『ヒト』を最適化しよう。

福沢諭吉『独立の気力なき者は、国を思うこと深切ならず。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『親切』と同じ意味だ。つまりだとしたらこの言葉は、

『独立し、自主、自律、責任をモットーに生きていく主体性を燃やす人間がいるなら、それ以上の喜びはない。一人一人が反応的で受動的な人間よりも、一人一人が主体的で積極的な人間の方が、国の為にもよっぽどいい。貢献度が違う。』

 

という方向で考えられるわけである。それは私も心底からそう思う。私は別に、『国の為』だとかそういうことを主張する人間ではなく、また、その様な発言を平気で言える時代に生まれたわけだが、見るべきなのは以下の黄金律。

 

『持つべき愛国心の『国』とは国家のことではない。『地球』のことだ。』

 

そもそも愛国心という言葉の正当性は、疑わしい。そんな私から考えても、ヘレン・ケラーや福沢諭吉の言う通りだ。会社という小さなコミュニティを運営している中でも、主体性のない人間を私は認めることはない。

 

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『持つべき愛国心の『国』とは国家のことではない。『地球』のことだ。』 『人間が『幸せだ』と言ったのなら、そこにあるのは隠蔽だ。』

同じ人物の名言一覧