『ヒト』を最適化しよう。

睡眠前に読書をすると寝られる?寝られない?

睡眠前に読書をすると寝られる?寝られない?

本の内容次第です。新しい本であれば刺激になり、眠れなくなります。

逆に読みなれた本や、安心できる本を読む場合は睡眠を促せる可能性があります。人は睡眠前の読書によって、

 

  • 就眠儀式が出来る
  • 脳の興奮を鎮めるエンドルフィンが分泌される
  • 睡眠物質メラトニンの元になるセロトニンが分泌される
  • 自律神経が副交感神経優位になる

 

という効果を得ることができ、快眠しやすくなります。その際、

 

  • 刺激的な本や新しく興味のある本を読む
  • 無理な姿勢で読む
  • 歌詞のある音楽を聴きながら読む

 

等のことをしてしまえば、これらの効果は得られないので、しっかりとポイントを押さえるようにしましょう。簡単に言うと『脳に刺激を与えるか、興奮を鎮められるか』ということがカギになります。

先生

思わずあくびが出ちゃう本を読むっていうのも手だね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

記事の詳細を見ずに他の関連記事を探す

睡眠薬の効果と副作用。大量に飲むと本当に死ぬのか?女性の生理前後は睡眠不足になる?夜型、睡眠不足の人は太りやすい?肥満と睡眠は関係ある?[ダイエットと睡眠]老化によって睡眠はどう変わっていく?寝つきを悪くする睡眠中の足の不快感…むずむず脚症候群やこむら返りの原因とは

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する

その他のカラダ系記事を見る

  1. 食事・ダイエット
  2. 薄毛・育毛
  3. ワキガ・体臭
  4. ニキビ・肌荒れ
  5. 口臭・歯周病
  6. 便秘・デトックス
  7. ストレス・血流
  8. 入浴・冷え
  9. 細菌・ホルモン
  10. その他

今回の詳細記事の目次

  • 睡眠と読書
    • 『新しい刺激』に注意
    • 就眠儀式とは
    • 寝る前は哲学の本を読め
    • 音楽は言語中枢を活性化させる
    • 読書における眼球のリズミカルな反復運動がいい