『ヒト』を最適化しよう。

ソクラテス『われアテネ人にあらず、ギリシャ人にあらずして世界市民なり』

古代ギリシャ哲学者 ソクラテス画像

内省

もっと言えば、この未だ未知数で計り知れない大宇宙の、生命の一つである『人間』だということになる。

 

『黒人』だとか、『障害者』だとか、『漁師』だとか、『皇族』だとか、『奴隷』だとか、『国民』だとか、関係ない。我々は、人間である。ただの人間。されど人間。それ以上でも、それ以下でもない。人間にはそれぞれに定められた命の日数があり、苦の中に楽しみを見出せる恩恵を与えられている。

 

私もかつては視野が狭い人間だった。地元の町内しか知らないような、小さな人間だった。私は内省し、それを猛省し、区に広げ、都に広げ、国に広げた。世界に広げ、暗にも明にも広げ、宇宙に、心に、愛に広げた。自分が生きていた世界は、あまりにも狭かった。自分が気にしていたことは、あまりにもちっぽけだった。

 

国には国民性があり、都にはルールがあり、区には見栄があり、町にはしがらみがある。どの規模で考えても、人は常に、人為的な何かを気にしていることに気が付く。そして、それによって自分の行動範囲や既成概念が形成され、規範意識が本来の基準から外れ、廃れていく。

 

人は、人としてこの世に生まれ、死んでいく数奇な人生の中で、いかなる規範意識でもって生き貫けばいいか。立ち止まらなければこのことについて内省することはないだろう。だが、立ち止まって内省するだけの価値があるテーマだ。私の経験上、むしろ、 ”そこ”から始まるのだ。本当の人生が。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献『これならわかるソクラテスの言葉』や史実に基づき、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』 『持つべき愛国心の『国』とは国家のことではない。『地球』のことだ。』

ソクラテスに関する他の記事

ソクラテス(Socrates)とはどんな人物か ソクラテスの名言・格言一覧