『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。

この黄金律の至言

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

簡潔に

『孤独』という言葉を、人をけなしたい時に使う人間がいる。確かに自己中心的で孤立している孤独な人間はいるが、一辺倒に人間を決めつけて切り捨てるのは浅薄である。彼らの言うことは聞く必要はない。何しろ、彼らは自分のことが『孤独ではなく、人間関係に恵まれている』と思っているわけだ。だが、実際は今こうして目の前にいる孤独な人間の人格を、否定している。

 

それなのに、どうして『人間関係に恵まれている』と思うのか。それはただ、『自分にとって都合の良い人間を周りに置いているだけ』だ。そして、自分には理解できない内向的な人間を、『人間』として認めていない。それが浅薄でないなら、『浅薄』という言葉の存在は必要ない。

 

彼らが浅薄から脱却し、人として思慮深くなる為に通るべき道はたった一つしかない。『孤独』を経験することだ。そうすれば、人間は生まれるときも死ぬときも、一人であるという事実に気づき、途中で見えた孤独な人間が、『孤高』な人間だったということを思い知るだろう。

 

アメリカの哲学者、エマーソンは言った。

 

関連リンク:内観と『思い出のマーニー』

 

黄金律の実力を知るための記事

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

わかりやすいイメージ・ヒント

ヒント1
世界中を旅し、世界中の本を読みあさっても、『自分の命の意味や、人生の生き方』を明確に示す答えはどこにも存在しない。
ヒント2
いくら外見や表層を鮮やかにしても、中身が空っぽであることの違和感や虚無感。メッキと純金の価値の違い。

 

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

 

同じ的を射た偉人(14)

発明家・ビジネスパーソン(3)

哲学者・思想家(5)

作家・小説家・詩人(12)

クリエーター・アーティスト(2)

アスリート・剣豪(1)

科学者・学者(3)

登山家・冒険家(1)

四聖(1)

・NEXT(更なる詳細を追求する)