『サルトルの言葉』を自分のものにしよう!

ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトルとは(画像

フランス哲学者。生誕1905年。サルトル(本名ジャン=ポール・サルトル)はフランス人哲学者です。1905年にフランス・パリで生まれました。小説家・劇作家としても名前が知られており、「人間は自由であり、常に自分自身の選択によって行動すべきものである」などの名言を残しています。1980年にこの世を去るまで数々の作品を執筆し、様々な方面で活躍した人物です。同じフランス人の作家であるシモーヌ・ド・ボーヴォワールと結ばれました。

 

サルトルは実存主義の代表者とも言われており、彼の考えに影響を受けた人物は少なくありません。影響を受けた主な著名人は、マルクス毛沢東ヴォルテールなど様々です。また、サルトル自身も内縁の妻であったシモーヌを始めとしてチェ・ゲバラ大江健三郎、ミシェル・フーコーなど、数々の歴史的人物の影響を受けています。

メニュー

内省記事一覧