『ヒト』を最適化しよう。

昼夜逆転・時差ボケ(概日リズム睡眠障害)の原因は体内時計?

昼夜逆転・時差ボケの原因は?

体内時計が狂うことが原因です。

私たち人の体内時計の1日は、地球の1日の周期24時間より少し長く、『24時間と数分』です。ですから、朝の光を浴び、体内時計のズレを調整する必要があります。太陽の光を浴びるはずの時間に浴びなかったりすることで、人の体内時計のリズムは狂っていきます。日本では夜なのに海外では朝だったりしますよね。そういう時差を体験することで、体内時計は狂っていくわけですね。ですから時差ボケの影響を少なくするポイントとして、

 

 

出発前 空港に着いたら現地の時間に時計を合わせる
機内で 現地時間が昼なら眠らず、夜なら眠る
現地で 日中に着いたら、日光を浴びてそのまま活動する

 

このようなことを行うことが有効になります。国内であれば、朝に起きて太陽の光を浴び、夜には寝るリズムを守ることで体内時計は整っていきます。

先生

体内時計は数分だけ狂っているわけだね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

記事の詳細を見ずに他の関連記事を探す

学力と睡眠時間に関係はある?一夜漬けはあまりにも古すぎる勉強法!睡眠中のいびきや無呼吸は危険?原因と対策はペットが亡くなると眠れなくなるのは当然。それでいいのです。睡眠前に読書をすると寝られる?寝られない?睡眠不足で『糖尿病・高血圧・動脈硬化』になるリスクが上がる?

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する

その他のカラダ系記事を見る

  1. 食事・ダイエット
  2. 薄毛・育毛
  3. ワキガ・体臭
  4. ニキビ・肌荒れ
  5. 口臭・歯周病
  6. 便秘・デトックス
  7. ストレス・血流
  8. 入浴・冷え
  9. 細菌・ホルモン
  10. その他

今回の詳細記事の目次

  • なぜ時間は『24時間』なのか
  • 体内時計とはなにか
    • 体内時計は『24時間』じゃない?
    • 体内時計が狂うと睡眠に悩まされる
    • 体内時計を太陽リズムに合わせるには
    • 体内時計の例
    • 太陽の光で体内時計が調整される理由は?
    • 体内時計を調整する方法(その2)
    • 電子機器のブルーライトに注意!
  • 時差ボケ
    • 東に向かった方が時差ボケが強くなる理由
    • 時差ボケの影響を少なくしよう
1 2 3 4 5