名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

遠藤周作『自分が弱虫であり、その弱さは芯の芯まで自分に付きまとっているのだ、という事実を認めることから、他人を見、社会を見、文学を読み、人生を考えることができる。』

遠藤周作


日本作家 遠藤周作画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『無知の知』というのは、ソクラテスが生涯をかけて説いた、知性である。

 

(自分は何も知らない。何もかもを知っているとしたら、何も知らずに困っている人を全て、一人残らず助けることが出来るはずだ。本を見ることも必要ない。他の一切から学ぶ必要も毛頭ない。その態度は、全知全能の神だけが取れる態度である。

 

私は無知だ。私は無力だ。何かの知識を突き詰めたとしても、その他の何かの知識は、無知のまま。人は一生、全知全能にはなれない。それなのに、どうして私は他人を見ず、社会を見ず、文学を読まず、自分の人生に目を向けることをしなかったのだろうか。どうしてそんなにも傲慢な人生に甘んじていたのだろうか。

 

それこそが『無知』たる証拠だったのだ。)

 

無知

 

その『無知』に目を向ける『知性』こそが、『無知の知』である。

 

本を読む人は、賢いから読んでいるのではない。賢いなら、本など読む必要はないからだ。このことを誤解している人間は、実際のところたくさんいる。私はぜひ、自分の子供に、幼少時代に、このことを教えて説きたいと考えている。

 

私にそのことを教えてくれなかった大人を恨んだ時期もあるが、しかしすぐにその感情が間違っていて器が小さいことに気が付いた。私はそれを『大人に教えられなかったからこそ、強く子供に教えて説きたいと思っている』のだ。

 

だとしたら私はその事実に、感謝しなければならない。

 

関連リンク:ルフィ『何が海賊王だ…!!!おれは、弱い!!!』

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

遠藤周作『自分が弱虫であり、その弱さは芯の芯まで自分に付きまとっているのだ、という事実を認めることから、他人を見、社会を見、文学を読み、人生を考えることができる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人間生活にはムダなものがかなりあるが、そのムダなもののために情緒が生まれ、うるおいができ、人の心がなごむようなものがある。』

 

『人間らしく生きるために七分は真面目人間、三分は不真面目人間で生活するのが「生きる智恵」と言うべきであろう。』

 

『人間がもし孤独を楽しむ演技をしなければ、率直におのれの内面と向き合うならば、その心は必ず、ある存在を求めているのだ。』

 

『人間の一生には一度はまたとない好機が来る。』

 

『けれどもね、そんな弱い、臆病な男が自分の弱さを背負いながら、一生懸命美しく生きようとするのは立派だよ。』

 

『黄昏の砂漠は歩きづらいが、振り返ると波打ちぎわに自分の足跡が、自分だけの足跡が、一つ一つ残っている。』

 

『一人の人間にはその運命と人生とを決するようなときが生涯、一度は必ずあるものであり、それを乗り切った瞬間、彼の未来は全面的に変わるものだ。』

 

『作家になりたかったら、毎日三時間、十年間書き続けていればなれる。』

 

『魅力あるもの、キレイな花に心を惹かれるのは、誰でもできる。だけど、色あせたものを捨てないのは努力がいる。色のあせるとき、本当の愛情が生まれる。』

 



↑ PAGE TOP