名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

福沢諭吉『ネズミをよく捕る猫は爪を隠すという。隠すのはよいが、生涯隠し続けてネズミを捕らなければ爪がないのに等しい。』

福沢諭吉


日本武士 福沢諭吉画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『ネズミをよく捕る猫は爪を隠すという。隠すのはよいが、生涯隠し続けてネズミを捕らなければ爪がないのに等しい。猫の爪は隠してはならない。捕り物の大小にかかわらず腕前を試す機会があったなら、それを無駄にせずに功名を現すべきである。』

 

 

『宝の持ち腐れ』で終わらせてはいけないと、私も10代の頃よく言われていた。しかし、その『宝』を『誇示』することには、私は強い抵抗があった。それは、幼少期に植えついた『人間の見栄』というトラウマが、『誇示』と『主張』の境界線を曇らせてしまったことが大きな原因の一つだ。

 

しかし、いつがその『やるべきとき』なのかは、年齢が若ければ若いほど見えないものである。なぜなら、フランスの哲学者、サルトルがこう言い、

『青春とは、奇妙なものだ。外部は赤く輝いているが、内部ではなにも感じられないのだ。』

 

バーナード・ショーがこう言うように、

『青春?若いやつらにはもったいないね。』

 

その時代は、この人生がいつまでも続くものだと思っていて、親が生きているなら、その親も『死なない』と思い込んでいるわけで、何かと『経験不足』であり、つまりそれは『盲目』状態なのである。盲目であれば、見えないに決まっているだろう。

 

ドイツの小説家、ジャン・パウルは言った。

『人生は一冊の書物によく似ている。愚かな者はそれをパラパラとめくっているが、賢い者はそれを念入りに読む。なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。』

 

我々がこの人生を『一冊の書物』だと認知する為には、時間がかかる。しかし、パラパラとめくることが『人生の浪費』であり、『宝の持ち腐れ』であると心底から理解したとき、人間は、いつか来るはずだったその日の為に磨いてきた爪を、思う存分発揮するのである。『命の無駄遣い』にならないように、いかんなく発揮するのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

福沢諭吉『ネズミをよく捕る猫は爪を隠すという。隠すのはよいが、生涯隠し続けてネズミを捕らなければ爪がないのに等しい。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。』

 

『あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。』

 

『人間の心がけは、とかく世を軽く見て、熱心に過ぎざるにあり。』

 

『人生、万事、小児の戯れ。』

 

『事を行うには、時機の善し悪しがあります。チャンスに恵まれなければ、どんなに有能な人でもその力を発揮することはできません。』

 

『仕事というのは、偶然できるものではありません。善い事も悪い事も、すべて人間のこれをやろうという意思があってこそできるのです。』

 

『自由と我がままとの境界は、他人に迷惑を掛けるのと掛けないのとの間にあります。』

 

『所詮、世の中の出来事は生き物と同じで、その動きを前もって予測することは不可能です。ですから、賢明な人であっても、案外愚かな失敗をする者が多いのです。』

 

『学問の本質は、生活にどう活用するかということです。活用のない学問は、何も学問しなかったのと同じです。』

 

『自ら動こうとしないものを、導くことはできない。』

 

『愚民の上に苛酷な政府がある。良民の上には良い政府がある。』

 

『苦は楽の種で、楽は苦の前兆である。』

 

『水があまりに清ければ、魚は棲めない。人は知的であり過ぎれば、友を得るのが難しい。友人を受け入れるには、度量が広く、多少ぼんやりとしているところもあったほうがいい。』

 



↑ PAGE TOP