た偉人(114)

革命家(1)

 

政治家・リーダー(7)

 

発明家・ビジネスパーソン(21)

 

哲学者・思想家(17)

 

作家・小説家・詩人(39)

 

クリエーター・アーティスト(13)

 

支配者・将軍・軍師・棋士(3)

 

アスリート・剣豪(4)

 

科学者・学者(4)

 

身元不明(1)

 

四聖(4)

 

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)