『ヒト』を最適化しよう。

福沢諭吉『ネズミをよく捕る猫は爪を隠すという。隠すのはよいが、生涯隠し続けてネズミを捕らなければ爪がないのに等しい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『ネズミをよく捕る猫は爪を隠すという。隠すのはよいが、生涯隠し続けてネズミを捕らなければ爪がないのに等しい。猫の爪は隠してはならない。捕り物の大小にかかわらず腕前を試す機会があったなら、それを無駄にせずに功名を現すべきである。』

 

 

『宝の持ち腐れ』で終わらせてはいけないと、私も10代の頃よく言われていた。しかし、その『宝』を『誇示』することには、私は強い抵抗があった。それは、幼少期に植えついた『人間の見栄』というトラウマが、『誇示』と『主張』の境界線を曇らせてしまったことが大きな原因の一つだ。しかし、いつがその『やるべきとき』なのかは、年齢が若ければ若いほど見えないものである。

 

なぜなら、フランスの哲学者、サルトルがこう言い、

 

バーナード・ショーがこう言うように、

 

その時代は、この人生がいつまでも続くものだと思っていて、親が生きているなら、その親も『死なない』と思い込んでいるわけで、何かと『経験不足』であり、つまりそれは『盲目』状態なのである。盲目であれば、見えないに決まっているだろう。

 

ドイツの小説家、ジャン・パウルは言った。

 

我々がこの人生を『一冊の書物』だと認知する為には、時間がかかる。しかし、パラパラとめくることが『人生の浪費』であり、『宝の持ち腐れ』であると心底から理解したとき、人間は、いつか来るはずだったその日の為に磨いてきた爪を、思う存分発揮するのである。『命の無駄遣い』にならないように、いかんなく発揮するのである。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧