『ヒト』を最適化しよう。

『持つべき愛国心の『国』とは国家のことではない。『地球』のことだ。』

『愛国心』という言葉も、国家も言語も、全て人間が決めたことだ。では、その『人間』とは、どういう存在なのか。

この黄金律の至言

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

簡潔に

そもそも、『国』というのは誰が決めたのか。その決めた人間というのは、一体どのような存在なのか。神なのか。全知全能なのか。直すところが何一つない完全無欠な存在なのか。違うなら『国家』は正しい姿ではない可能性がある。 『国を想う気持ち』は尊い。だが、その『国』が限定的な場所を指す言葉なら、愛国心など、単なる人間の誤謬だ。

 

誤謬(ごびゅう
間違った考え。

 

黄金律の実力を知るための記事

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

わかりやすいイメージ・ヒント

ヒント1
国家、言語、思想、文化の『違い』が、あらゆる不和を生む原因となっている。
ヒント2
不和、確執、軋轢、戦争。これらは全て『人間』が作り上げる結果だが、その結果は真理から見て、本当に『在っていい』のか。

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

同じ的を射た偉人(10)

政治家・リーダー(1)

 

哲学者・思想家(3)

 

作家・小説家・詩人(3)

 

クリエーター・アーティスト(2)

 

四聖(1)

 

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)