『後悔したくない方』はこちら

ソクラテス『わたしは、誰の師にも、成ったことはなかったが、一方で、誰の問にも、答えなかったことはなかった。 』

古代ギリシャ哲学者 ソクラテス画像

内省

人よりも賢く生きたいと思い、知性を磨く。しかし知性を磨けば磨くほど、自分が無知であることを知る。『実るほど頭が下がる稲穂かな』である。ここにジレンマがある。

 

自分は人よりも賢いとふるまいたいのであれば、知性を追ってはならない。自分はただただ知性を追い求める賢い人間になりたいのであれば、人より偉そうにしてはならない。

 

どちらの選択肢を選ぶかは自由だ。自分がこの人生で、どう在りたいか、そして死ぬときに悔いを残さないのはどちらの選択肢か。刹那的に考えるのではなく、この宇宙規模、時間規模の超広大なスケールの中で、たった一度の唯一無二の人生。そういう規模で考え、答えを出すべし。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献『これならわかるソクラテスの言葉』や史実に基づき、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ソクラテスに関する他の記事

ソクラテス(Socrates)とはどんな人物か ソクラテスの名言・格言一覧