『ヒト』を最適化しよう。

春夏秋冬・季節ごとの睡眠対策とは

春夏秋冬・季節ごとの睡眠対策は?

まず室温は、夏は25℃、冬は18℃が理想です。

『季節ごとの最適な各環境』を見てみましょう。

 

温度 自然の温度 約25℃ 自然の温度 約18℃
湿度 50~60% 50~60% 50~60% 50~60%
皮膚体温 約34.5℃ 約34.5℃ 約34.5℃ 約34.5℃
深部体温 約36.5℃ 約36.5℃ 約36.5℃ 約36.5℃
寝床内(温度) 約33℃ 約33℃ 約33℃ 約33℃
寝床内(湿度) 40~60% 40~60% 40~60% 40~60%

春と秋に関しては自然の温度に身を任せれば快適に眠れます。もちろん住んでいる地域やその日の天気等にもよりますが、大体このあたりの数値を参考にして環境を最適化すれば快眠を得やすくなります。基本的に『四季』で考えるならやはりこのように、『温度、湿度』の最適化が考えられます。その他にも最適化するべき要素はたくさんありますので、一つ一つご確認ください。

先生

環境にもよるけどね!一年中冬のような地域もあるし!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

記事の詳細を見ずに他の関連記事を探す

睡眠に効果的なツボはどこ?ストレスは不眠の原因になる?どんな対策を取ればいいか睡眠に最適な服装がパジャマである理由とは?男女別ベストパジャマの条件睡眠不足が原因で病気になる?良質な睡眠で『癌、認知症、うつ病』等のリスクを下げよう瞑想をすると寝つきが良くなり、睡眠の質も上がるってホント?

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する

その他のカラダ系記事を見る

  1. 食事・ダイエット
  2. 薄毛・育毛
  3. ワキガ・体臭
  4. ニキビ・肌荒れ
  5. 口臭・歯周病
  6. 便秘・デトックス
  7. ストレス・血流
  8. 入浴・冷え
  9. 細菌・ホルモン
  10. その他

今回の詳細記事の目次