名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

マザー・テレサ『インドでは、貧しい人々はわずかのお米を他人から受けることで満足し、幸せになれるのです。一方、ヨーロッパの貧しい人々は、自分の貧しさを受け入れることができずにいるので、その多くにとって貧しさは失望の源でしかないのです。』

マザー・テレサ


マケドニア修道女 マザー・テレサ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


イタリア文学最大の詩人、ダンテは言う。

『不運な時に幸福な時代を思い出すことほど辛いものはない。』

 

マザー・テレサは『ヨーロッパ人』と『インド人』は、同じ貧しさに対面したときに、その受け取り方が違うと言っている。

 

 

左がインド人。右がヨーロッパ人の、恵まれた時の『心の充足値』だ。直面している貧しさの量は、同じ。それなのに、両者の心の充足値はこうも違うのである。

 

ラチェット効果』とは、例えば、一度上がってしまった水準を忘れられず収入が下がっても、かつての贅沢三昧の時代と同じ支出をしてしまう現象である。

 

そう考えると、ヨーロッパ人はまるでラチェット効果に支配されている。インド人は、ラチェットを高めに設定されたことがないのだ。だから両者の心にはそういう差が開く。決して、ヨーロッパ人が贅沢病の疾患者で、インド人が達観した民族というわけではない。

 

 

つまりインド人も、経済的に豊かであればヨーロッパ人と同じようになる。ただそれだけのことだ。人間に差などないのだ。どの民族が崇高で、その民族が愚かということはない。人類皆、平等である。

 

しかし、もしマザー・テレサがヨーロッパ人の横着とした贅沢病に心を痛め、インドの子供が、彼女があげたわずかな食事で心底喜んだ顔を見た時、今回の様な言葉は出てくるだろう。

 

ブッダは言った。

ブッダ

『足るを知る者は富む。例えば、水を飲むだけで人は、涙を流せる。』(超訳)

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

8.『足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

マザー・テレサ『インドでは、貧しい人々はわずかのお米を他人から受けることで満足し、幸せになれるのです。一方、ヨーロッパの貧しい人々は、自分の貧しさを受け入れることができずにいるので、その多くにとって貧しさは失望の源でしかないのです。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』

 

『ほうきを手に持って、誰かの家を綺麗にしてあげてごらんなさい。その方がずっと雄弁なのですから。』

 

『私たちは偉大なことはできません。偉大な愛で小さなことをするだけです。』

 

『やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする。』

 

『油を足し続けなければ、ランプは灯しておけない。』

 

『いまの世の中、人間が人間を見捨てているのよね。親が子を、子が親を、兄が弟を、友が友を、隣人が隣人を。』

 

『私たちにとって、清貧とは自由を意味しています。清貧こそは私たちの力であり、幸福の源なのです。』

 

『もしも私たちが謙遜ならば、褒められようと、けなされようと気にしません。もし誰かがあなたを非難しても、がっかりすることはありません。』

 

『祈りは信仰を生み、信仰は愛を生み、愛は貧しい人々の為への奉仕を生みます。』

 

『貧しくなりたいと願って、貧しい人と同じような生活をしながら、同時に高価な物を捨てきれないでいる人々がいます。これは、ぜいたくとしか言いようがありません。』

 

『富める国で中絶を合法化するところがあれば、その国は間違いなく、世界中で最も貧困な国です。』

 

『彼らの努力を、これら無防備の人々へのいくばくかの食物、避難所、医薬、衣類に振り替えられたなら、世界は必ずやより平和で、より幸せなものになることでしょう。』

 

『善い行いは、一つ一つ繋がって愛の鎖をつくってゆきます。』

 

『共に住む人々をよりよく理解するために、自分自身をまず理解することがどうしても欠かせないのです。』

 

『利己的な自分たちがそのような飢えと貧しさの原因なのだ。』

 

『ガンジーは、キリストのことを知った時、興味を抱きました。しかし、キリスト信者たちに会って、がっかりしたそうです。』

 



↑ PAGE TOP