『ヒト』を最適化しよう。

ソクラテス『私に分かっていることは、私が知らないということだ。』

古代ギリシャ哲学者 ソクラテス画像

内省

自らの死に際まで『知』を愛し続けたソクラテス。『人間は勉強しても勉強しても、永久に無知である』ということをついた『無知の知』はあまりにも有名。『無知であることを知っている』それこそが、『知性』なのだ。

 

これを理解していない人間は、その真逆の行動をとる。『自分は万能で、全知全能だ』と言わんばかりの態度をとる者もいる。『実るほど頭が下がる稲穂かな』という言葉の意味も、理解したつもりの人が多いだろう。『偉そうな人に偉い人はいない』という言葉の真意も、これとおなじ真実をついている。そういう意味で、本当に『知性』を理解している人は、一握りだ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献『これならわかるソクラテスの言葉』や史実に基づき、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

ソクラテスに関する他の記事

ソクラテス(Socrates)とはどんな人物か ソクラテスの名言・格言一覧