『ヒト』を最適化しよう。

福沢諭吉『碁・将棋の晴れの勝負に、ぜひとも勝とうとする人はかえって敗北して、無心の人が勝利することが多い。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『碁・将棋の晴れの勝負に、ぜひとも勝とうとする人はかえって敗北して、無心の人が勝利することが多い。その理由は、勝負を軽く見るのと重く見るのとの違いで、無心の人は、もともと晴れの勝負を晴れと思わず、これくらいの争いに負けてもどうということはないと覚悟しているので、決断が速く駆け引きも活発になるのである。』

 

 

私はこれと瓜二つの感覚を、『風林火山』の記事に書いた。私は本当にこのとき、無意識に『孫子の兵法』を見たのだ。それまでの私は、さしずめ『火』の一点張りだった。勝負やギャンブルの世界の黄金則である、『小さく負けて、大きく勝つ』という掟について、逆らっていたのだ。別に、真っ向から否定してもやっていけると思っていた。『勝ちだけ』でいけると。『俺は負けないんだ』と。つまり、『過信』していた。

 

コンコルドの誤謬』とは『退き際の重要性』を説いた教訓である。つまり『退き際』があるのだ。それを見極められずに、熱くなって、我を見失い、『勝ち』に執着した人間は、大局を見誤る。重要なのは、『我を貫き通す』ことではなく、『勝負に勝つこと』である。かつての私は前者だった。しかし、『風林火山』の記事にも書いた様に、私はその時、何度やっても永久に勝てる感覚を得た。それは不思議なことに、『別に負けてもいいや』勝ちに執着をしなかったことが、勝機を見出した大きな要因だった。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』

同じ人物の名言一覧