『ヒト』を最適化しよう。

宮本武蔵『敵の手の内を知れば、格段に有利になり勝利が得やすくなるものである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『「陰を動かす」というのは、敵の心が読みとれないときの方法である。合戦においても、どうにも敵の勢力や動きなどが見分けられないときは、自分の方から強くしかけるように見せかけて、敵の戦略を見るものである。敵の手の内を知れば、格段に有利になり勝利が得やすくなるものである。』

 

 

相手の力量、戦略を引き出す為には、相手を油断させることである。相手は普通、『こちらが自分より下か、あるいは同等くらいだ』と思い込みたい。だとしたら後は、『その役』を演じればいいだけだ。それで相手の思惑通りの人格として近づき、傲慢不遜な態度にますます拍車がかかるだろう。拍車がかかって盲点が増えた人間の、なんとまあ隙の多いことか。『メタの世界』にも書いた様な、かの『レッドクリフ(赤壁の戦い)』において、天才軍師、周瑜が見せた戦略がそれだった。

 

ナポレオンも、

 

と言ったが、人に自分の手の内を断固として見せない人間は、恐らくその生涯において、『自己を貫ける』人間である。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『後始末では遅い。前始末をせよ。』

同じ人物の名言一覧