『後悔したくない方』はこちら

チャールズ・バクストン『何をするにも時間は見つからないだろう。時間が欲しければ自分で作ることだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

こういう言葉がある。

『賢い者は時間を作る。愚かな者は言い訳を作る。』

 

まさに、バクストンの言葉と、同じ意味である。私の周りにはかつて、『忙しい』という言葉を言う自分に、酔いしれている人間がよくいた。まあ私が若かったことも手伝っているだろう。私が若いということは、私の周りにいる人間も往々にして若いのだから。そんな周りの空虚な見栄や虚勢を見てきたのもあるが、それらについては10歳にも満たない頃から拒絶反応があった私は、『忙しい人間をするフリ』をすることは決してなかった。

 

もちろんその言葉も『NGワード』だ。ある友人は、『忙しいからメール、電話の返事を遅れてしまった』ということをよく使う言い訳の手段として使っていたが、彼の罪は、彼が思っている以上に大きい。

 

まず、『見栄や虚勢を張っている。』その時点で、自分に嘘をついている。『背伸び』をすることは、自分の身長を偽ることと同じだ。そして、『友人を騙している。』友人は、友人なのだ。都合のいい女ではない。自分の私利私欲の為に嘘や虚勢を張って真実を捏造し、あるいは隠蔽し、友を騙すようなことをする人間は、外道だ。このように、自分を偽り、友人を騙し、空虚な見栄に浸るような人間は、『愚か』なのである。

 

礼儀

 

私は今も、彼、彼らのことを信用することは出来ない。悪友として酒を飲むことぐらいならできるが、仕事となると、信用、責任の問題になる。彼らの未熟な子供だましに付き合って、仕事上で発生する重大な人間関係や、家族に迷惑をかけることは出来ない。

 

そもそも、酒を飲むことぐらいなら酒場に行けば誰とでも出来る。だが、語らい、寄り添い、信頼できる友人となると、『いろいろな条件』をクリアしていなければそれに相応しくはないのだ。ある経済紙にはこう書いてあった。

『本当に忙しい人は、レスポンスが早い。電話も、メールもすぐに返します。なぜなら彼らは本当に忙しい。レスポンスを遅らせたら最後、次々と鳴る電話や、溜まるメールボックスの返答に追われ、自分の人生をこなすことができないからだ。それをないがしろにしていたら、あっという間に自分の信頼が失墜してしまうことを、彼らはよくわきまえている。』

 

そういうことだ。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』