『ヒト』を最適化しよう。

ジャン・パウル『人生は一冊の書物によく似ている。愚かな者はそれをパラパラとめくっているが、賢い者はそれを念入りに読む。なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

この人生、『死』を考えられている人と、そうでない人とでは、毎日の生きるエネルギーが違う。ちょうど、1000m走か何かの長距離走に似ている。このレースが、永遠に続くと思っている人は、急にダッシュをした人間の心境を理解できないだろう。彼らは『知った』だけなのだ。このレースの距離が、『1000m』だということ、そして、二度とあるレースではないということを。

 

レース

 

私自身が、『パラパラとめくる人生』を生きていた代表のようなものだ。場当たり的で、射幸的で、(あわよくば)とか、(どうせ)だとか言ってみせては、そのパラパラの人生を虚しく正当化していた。そして、恐らくこれを読んでいる人が一生経験しないような経験をした。それぐらい典型的であり、その王道をひた走っていたといっても過言ではない。

 

そんな私が、なぜ『一枚一枚丁寧にめくる』ようになったかというのは、17歳で父親を亡くしたことも極めて大きな影響を与えているが、もう一つ、万人に通用するポイントがある。それは例えば、今日、この言葉に出会った。そこから、目を逸らさないだけでいい。たとえ今すぐには実行に移せなくても、目を逸らさず、頭の片隅に置いておくだけでいいのだ。

 

すると、いつか必ず『ハマる』ときがくる。その、ワンピースが。私自身が、そうだった。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ジャン・パウルの名言・格言一覧