『ヒト』を最適化しよう。

福沢諭吉『人間の感情は、活動に自由がなければ、どうしても他人を怨望することになるのです。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『人間の感情は、活動に自由がなければ、どうしても他人を怨望することになるのです。因果応報として明らかなのは、麦を蒔けば麦が生えるというようなものです。』

 

 

例えばイチローは、小学生の頃から野球漬けの毎日を送っていた。

 

ヘンリー・デイヴィッド・ソローは、

 

と言ったが、そこにも書いたイチローの、小学校の卒業文集にはこうある。

ぼくは3才の時から練習を始めています。3才~7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。そんなに練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。

 

イチローは私が『習い事』をしていた時間ほどしか、『友人と遊ぶ』時間に費やしていなかった。イチローにとっては『友人と遊ぶことが習い事』のような感覚、つまり、『野球が本道』で『それ以外は脇道』だったのである。それがハッキリとわかっていれば、他人を『怨望(恨みを抱く)』ことはない。

 

脇道

 

だが、無理矢理『自分が脇道だと思っている道』を歩かされるとなると、その強要した人間や、脇道を自由奔放に歩き回っている他人を見て、怨望するだろう。よく、『時間が無い』という人間がいるがイギリスの博愛主義者、チャールズ・バクストンが言ったように、

 

時間など最初から無いし、最初から、有る。野球をやっているイチローは『野球をやる時間はたっぷりあった』し、『遊ぶ時間はなかった』。だがイチローは、『野球が本道』だと自覚している為、野球をやっているときに、(時間がない)などという感想を抱くことは無い。そういう感想を抱く人は往々にして、

 

(俺(私)は今、脇道を歩いて、道草を食っている)

 

と考えているのだ。だがその『思い抱いている脇道』が、実は『本道』だったならどうだろうか。その道を歩くことは常に投資であり、投資は『道草を食う』と表現するに相応しくない。

 

投資

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧