『ヒト』を最適化しよう。

宮本武蔵『総じて太刀にしても、手にしても「いつく」という事を嫌う。「いつく」は死ぬ手であり、「いつかざる」は生きる手である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『総じて太刀にしても、手にしても「いつく」という事を嫌う。「いつく」は死ぬ手であり、「いつかざる」は生きる手である。よくよく心得るべきものである。』

 

『いつく』とは、固着することである。『固着』とは、他の物にくっつくこと、あるいは、その同じ場所に定着することを言う。『執着』にも似ている、人間の観念である。例えば、『他の物に依存する』という考えの固着であれば、確かにそこに、『自分』は存在しない。

 

ルソーの言うように、

 

からである。例えば、『同じ場所に定着して依存する』という考えの固着であれば、確かにそれ以上、生きていくことは出来ない。時代の流れに合わせられない人間は、淘汰されるのが世の常である。『不易流行』とは、変えるべきところは変え、変えないべきところは変えない、という教え、戒め、心構え、教訓である。

 

フランスの諺にも、

 

という言葉がある様に、『いつかざる』ことが、『生きる』為の手だ。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』

同じ人物の名言一覧